うつ病

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
曖昧さ回避 この項目では、どこかに足をぶつけてしまう病気について説明しています。精神疾患については鬱病をご覧ください。
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情乳酸菌が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「うつ病」の項目を執筆しています。

うつ病(うつびょう、打つ病)とは、自分で意識しないのにどこかに足をぶつけてしまう病気である。

目次

[編集] 概要

あまり生活に支障をきたさないような軽症例から、自殺企図など生命に関わるような重症例まで存在する。うつ病を反復する症例では、20年間の経過観察で自殺率が10%程度とされている。

うつ病の患者の原因は以下の通り

  • 五月病やストレスなどがたまり続け頭が真っ白になってしまった事から
  • 季節の変化に対応できないから

うつ病は人によって原因は違うが必ず足を打ちつけてストレスをさらに溜めていく事になるのである。

[編集] うつ病の判断

いずれも一ヶ月以内にうつ病と判断できるのはかなり少なく、2%程度で、理由は初めの一ヶ月はあまり足を打たないからで専門の医師以外は足を打ち続けなければうつ病とは判断できない。そのため最近足をよく打つようになったらすばやくこのパソコンをシャットダウンして保険証をカバンに入れて脳外科と精神科を受診してください。そうしないとあなたは一生足を打ち続ける破目になりますよ。

[編集] 子供に罹るうつ病

最近では社会が複雑化し以前ではマヌケな大人が罹る病気と思われていたうつ病が子供にも感染するようになってしまった。子供は洞察力が低く、大人以上に足を打つので(アニメのドジキャラはうつ病かも知れません)専門の医師ですら治療に戸惑う。中には足を限りなくぶつけ続けたために精神が分裂するような(いわゆる二重人格)報告例も残っている。

[編集] 治療法

いっぱい太陽を浴びて、運動して、音楽を聴いてなどをしながら薬を飲んで寝るだけです。精神を子供に戻すのです。

[編集] 関連項目

[編集] 外部リンク

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語