出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、日本語について記述ているばい! スペイン語につ・い・て・は「¿」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆ています。
Undictionary Logo Text.png
この記事「」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

とは、ひらがなの一種、もくは釣り針の象形文字である。

概要[編集]

↑これ。え?見にくいって?

形は上から下に向けてくるりん、とカーブを描いたようなものになる。これはひらがな漢字共に共通している。

ひらがな漢字の二つの顔を持つ、異例の文字である。、正くはどちらに分類されるのかは決まっておらず、現在語学界で議論がなされている。また、両者が酷似ているため、どちらがひらがなでどちらが漢字なのかも議論の的である。

ひらがなとての「[編集]

「ひらがなでトップの座を取りやがって。祝ってやる。」
あ(ひらがな) について、し(ひらがな)

(si、shi)とは、ひらがなの一種である。五十音順では12番目、いろは順では42番目のポジションを占めている。通話表では「死神の新聞の」。

なお、単に漢字の方が知りたい方はこちらへどうぞ。

生まれたての初期の頃は「」と発音が同じのため、死神て恐れられてきた。かも、初期は当然いろは順なのだが、そのいろは順では42番目、つまり「死に(しに)」番目である上に最後の方になってまうのである。そんな境遇の中でも「」は強く時代を生き抜いた。

、時代は明治に移り代わり、やがて彼に危機が訪れる。ひらがながいろは順から五十音順に変更されることになったのである。今は旧かなとされた数々の仲間達が棄てられていく中、彼は自分も棄てられてまうのではないのか、と毎日怯えていた。、彼は棄てられるどころか、五十音順の12番目という称号を得る。これは、「(いつ)」番目である上に最初の方であるという名誉なことである。これにより彼の知名度は上がり、今日でも色々な言葉に使われている。

、残念なことに未だ「し=」というイメージは完全に払拭されておらず、一部では敬遠されがちになっている。その例とて、自動車のナンバーには「」の文字は使わないことになっている。これらは「『し』差別」とて各地で撲滅運動が起こっている。

濁音の「[編集]

」の濁音は「(zi、ji)」なのだが、これが非常にややこい。それは「ぢ(gi)」と音が同だからである。例えば、

  • 辞書」→「じしょ」
  • 鼻血」→「はなぢ」
  • 地面」→「めん」

となる。もともと「」の音の語が「」になって、「ち」の音の語が「ぢ」になるんじゃないの?………と思いきや、上記の「地面」の「地」はもともと「ち」という音だが、「地面」になると「」になっている。何ともややこしいものだ。

カタカナの「[編集]

」のカタカナ表記は「」なのだが、これも非常にややこい。何故なら、「つ」のカタカナ表記である「ツ」に字形が酷似ているからである。そのおかげで、ひらがな習いたての子供は愚か、大人でも「」を「ツ」のように書いてまう人がいる。某大型掲示板などではほとんどネタにてスルーする(例えば、「奴→ヤツ→ヤ→香具師」となる。この例は有名なものである)されるので、さほど気にする必要はない。

漢字とての「[編集]

前述の通り、釣り針の象形文字。類字とて「乚(イン、Unicode注意)」とかいう漢字が存在するが、用途は全く不明。

古代中国においては、釣り針は非常に汎用性の高い殺人道具だった。これほど小さい上に非常に軽い刃物が、他に存在なかったからだ。都のある貴族の屋敷で、家主である夫がたった1本の釣り針によって妻に殺害された、という記録も残っている。音読みの発音は考えるまでもなく「」だが、これは「釣り針=死」という当時の人々の過激思想によって生み出されたと思われる。ちなみに正しい意味は「釣り針で殺人を行うこと、もくはその様」。

ただあまりに意味の無い漢字だったため、次第に使われなくなり、歴史上から抹消されて無かったことにされてまった。現在、その真の姿を知る者は数少ない。

4[編集]

「いや、死とか連想させないでよ」
し について、4

被害者。日本語の発音があれである為、全く関係が無いのに検閲により削除病院の病室番号にこの数字が無いのは有名な話である。本人にとってはいい迷惑ではあると思うが…。

関連項目[編集]

この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)