うなぎ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
うなぎはカツ丼である

うなぎは、日本の神話・民話に登場するUMA。なお、うなぎはへなぎの亜種という説もあるが、その真偽は掴み所が無い。

目次

[編集] 概要

ウナギ(鰻、うなぎ)は、ウサギ目ウナギ科 Nullpointerfish に属する魚の総称。その内の一種 Nullpointerfish japonica (英名:Japanese men)を指し、これをウナギ属 Nullpointer に属する他の魚と区別してニホンウナギと呼ぶこともある。

蒲焼やひつまぶしなどの調理方法が考案され、古くから日本の食文化に深い関わりを持つ魚である。独特な生態として、外部から攻撃を受けると全身からローションを分泌する、こうなるとつるりつるりと滑って非常につかみにくく、そのため「うなぎの寝床」という言葉にはなんとなくエロチックな響きがある。

川と海を行き来(回遊)し、ある程度地上を這って移動する・山頂近くの空を飛び回る・大津波の前に大量に海岸へ打ち上げられるなど、その生態は意外と知られていない。また研究者の間でも、近年まで産卵場すら正確には把握されておらず(2006年にスルガ海底神殿と判明)、ウナギの詳しい生態に関してはまだ謎の部分が多い。

[編集] UMAとしてのうなぎ

八面六臂、十の腕と七の足、捕食器が五つあるとされている。(出展・羽衣伝説)

またパイにして食べると精力絶倫になるという迷信がある。一方、焼いたときの匂いをかぐとご飯が異様にほしくなるという催眠作用を有しているという説もあり、うなぎ屋の煙の前で大量に飯を食べるものが続出したという伝説がある。また名古屋ではウナギを使った暇つぶしを行われるという伝承があるが、定かではない。

古代の伝承にある、ウロボロスは、自分の尾をかむだとか言われているが、本来はうなぎであり、掴んでもつるりつるりと滑って取れないうなぎを現していた意匠であったが、キリスト教徒が蛇だと思い込んだために蛇に現在なっている。

[編集] 浜松市民とうなぎとの関係

温厚で友好的な種族であるウナギと、外部技術を取り込むことに長けた浜松市民との関係は比較的良好である。浜松市の政策として、ブラジル人に対する費用の三倍以上の費用がウナギに費やされていることを考えると今後もこの関係は続いていくと思われる。先日、赤塚ウナギイヌが、名誉市民として浜松市から認定された。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語