おジャ魔女どれみ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
外国人にとって、おジャ魔女は日本と日本国民統合の象徴となっています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「おジャ魔女どれみ」の項目を執筆しています。

おジャ魔女どれみ』(おジャまじょどれみ)とは、どうみても藤子・F・不二雄原作の漫画「パーマン」をモチーフにしたアニメである。本当にありがとうございました。東堂いづみの出世作であり、代表作でもある。

朝日放送が開発した目覚まし時計でもあり、1999年から2003年まで機能していた。

一見すると魔法少女ものではあるが、実は巧妙な戦隊ヒーローものであり、実際に登場人物である彼女らが戦隊ヒーロー化していたケースもあるので、その行動には細心の注意が必要であると思われるが、所詮は小学生なのでお門が知れている。

「おじゃまおんなどれみ」と読む人がいるが間違いである。

ストーリー[編集]

春風どれみは、その絶望的な髪型以外はごく普通の小学生。ある日、まだ小学生であるにも関わらずMAHO堂という怪しいショップに就職させられてしまう。そこは魔女になって大きいお友達を喜ばせる、いわゆる遊郭みたいなところであった。そうとは知らないどれみは、やがてはづきやあいこなどを無理矢理就職させ・・・・。

登場人物[編集]

MAHO堂の面々[編集]

春風どれみ(声:千葉千恵巳
お団子ヘアをこよなく愛する、ものすごい不幸体質を持つ女の子。暇潰しに立ち寄ったアヤシイ店舗『MAHO堂』に無給で強制労働させられる羽目なる。その後、自分に責任を集中されるのを防ぐためにクラスメイトや妹を無理矢理MAHO堂に就職させた。
やがて小竹からのアーン♥♥に逢い、それが元で赤ちゃんが生まれて適当に「ハナちゃん」と名付ける。
年上のイケメンによく突っかかってくるが、これはどれみ自身の現実逃避である。5年生の冬になぜか年下の元気くん(小学1~2 生くらい)と結婚
カラーは赤っぽいピンクという戦隊ヒーローのリーダー紅一点を兼ねた単純な組み合わせ。
藤原はづき(声:秋谷智子
平安時代の人物である藤原道長の子孫。メガネっ娘。父は有名映画監督、母は代々続く家柄の令嬢で所謂セレブ。勝ち組。
矢田まさるという稀に見る萌えツンデレ)男子がフィアンセであり、「はづきは俺の嫁!」と言う大きなお友達でもさえが許してしまうほどのいい男である。
カラーは通常の戦隊には無いオレンジ
妹尾あいこ(声:松岡由貴
関西出身のオデコ民族。年々禿げ上がっている。
カラーは青だが、クールというよりはお転婆である。
とりあえず運動神経が抜群で、チョークキャッチングでオリンピック出場を果たしている。又、お笑いには非常にうるさく、トヨちゃんケンちゃんのコーチであり、SOSトリオにリクルートもされている(無印3話)。
父はタクシー運転手、母は介護士で共に最下層職業。負け組…と言ってはいけない。妹尾の父ちゃんはなかなかいい味が出ているからである。実はあいこは無印のCDドラマで佐川(SOS)と結婚させられているが、そのことはほとんど忘れ去られている。また、ナイショでのアンリマーこと有馬健一という幼馴染が出現したときは、多くのオタクにショックを与えた。「がーん、あいちゃん、俺の嫁じゃなかったのか??」。でも、F4のレオンよりは評判がよい(笑)。
本作の主要キャラクターの中で唯一芯のあるキャラクターであるため、人気NO1である。又、彼女は鶴屋さんの親族ではないかと議論になっている。性格も顔(おでこ)も酷似している。
瀬川おんぷ(声:宍戸留美
スーパーチャイドルで、4人目のメンバー。
カラーは通常の戦隊ヒーローには無い
実はボケ専門のウサギである。必殺技はイヨッペビーム
靴下が嫌いでいつも素足(素足に上履きや素足にスニーカー)で過ごしている。
飛鳥ももこ(声:宮原永海
アメリカからやって来た超サイヤ人で、5人目のメンバー。見た目は金髪娘だが、ハーフではなく生粋の日本人である。そのためか元々髪と瞳は黒に近い色だった。現在の髪と瞳の色は某日にスーパーサイヤ人に覚醒したために変わったものである。
カラーは黄色だが、太ってないし、カレーではなくスイーツ (笑)が好き。
口癖は「ですわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
エセ外人と呼ばれてもしょうがないキャラクターである。
巻機山ハナ(声:大谷育江
通称「ハナちゃん」。どれみが小竹にアーン♥♥された事によって生まれた。だが小学生が娘を持つのはさすがにヤバいので、とりあえずMAHO堂の養子となっている。
特技は電撃による攻撃
実はメルヘンランドに彼女のクローン怪人が住んでいる。
春風ぽっぷ(声:石毛佐和
どれみの妹。出番があまりにも少ないため、それを陰で支えている姉を亡き者にしようと企んでいる。
マジョリカ(声:永沢菜教
MAHO堂のオーナー。違法設置店舗(労働基準法、第28条及び第56条違法の疑い)の経営者であるが故によく警察が彼女を逮捕しようとやって来るが、逮捕されるのを防ぐために蛙みたいなスライムに化けている。
2〜3年後には、おんぷに「イヨッペビーム」を喰らうことが多くなった。
ララ(声:高村めぐみ
体をスライムのように変化させる事ができる。趣味は音楽で・・・・、え? そっちのララじゃないの? 色っぽい格好をしている。
ドド(声:徳光由禾
かつてはクレヨン王国の王女。前番組では主人公だったが、この番組で全く別のキャラクターに変化して対応。
ふぁみ(声:渡辺久美子
未来からやってきたどれみの孫。
実はケロロ小隊の隊長でもあり、いつも地球侵略を企んでいるが、なぜかガンプラに夢中であるため、なかなか進まない。そのため、隊長としての威厳が全くない。
口癖は「情熱の赤いバラ~そしてジェラシー」
女王様(声:今井由香
偉い方。それなのに交通安全ビデオでは盗撮を行っていた変態。
マジョリン(声:木内レイコ
女王様お付きの魔女。まさかプリキュア史上最低の珍作に彼女の名前をパクった妖精が出るなど思いもしなかったであろう。

