ご飯

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
「味がしない。」
ご飯 について、アメリカ人
「嫌だ・・石焼き飯」
ご飯 について、フルハウスの青服の人
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ご飯」の項目を執筆しています。

ご飯(はん・Go-Hang)とは、ニッポン人が主食としているニッポンの伝統料理及び宗教的食品で、生のライスを独自の方法でボイルした野菜料理である。

目次

[編集] 歴史

ニッポンでは、古来から泥水をためた「田」で稲を栽培し、その稲から取れるライスを土器と呼ばれるでボイルし、主食としていた。

[編集] 調理器具

縄文時代(紀元前10世紀以前)では、泥と縄で作った縄文式土器と呼ばれる鍋でライスをボイルしていた。これは当時の日本が未開で、青銅器などが手に入らなかったためである。弥生時代(紀元前10世紀〜3世紀)には弥生式土器が、後にが使用されるようになってからは甑(こじき)やオカマ式といった具合に使用される土器の進化とともに調理技術も発展していった。

現在では炊飯器と呼ばれるガスや電気を使って自動でボイルする土器が主流である。

[編集] 調理技術

ライスが食され始めたころは、ただ単に生のライスと水を土器に入れボイルする方法が主流であったが、作るたびにご飯の質が変わことが問題であった。安定した調理には最適な水とライスの割合や火加減の研究が不可欠であり、盛んに研究された結果、ニッポン独自のシャーマニズムによるご飯をおいしく作るための儀式が確立された。それ以降、この儀式を経て調理されたもののみがご飯と呼ばれるようになる。

[編集] 調理

ご飯の調理には、ライスの割合、火加減が重要となるが、正しく儀式を行う事で適切に調理できるようになる。

[編集] 用意するもの

  • ライス 通常は皮をむき胚芽を除去した丸きジャポニカ米を用いる。細長きインディカ米でも問題ないが、一部の国粋主義者によって排斥された過去がある。
  • 水 飲用可能なもの。DHMOと次亜塩素酸ナトリウムの混合溶液が一般的に使用される。近年、瓶やポリエチレンテレフタレート製の容器に入れられた純度の高い(99.9%以上の純度の)DHMOを用いる者が増えている、ちなみに、チバラギ共和国の国民は宗教的な理由から、マックスコーヒーという御神酒でコメを炊く
  • 土器 オカマ式、もしくは炊飯器を使用する。欧米で一般的に使用されている鍋でも調理することは可能だが、宗教上の理由で忌避される。
  • アカゴ 0〜2歳くらいまでのニッポン人の子を儀式の神子とする。

[編集] 儀式の手順

  1. 下ごしらえ
    酒瓶に適量のライスを入れ、調理人の煩悩を取り払うために御神木の枝で作られた棒で108回突く。その後ライスに付着した白濁液が完全に取れるまでたっぷりの水で洗う。洗浄が不十分だと仕上がったご飯に白濁液特有の臭いが残るので注意すること。なお、「洗浄」と言っても洗剤を使用してはならない。この行為は重要な儀式を省略したという理由で我が国日本では不道徳なことと考えられている。ライスを洗う際は必ず、手間をかけて水のみで洗浄するという苦行に耐えなければならない。しかし、おとなりの国民は農薬を落とすのにママレモンを使用する、まさに外道である。
  2. 土器にライスと水を入れる
    水とライスの割合は、入れたライスより水位が3cm(約1.2インチ)ほど高くなるようにする。ニッポンでは一寸法師(日本の神話に残る小人)の身長分と覚えられている。
  3. 土器の開口部を板で封印し、火にかける
    ここで祝詞を唱えながら儀式を行う。炊飯器を使用する場合はこの儀式は自動で行われる。
    1. 「ハジメチョロチョロ」
      「ハジメ」は最初の手順であることを意味し、「チョロチョロ」は燃料に使う油を少しずつ火に加えることを表す。
    2. 「ナカパッパ」
      「ナカ」は途中の手順を意味し、「パッパ」は残った油を一気に火に注ぎこむことを表す。
    3. 「アカゴナイテモフタトルナ」
      儀式が正常に執り行われるとアカゴに神が降り激しく泣き始める。その際に土器にかけた火を弱めアカゴが泣き止むのを待つ。神聖な気を逃さないように土器の封印に触れてはならない。
  4. アカゴが泣き止むのを待ち儀式を終える。
    アカゴが泣きやんだ後、神が天に戻られるのをしばらく待ち、土器の封印をとく。これでご飯の完成である。

なお、先述の通り、近代的な炊飯器は自動化されており、これら多くの儀式を代行してくれる。宗教的行事をもコンピュータ制御とすることは、日本宗教では頻繁に行われていることであるが、一部の原理主義者たちはこれを嫌い、炊飯器を用いずにライスをボイルすることを好む。

[編集] 名称

ご飯、という言葉のうち、「飯」は食料(food)を意味する単語である。一方、その前につく「ご」(正確には御、あるいは護)は「上質の(fine)」「神聖な(holy)」「神の(devine)」といった形容詞である。

この名称には米(rise)という単語は入っていないが、これは日本人にとって、食べ物とはすなわち米のことであり、わざわざ米と呼ぶ必要が無いためである。それほど、ご飯とは日本人にとって大切なものなのである。

ご飯には他にも、

  • 白飯(white food): ボイルした米が白いことから。
  • 銀シャリ(silver ashed bone): 米を釈迦の遺骨になぞらえた名称。日本人に残るカニバリズムの痕跡である。
  • メシ(food): 最も短縮された名称。

など、様々な俗称が存在する。こうした俗称の多さも、日本人にとってのご飯の位置づけの高さの証明であろう。

[編集] ご飯を利用した料理

  • ノ丼テポ丼スカ丼 北朝鮮の国民食、ご飯は日本からの食糧支援によるもの。
  • 卵かけご飯 ご飯にフレッシュエッグとソイソースを混ぜ合わせたドレッシングをかけた料理、ウィキペディアンが主食としている。
  • キャッツ丼 ご飯に猫を揚げて乗せた料理。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語