出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

とはカ行お段に属する文字であり、この世でと並ぶほどにえらい言葉である。いや、ホントえらいんだよね。こいつは。

偉い理由[編集]

はこの世でとほぼ同等(のほうがちょっと上)の偉さを持っている。理由はすぐに説明する。

こそあど言葉だから[編集]

こそあど言葉の中で先頭にある文字である。また将棋では王将のそばは一等地と呼ばれ王の近くにいればいるほど価値が高くなる。これは人間にも置き換えられ自分の近くにあるものほど価値が高くなる、それあれは自分よりも遠くにあるものをさしていう、ましてどれに至ってはどこにあるのかすらわかっていない。このことから一等地にあるこれこそあど言葉の中で一番偉い、そのこれを作り上げているのがなのでは偉いのであるといえる。

十二支から[編集]

は変換すると子つまり十二支で先頭になったものになる。よって一番えらいといえる。だがこの説だと本来十二支の子はと読むと指摘されたため現在では弱くなっている。え?ねずみは牛の背中に乗ってきたからえらくない?何を言ってるんだか。卑怯な手使った者勝ちだ。

ライバル[編集]

ライバルは当然なのであるが実際にはもう一人いる。それはである。あれこれそれの三つは存在がわかっている言葉を指し示している言葉なので当然ライバル関係なのだが、五十音表にするとこのお隣さんなのである。お隣さんというものはものすごく仲がよいかものすごく中が悪いかの二種類に分けえられるのである。この場合は後者でちょっと仲が悪ければいいものがものすごいことになっているのだがの仲裁で何とか微妙なところを保っている。ここがに勝っている決定的なところである

関連項目[編集]

Undictionary Logo Text.png
この記事「」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。


Syazai kaikenp.jpg この項目「」は、執筆者が徹夜でやろうとしていたかもしれませんが一身上の都合により書きかけであれなんです。お願いです社員は悪くありませんから検閲により削除してくれたら検閲により削除なんですが… (Portal:スタブ)