おっぱい星人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「Aカップに人権なんかあると思うなよ。
女性のバストサイズ について、とあるおっぱい星人
「裁きを与えてやる。苦しむ死と、もっと苦しむ死のどちらかを選べ。」
おっぱい星人 について、貧乳の女性

おっぱい星人(おっぱいせいじん)とは、おっぱいの放つ魔力を糧として生きる生命体である。おもに巨乳以上の大きさを持つ乳房を好む傾向が強いとされる。その歴史は古く、太古の昔から存在していたとされる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「おっぱい星人」の項目を執筆しています。

概要[編集]

代表例。

「おっぱい星人」と呼ばれている以上、おっぱい星(乙81星雲)から来た異星人であることに議論の余地は無い。しかしその外見は地球人種と酷似しており見分けることは困難である。地球人種同士の子であったとしても、おっぱい星人としての特徴を発現させる者も多く、長らく学会ではその存在について議論が続けられてきた。しかし近年、長年に渡り地球人とおっぱい星人との間での交配が行われており、地球人のDNAにはおっぱい星人のDNAが深く入り込み、時に先祖返りを起こすことでおっぱい星人の特徴を現す地球人が存在し、むしろ混血をしていない純粋なおっぱい星人というのは最早存在しないのではないかという学説が唱えられた。これらを踏まえ、現在では「おっぱい星人」という単語意味が拡大しており、狭義のおっぱい星人は「おっぱい星から来た異星人」であるが、広義には「おっぱいを糧とする生命体」の二つに大分されるようになった。現在では後者の意味で使われることが増えてきている。

歴史[編集]

おっぱい星人の地球人種への接触の歴史は、有史以前まで遡るとされる。おそらく人類からの進化の途中、比較的後期に、地球外から来たおっぱい星人と接触を持ったものとされる。これは、全世界的に巨乳を尊ぶ傾向が存在することから、人類の発祥段階において既に接触があったものとする説に基づいたものである。おっぱい星人が地球に来た経緯についても、もはや解明する手段は無いが、「おっぱい星人移民計画」説と「第三者の異星人による交配実験」説が主流となっている。また交流も一度きりでは無く、断続的に接触があったものとされている。その根拠として、ピラミッド等の建造物はおっぱいを象徴したものであり、おっぱい星人の来訪にそなえて建設されたと主張するキレた学者もいる。ちなみにhydeの身長は156cmである。そして度重なる接触と交配により、大多数の人間におっぱい星人のDNAが組み込まれ、潜在的おっぱい星人となったとされる。また現在でもNASAなどにおいて、おっぱい映像データ化し宇宙に送信するという変態行為が政府公認の元で続けられている。

種類[編集]

おっぱい星人にはいくつかの種類がある。ここではそれらについて、少し詳しく、しかし適当に見ていこうと思う。

[編集]

おっぱい星人の殆どはであると言われている。地球人種においても、雄の殆どがおっぱい星人としての特徴をみせている。これは性別確定の要素となるY染色体に深い関係があるのではないかとされるが、現在研究中である。おっぱいへの執着が強く、おっぱいによって生きる活力を得ることが可能である。特に下半身。大きな谷間を見ると、目が離せなくなってしまうことから、「見る」という行為によっておっぱいから発する何がしかのエネルギーを吸収することが出来るとされる。また性交時にはやたらと乳を揉んだり吸い付いたりする傾向がある。ちなみに後ろから抱きついたり乳を揉む男は浮気性という噂があるが、それはそれである。またエスカレートすると幼児退行をし、やたらと乳房に固執するプレイをしたがる可能性がある。

[編集]

女性の場合、おっぱい星人は少ない。しかし他者の巨乳を好む女性も少数ながら存在し、同性同士という関係を利用し気軽に揉む。おっぱい星人の場合、他者の巨乳を好むのは例外的であり、 一般には自身の乳に対して固執する。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

貧乳[編集]

ヒンニュー教教徒と類似点が多く、ほぼ同一の存在と考えても良い。最広義「おっぱいを好む生命体」としておっぱい星人を捉えた場合、その乳が巨乳であるか貧乳であるか、あるいは無乳であるかは問題では無くなり、貧乳ですらおっぱい星人の糧となる。

関連項目[編集]