ええじゃないか

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ExtremeSportsLogo.PNG
このええじゃないかは顕著な普遍的価値を有し、我々人類の尊守すべき伝統であると同時に実用性且つ効用性に優れたスポーツであり、我々アンサイクロペディアンオリンピック種目登録を含め、世界にその価値観を広めていきます。

ええじゃないかは、地球の生成と人類歴史によって生み出され、過去から引き継がれた貴重なたからものです。それは国際協力を通じた保護のもと、国境を越え今日に生きる世界のすべての人びとが共有し、次の世代に受け継いでいくべきものです。さあ、本記事をご覧になっているあなた、我々の崇高な目的に協力をお願いします。

Donation button.png
競技中の様子を描いた貴重な浮世絵

ええじゃないかとは江戸時代後期に住人が「ええじゃないか」と踊って町中を巡ったエクストリームスポーツである。歴史的に見て江戸時代とかなり年代が古いため現在のエクストリームスポーツの発祥の元になったと思われる。

ルール[編集]

世界最初のエクストリームスポーツであるためルールは至って簡単。幕府軍に見つからないよう程度に町中の人を巻き込んで「ええじゃないか」と踊り続けることである。負けはとにかく踊れなくなることであるが江戸時代の人は現代人より遥かに元気なので倒れることは無かったという。

参加者人数[編集]

江戸統計人口は2200万人と現在の5分の1程度しか人口がいなかった、このスポーツに参加した人は500万人と4人に1人の割合で参加していたと言われており、史上最高の瞬間競技人口としてギネスにも認定されている。ただしこの500万人の参加者を誇りながらも勝利(政治改革)に成功しておらず余り大きな問題ではなかったと思われる。

現在使われるええじゃないか[編集]

今現在、「ええじゃないか」はただの不真面目な人が間違いを指摘されたときに使う言葉として成り下がっている。例えば「先生、字間違っています」と生徒が指摘するも「まぁ、ええじゃないか」と流されるように現在でもスポーツとしての楽しみ方はあるが、エクストリームスポーツとして扱うものではなくなっている。

外部リンク[編集]

  • ええじゃないかほかにも書くものはあるような気がするけどまぁ「ええじゃないか」