でっちあげ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「当社で不祥事が発生した時には、同業他社の不祥事をでっちあげる場合があります」
でっちあげ について、毎日新聞
「あのフランス人アホ評論家を連れて来い!SMロウソク地獄に陥れてくれるわ!」
でっちあげ について、松本人志
この記事は左右に寄っているのでバランスが保たれています。

でっちあげとは、人や企業が自分に不利な出来事が発生した時に使う奥の手である。主な企業では、朝日新聞がこの手段を得意としている。

この最終奥義を使用する際にはゴッドハンドと呼ばれる手法が用いられるのが一般的であるが、ゴッドハンドの定義が曖昧であり学者によって研究が進められている。この過程において、韓国の生物学者がゴッドハンドを使用した形跡が認められ、存在は明らかになったものの本人は詳細を公表していない。

でっち上げ基礎技[編集]

  1. 殺人事件などがおきる
  2. 犯人探しを行なう
  3. 犯人が見つからない
  4. マスコミが警察を猛批判
  5. 困っちゃうから適当な誰かをでっちあげ。
  1. お金が無い
  2. 満員電車に乗る
  3. 適当な男の近くに行く
  4. この人痴漢です!と、女性が唱えるだけで男性一人を社会から抹消することができる上、お金も手に入る魔法の呪文を叫ぶ。
  5. 訴えを起こす
  6. 賠償金を得る

公式例[編集]

深刻なエラー例[編集]

由来[編集]

江戸時代飢饉の際、裕福な商家が丁稚禁則事項ですしたことによる(そのため漢字では丁稚揚げと書く)。

ただし、公式には

  • 丁稚を(他家へ)あげた(=譲った)
  • 丁稚(の年季)があけた(=自由の身になった)

と称した。

このように、捏造してまで事実を隠蔽するという点が、現在のでっちあげの原点となっている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「でっちあげ」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。


この項目「でっちあげ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)