こどもの日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
このこどもの日は一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。

こどもの日(-ひ)とは、企業にとって都合のいい日のことである。こういう名前をつけておくと、子供が集まるのでこういう名前に定着している。なんだかんだ言って結局は大人たちがニンマリとする日なので、「魔法の日」とか「ドル箱デー」なる隠語で呼ばれることもある。

規模と経済的効果[編集]

日本全国(ただし、ご老人方ばかりなどの一部地域を除く)において、こどもの日の限定企画が行われている。例を挙げるならば、レンタルビデオ店などではレンタル料金半額ファミレスでは全品10%OFF、ファストフード店では脂質大量放出宣言を発令するなど、かなりのお得感を消費者に印象づける。商店街ではスタンプラリーの実施開始の日をこどもの日にあわせたり、セール開始日もだいたいこどもの日にあわせると繁盛する(が、シャッター街ではどこ吹く風だったりする)。この日の経済効果はやたらと著作権にうるさい、ネズミを調教してるテーマパークが24時間経営になっても足りないくらいで、一説に依るとぴー円だとか(お、お、大人の事情でき、金額が出せないのであって、べ、別にひ、低いとかじゃないんだからねッ!!)。

子供の反応[編集]

子供たちにはそういう日があるというくらいにしか思われていないのが現状である。しかし、政府はこの効果を評価し、こどもの日を休日にするという話が都市伝説並に速いスピードで広がり、子供たちに伝わっていった。結局、こどもの日は休日になり、子供たちにはとたたえられるような日である。大体その日、子供たちは親や友達とともに大きなお店でお買い得な気分になって帰ってくる。だが、それは親だけで、親と買い物に行った子供は大体損した気分になる。

大人の反応[編集]

「また子供が学校に行く日が減った」と気嫌うオトナが多いが、大体その人たちは今のこどもたちがうらやましくて文句を言っているだけである。自分の時代にそうなったらないて喜んでいる。日本人はそういうものである。エゴである。だからといって大人の日を作ると社会は大混乱するので作ってはいけない。タブーである。

元々の趣旨[編集]

子供が元気に育つために作られた日。その日に安売りをすると成功するというジンクスがあり、外国企業もその流れに乗っている。ちなみに車関係の店では効果がない。子供は車を運転しないからである。その反面、玩具を売る店は大繁盛する。子供は玩具が大好きである。

なぜ大人の日はないのか?[編集]

「子供の日があるなら大人の日があってもいいじゃないか」と主張する者がいるのも事実。しかし「そんなに祝ってほしけりゃ結婚して子供作って親父になれやこの毒男!」と一蹴されるのがオチなので、しばらくは制定はされない模様である。

関連項目[編集]


この項目「こどもの日」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)