いとうみきお

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「いとうみきお」の項目を執筆しています。

いとうみきお(漢字表記:伊藤 幹雄、973年3月26日 - ?)は、10世紀末から11世紀初頭にかけて活躍した日本男性漫画家でありトキメキ旅芸人である。かつて平安貴族の読み物であった頃の週刊少年ジャンプを支えた漫画家の一人である。

彼の作品を目の当たりにした者は、個人差はあれどグロテスク描写に勝る混沌とした技法により、自らを見失い、 吐き気、倦怠感、頭痛、脳裏から作品が離れない幻覚を見るなどの、現象を感じることがまれに報告され、重度にいたると精神病院に入院を余儀なくされる。

略歴[編集]

目撃情報[編集]

いとうみきおは略歴を見れば分かるように11世紀初頭に亡くなったとされているが、亡くなった後も旅芸人として数多くの目撃情報が多く寄せられている。 その目撃情報は大海賊時代を舞台にしたひとつなぎの女性用洋服を探す漫画明治初期を舞台にした無職の流浪人が主人公の時代劇昭和後期に地上に降臨したミロクが天竺に悟りを開きに行く漫画などに描かれている。その事からいとうみきおは不老不死、もしくは時間旅行をする能力があると言われている。

さらには、鹿児島を舞台にした熱血アイスホッケー漫画にもいとうみきおが出たとの情報もあるが、それはさすがに同姓同名の別人だろう。そもそも掲載雑誌が違うし。

人物[編集]

  • 謎の旅芸人であり、11玉のお手玉を自由自在に操る事ができるらしい。
  • 和月組同僚の武井宏之によると「ミスチル歌うと面白い」らしい。2008年現在活躍中のロックバンドの話題が出た事から、いとうみきお生存説を裏付ける重大な証言である。
  • 偽名・伊東ミキオでジャンピングシューズでステージを駆け回るキーボード奏者としての顔も持っており、イカ天に出場したことがあるらしい。ウルフルズの結成20周年武道館ライブにキーボード奏者として友情出演しているのを見たとのライブ観客からの証言もある。これもいとうみきお生存説を裏付ける重大な証言である。
  • 津軽弁、新潟弁、鹿児島弁などを操る事ができるらしい。
  • 錬金術師でもあり、錬金術何色かの核鉄を生み出したらしい。いとうみきお本人が核鉄を埋め込んでる疑いもあり。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


書きかけだ 記事は面白ければいいんだ。面白いものは削除されない。当たり前だ。
だが この「いとうみきお」は面白くない
面白さを視野に入れるなら特に内容だな。誰でもいいから面白い記事を期待しているぞ。 (Portal:スタブ)