くれよん〜空の芸術〜

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
くれよん~空の芸術~
Bluescreen.jpeg
3回に2回はこうなる。
開発元 アトリエりりす
発売日 2008年8月6日
ジャンル せつ泣き☆あ~と恋愛ADV
対応機種 PFP(メディアカード)
ランク 伝説のクソゲー
落とし神はプレイしたことがある? サ7;・1ラz・4)兒P<M・・・・^Ⅴ葱基・Kヤ樰・m・モノcイT」ネミウエ


概要[編集]

くれよん~空の芸術~』は、アトリエりりすより発売された
美少女恋愛アドベンチャーゲーム

発表から発売まで5年の歳月を要し、幾多の製作上のトラブルと、
無数のバグにより「伝説のクソゲー」。または「究極の詰みゲー」
として有名。初回限定版は中古市場で高値で取引されている。

制作関係のトラブル[編集]

  • 発売延期が23回
  • PFP初のメディア2枚組ソフト。2枚目は修正ファイルだった。
  • フィギュアは上着の色が違うだけの、全く同じものが二つ入っていた。
  • ドラマCDは本編の音声が入っているだけだった。
  • そのお詫びとしてなのか、なぜかクレヨン(市販されたただのクレヨン)とラフ画を掲載したノートが特典として付いていた。

内容関係のトラブル[編集]

  • 攻略対象ヒロインは1人だけにもかかわらずフラグが壊滅的。
    普通にやっていてはまずメインルートに入れないほどの難易度。
    最初から2番目の選択肢が70個以上もある。
  • 5回目のオンラインパッチを当てたところで、ようやく攻略ルートに入れるようになったが、
    直後ループするバグが発生。パッチが有料ダウンロードだったことにも批判が続出した。
  • セーブ機能なし。無理に行ったらハードが壊れる
  • 6番目のパッチの予告を出したところで、会社が倒産し、攻略不能になる。
  • パッケージとオフィシャルサイトのサンプルCGが全CGだった(と思われる)。
  • ボイスが乱れることもあるが、公式は「演出だ」と言い張る
  • さらにCG指定が間違っているので、しばしば異常なCGが出る。
    さかさまになることすらある。
  • 途中で原画家が変更になったので、空の顔が時々変わる。
  • それどころかセリフをしゃべっている人物とは別の人のグラフィックが挿入されることもある。
  • そもそもスタートボタンを押しても3回に2回は起動しない。いつの時代のゲームだ。
  • 意味不明なミニゲームがゲーム中に挿入される。しかもミニゲームもバグ付き。
  • EDで思いっきり文字化け。等々……。

エピソード[編集]

  • ただ1人、エンディングを見た者がいる、という噂が
    ネットで流れたが、誰も信じず、やがて忘れられた。
  • 届け!この「せつなき」!!!

関連項目[編集]