あずまんが大王

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

あずまんが大王』(あずまんがだいおう)は、漫画およびアニメ作品。原作者はあずまきよひこ。1999年から2002年まで連載された。

実質的な日常系の元祖として名高い。本作品が発表される数年ほど前から青年誌や一部雑誌でちらほらと現れ始めた“萌え4コマ”(萌え4コマ漫画作品)というジャンルを世に広く知らしめ、後に世にあふれるほどの広まりを見せる切っ掛けとなった作品。事実上の萌え四コマのパイオニアであり、アニメとしては初の日常系(萌え日常系)作品となった。

概要[編集]

本作品は、あずまきよひこという漫画家の存在を世に知らしめるだけでなく、日常的な学園風景をモチーフとしながらも強い個性を有したキャラクターの活用により、積極的に笑いを取りに行くことが可能であることを世に示したものとして知られている。

主なキャラクター

特にその中でも、ロリ系、天然系、無口系、暴走系、突っ込み系、体力系、百合系といった、7種の異なる特徴をもつキャラクターを積極的に活用した作風は大きく評価され、これらの系統のキャラクターを活用した作品が後世、多く生み出されるようになるなど、4コマ漫画のみならず漫画界全体にある程度の影響を与えた[1]

とある高等学校を舞台にした学園物コメディで、キャラクターの多くは女子高生である。特定の主人公は存在しない。連載時は『電撃大王』での掲載時期と作中の時系列がリンクしており、春には進級、秋には体育祭・文化祭といった形で、その時期に応じた話が展開していった。ただし、あくまで季節や行事を現実時期とリンクさせただけであり、作中の世界について西暦何年といった時代背景や、キャラクターの生年は設定されていない。3年と3ヶ月にわたって連載されており、同世代性のある世代は存在しない。 人気作品でありながら、長々と引き伸ばしたり過去に戻ったりせず、潔く連載を終了させたことは、他には真似のできないことであるとして現在でも高く評価されている。

登場キャラクター[編集]

がんばれちよちゃん!
美浜ちよ(CV.金田朋子
博学、ロリ系のキャラクター。無乳日本の法令上では認められていない飛び級高校に入学したことになっており、日本の教育制度の理不尽さを揶揄したようなキャラともなった。アニメ版における声は幼稚園児並みで、彼女の絶叫シーンは、音声のみを聞いていると近々単純所持をも禁止されそうなジャンルのビデオとしか思えない。
お下げが可換式になっていて空を飛べる、謎の生物を父親に持つなど、謎多き人物でもある。
春日歩(CV.松岡由貴
天然系のキャラクター。無乳。その手では今日においてもなお神と位置づけられており、以後、萌え狙いを意図した漫画において天然気味の女性が必ず一人はいるという定番パターンを作り上げた。名言(迷言?)が数多く存在し、これを用いた新世界を見出したキャラクターでもある。「大阪」の通称は、関西人へのステレオタイプ兵庫県出身の作者が反抗したため生じたという。
ボンクラーズ(大阪、智、神楽)。三人が集まれば、ちよちゃんにも匹敵する。
滝野智(CV.樋口智恵子
暴走系のキャラクター。微乳。自分で暴走と自称し、馬鹿系キャラクターの新天地を作り出すことに貢献したキャラクターである。
水原暦(CV.田中理恵
通称「よみ」。突っ込み系のキャラクター。美乳。智とは腐れ縁ツンデレ色は薄いが、博学体重を気にする、眼鏡毒舌音痴など、いろいろな要素を備えていた。
(CV.浅川悠
無口系のキャラクター。巨乳。無口ゆえ、誤解されやすい事が多いが、次第に周辺人物に理解されていく・・・という、作品の世界観を構築するのに、大いに貢献したキャラクターである。猫好きだが噛まれること多し。
神楽(CV.桑島法子
体力系のキャラクター。巨乳。榊に勝手に対抗意識を燃やしている、要するにスポーツ馬鹿。智と一部共通する要素があるためその真価が発揮されたとはいいにくい面があるが、若干ながら感傷深い面を発揮し、後半の作風にある程度影響を与えた。
ちなみに英語版ではマルチリンガル(独・仏・伊・西など)。
かおりん(CV.野川さくら
榊に深く愛情を抱いている百合だが、彼女自身は百合である事を否定している。
木村に気に入られ、悩む1年も過ごす。激しく動揺ないし興奮すると髪型がバフンウニになる。
谷崎ゆかり(CV.平松晶子
ちよたちの担任。美乳。生徒からは先生としての威厳を感じてもらえず、友達感覚で見られていたが、その系統の教師でも結構古い部類に位置する。ゲームファンで酒癖も悪い。
黒沢みなも(CV.久川綾
通称「にゃも」。美乳。ゆかりとは旧友で体育教師。真面目だがからかわれたり、酒で羽目を外した一面を見せることもあった。両サイドに垂れ下がるような髪型ではあるが飛行することはできない。これは、飛行する理由を尋ねられたとしても、その答えがちよとは異なり重大な機密事項にあたるからである。
木村(CV.石井康嗣
女子高生が大好きな国語教師。登場する数少ない男性にして、男子の妄想を代弁している存在で堂々と女子生徒の前でセクハラとしか思えない言動を繰り返す。しかしながら寛容過ぎる妻のおかげで家庭では良き夫、良き父でいられる。文化祭では白ネコに変身して榊を絶望させた。
ちよ父(CV.若本規夫
榊の夢などに現れるに類似した珍生物UMAか?)。榊によればちよのとの事。ぬいぐるみとかが作中で出ているので、それを元に榊が妄想した可能性もあるが、春日(大阪)の夢にも登場しているので一概には実在してないとは言い切れない。