その他[編集]

小竹哲也(声:氷青
クラスメイトのどれみを二度も食って不登校に追い詰めた変態。ただ、未成年なので逮捕のしようがない。
横川信子(声:堂ノ脇恭子
MAHO堂の面々をモデル(主に妹尾あいこ)にした小説を作成した凄い奴。後に丸山みほ(声:壱智村小真)と手を組み超大作コミックも作った。
和久のぞみ(声:川田妙子
通称「のんちゃん」。病気の少女。どれみたちが余計なちょっかいを出したのがきっかけで病状が悪化。それでもどれみの事が大好きだったため、自分の生命を同じ病気持ちの元気くんに託して天国へ旅立っていった。
元気くん(声:川上とも子
どれみより3〜4年くらい年下の男の子。メガネと帽子が可愛らしい。
かつてのんちゃんと同じ病気に苦しんでいたが、どれみの明るさと優しさに支えられて、後に退院。
どれみは可愛い元気くんとずっと一緒にいたかったので、嬉しさのあまり大好きな元気くんをぎゅうと抱擁!元気くんも年上の異性に抱きつかれて嬉しそう。うらやましい限りである。
後々、元気くんはどれみにしょっちゅう甘えてくるようになった。どれみも嬉しそう。よかったね。
ふぁみとは地球代表の親善大使として友好な関係を築いていたが・・・。

地名[編集]

MAHO堂
マジョリカが運営するモグリの店舗。制服がカラフルな魔女の服(緑は欠番)であるため、大きいお友達専用の遊郭としての機能も担っていた。尚、コロコロと業務形態を変えるため、タウンページには掲載されていない。
美空小学校
アーン♥♥魔である小竹が潜んでいる小学校。

「パーマン」に酷似していると思われる共通点[編集]

  • 春風どれみ:パーマン1号:主人公は勉強が苦手で、ドジっ子属性である。
  • 魔女ガエル:パーマン2号:人外の生命体が、主人公の周りにいつもまとわり付いている。
  • 瀬川おんぷ:パーマン3号:子供アイドル
  • 妹尾あいこ:パーマン4号:関西弁を喋る。
  • ハナちゃん:パーマン5号:赤ん坊がメンバー。
  • 妖精:コピーロボット:留守中の身代わり。

放送局について[編集]

関連項目[編集]

キャベツ.jpg このアニメ「おジャ魔女どれみ」はまだかんたん作画のままです。
作画修正をしていただけるスタッフを募集しています。 (Portal:スタブ)