本作を原作とした漫画作品[編集]

本作はその後の漫画界に少なからぬ影響を与えている。特に本作の特徴である、

  • 中心となる登場人物7名についておのおのが、異なる7種類の萌え要素を有している
  • 現代日本における女子高生の、日常を描いた作品である

という2つの要素は、作品がヒットするために重要なものであると考えられており[2]、このことは、その後、本作品をパクって原作とする多数のアンソロジー(二次創作)作品を生み出すこととなった。またそのような作品の中には、原作と同様あるいはそれ以上のヒットとなった作品も少なくない。

しかし、「ただ単にこの作品をそのまま自分で模倣して書いてみた」というだけでは、原作との差異を打ち出すことはできないため、同様のパクりアンソロジー作品を発表しながらも単行本すら出せずに終焉を迎えた者もまた数多い。

現代日本において、本作をパク原作とした作品がヒットし易いのは確かではあるが、「数多くの漫画作品のなかでヒットするのはほんの一握りである」という事実は、それでもなお変わらないのである。

本作を原作としながらも、独自の特徴を打ち出すことによりヒットした作品には、以下のようなものがある。

  • らき☆すた』(美水かがみ、2003年 - )
    舞台となる地域を、埼玉県春日部市のように具体化した。また、主役をオタクにすることにより、主要購買層が感情移入し易いようにした。
  • スケッチブック』(小箱とたん、2002年 - )
    主要登場人物同士の繋がりを、“同じクラス”ではなく“同じ部活”とした。また、これにより、他学年のオリジナルキャラクターも自然に登場させることができるようにした。
  • ひだまりスケッチ』(蒼樹うめ、2004年 - )
    主要登場人物の全員が、親元から離れて、1つのアパートに下宿している設定とした。これにより、学校以外での登場人物の様子(私服姿など)や、休日に全員が集まったエピソードなどを描くことを容易にした。
  • トリコロ』(海藍、2002年 - )
    ブラックホールのようにあらゆるものを吸収する髪を持つ主人公、ハイエナに変身することができる人物などを追加設定した。これにより、登場人物の萌え要素は失わせず、かつ現代日本の日常から逸脱せずにファンタジー色を強めることに成功した。
  • ヒャッコ』(カトウハルアキ、2007年 - )
    「初等部から編入してきたちびっこ」、「ヤンキー風だけど猫好きな人」、「トラブルメーカー」、「いつも散々な目に遭う人」が登場する。えーと、正直言って『あずまんが大王』との違いがよく分かりません。
  • けいおん!』(かきふらい、2007年 -)
    『スケッチブック』同様に“同じ部活”とした設定であるが、それに加えて軽音楽をテーマにしたことで、音楽分野のファンを取り込みやすくした。また、アニメ化によって注目度が高まる一要因ともなった。
  • 日常』(あらゐけいいち、2006年 -)
    いままでの、「現代日本における女子高生の、日常を描いた作品である」ことの集大成ともいえる作品である。登場キャラもいままでの作品と同じで「天然」「天才子供」「ツンデレ」等など、一通り揃っている。ついでに4コマであることも集大成の一つであるといえよう。結局「日常」というのは、4コマで表すのが一番適しているのだろう。

こうしてみると、かつてお笑い界が「ダウンタウンが登場する以前」と「それ以降」でガラリと変わってしまい、それ以降にデビューした芸人が皆ダウンタウンと同様の芸風を目指すようになってしまったのと同じことを、「あずまんが大王」はやってしまったのかもしれない。

しかしながら本作品のバックグラウンドにも、本作の連載開始より2年前にももせたまみが発表した『せんせいのお時間』といった作品が存在する事実がある。過去の作品の影響を少しずつ受けながらある時誰かがイノベーションを起こし、発展を遂げていく例を4コマ業界でも体現した一例であると言えよう。

脚注[編集]

  1. ^ あずまきよひこは自身のホームページで、「作者がキャラを『何々系』みたいに考えて作り出すのは良くない」という持論を述べ、同業他者を牽制していた。しかし見事にパクられてしまったようだ。
  2. ^ 「4コマ漫画である」という点も重要な特徴のひとつであるが、このことが作品そのものの人気に直結しているかどうかについては、識者の間でも意見が分かれている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「あずまんが大王」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「あずまんが大王」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「あずまんが大王」の記事を執筆しています。


11567 125.jpg ぶるぁぁぁぁぁ!うぉまぇたちぃ~、すぅたぁぶぅにぃ~
くぁきぃこぉまぁなぁいぃくわぁぁぁい~! (Portal:スタブ)