どうぶつの森

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
Nuvola apps important yellow.svg 注意
一部で分かりにくい内容があるようですが、ゲームをプレイするとかしてどうにか調べてください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「どうぶつの森」の項目を執筆しています。

どうぶつの森(-もり)とは肉食動物がたくさんいる森の中に一人のハンターがのんびり住むゲームである。ありえない事にたぬきはりねずみが店を作っている、どうぶつの森は1998年に「ニンテン大学」が発見し、「脳を鍛える動物のファミコントレーニング」と言う題名でゲーム化された。2005年にはその新作「おいでよ どうぶつの森」が出て大ヒットした。2008年にさらなる新作、「街へいこうよ どうぶつの森」が出た。こちらも大ヒット。また、2012年にもさらなる新作「とびだせ どうぶつの森」が出て、発売後、売り切れが多発した。

どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森
Tom Nook the P I M P of A C by fujiwawa45.jpg Flag of None.svg
(国旗) (国章)
国の標語 : きままな村でのスローライフ
どうぶつの森の位置
公用語 不明
首都 たぬき村
最大の都市 どっかの村
指導者 不明
総理大臣
首相
総理
はりねずみ
たぬき
亀のじじい
殺し屋大臣
リセット監視大臣
いぬ
もぐら
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第世界第一位と語っているが、嘘のようだ位
39578.4平方km
不明
人口
 - 総計(2007年
 - 人口密度
世界第1712188位
約620万人
世界第xx位
156.6人/平方km
政府 不明
国民的な英雄 不明
独立
 - 日付
2005年11月23日
通貨 ベル (通貨コード不明)
時間帯 UTC JSTを採用 (DST: なし)
国歌 もりのせいかつ
(作詞作曲:とたけけ氏)

まっくら森の歌
(作詞・作曲:谷口浩子 歌:谷口浩子如月千早[1])
宗教 不明
国際電話番号 427(発音は「しにな」)

         

主な動物[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「どうぶつの森の登場人物一覧」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「劇場版どうぶつの森」の項目を執筆しています。
恐るべし、どうぶつの森の住人

どうぶつたちが理想郷と勘違いしてやって来ては、以下のものに苦しめられ、ハンターに引越しをやめるよう脅され隙を見て脱走するするのである。声は全て映画版のもの。舞台はまっくら森

たぬき(CV:龍田直樹)[編集]

村の外部への外出が厳しいために、このたぬきの店が繁盛している。
当然の如く、たぬきは村長に金を握らせている。
実質ポスト村長で、いつもナメッ○語をしゃべっている。

たぬきの店にいる2匹のチビたぬきの身元は不明。サーカス団に入れられそうになった彼らをたぬきが小額で引き取り、究極のパシリとして育て上げたという説もある。

客から服の注文がある際には、夜の11時を過ぎた頃にはりねずみの店へ洋服を盗みに行く。

2012年になると心機一転、商店街を村に建て、自身も商店の仕事をチビたぬきに押し付け、不動産屋を始める。調子に乗ったたぬきは、家の外観を変えることのできる特典の代わりに、ハンターから今までよりも多額のローンを徴収させるようになる。

不動産始めたころは所持金1000ベルしかない希望者に十倍以上の定価をふっかけ、なけりゃないで意地でも働かせていた。

最近でも不動産をやってるが、働きたくない希望者を徴兵制のように無理やり狩り出される。

だなも!だなも!だなも!

たぬきの店の中の様子.

はりねずみ[編集]

たぬきが洋服を売っていなかったために、ニッチ産業として密かに洋服店を始めた貧しい姉(CV:安達まり)と妹。しかし、たぬきにしばしば洋服を盗まれる。
姉(CV:服部紗織)はたぬきに想いを寄せていたが、金の亡者へと成り果てていく彼に失望し、自身もアパレルの鬼へと変貌していく。
やはり村長に金を握らせている。  

ふくろう(CV:山口勝平)[編集]

博物館を運営している。入館料を取るわけでもなく、喫茶店のテナント料しか取れない無能なやつである。
そのため、寄贈しても謝礼金がないため、ふくろうを倒そうとたくらむハンターしか寄贈していないらしい。
また昆虫をみせると気絶するため慰謝料を出したくない人は昆虫を寄贈しないほうがよい。

はと(CV:土師孝也)[編集]

ふくろうの施設の下で喫茶店を経営しているマスター。

一見善人だが、沸かしたコーヒーを客がすぐに飲まないとキレはじめる神経質なダンディズム。
豆鉄砲が苦手で、パチンコを見せると反射的に屈服する。金のパチンコだとなお有効。
仲良くなるには弱みを握ることが必要。

かめ(CV:緒方賢一)[編集]

年寄りというだけで村長をしてる。「サイハテ村への募金」という名目の募金で集めた金を横領している。また、その横領がばれないようにお礼の手紙と羽を送りつけている。ちなみのお礼の羽はペリカンから抜いた物。
なお、このかめではマリオは1UPできない。
村長引退後は、村長業をハンターに押し付け村を去り、南の島(仮称)でツアー業を細々と営んでいる。

ペリカン[編集]

妹(CV:乙葉):村長に、重労働を課せられている。さらに、横領偽装工作用のお礼の羽を抜かされている(1日12時間連続労働)。また、ハンターの言いなりにもなっている。

姉の紫色のペリカン(CV:水谷優子)は、だらしなく、態度が冷たい。しかも昼間に住人の貯金を盗んで買い物をしている。

いぬ[編集]

腕利きの殺し屋ではあるが、村長には勝てずに、関所で仕事をさせられている。実は便箋などの落し物を裏で食べている。 ついでに2012年では警官に転職したが一人首にされた。

ラッコ(CV:三池崇史)[編集]

海から上陸するが、速攻で逃げる。威張っている。どこの海岸にも行くが北朝鮮の海岸へは行かないだろう。

もぐら (CV木村祐一)[編集]

リセット神の代弁者

きつね[編集]

闇ルートで家具を仕入れ、3つだけ売り物にしている。一部の家具は、たぬきの店の2倍の値段で売ったり、作った本人に土下座したとかいって偽物を買わせる詐欺店。店に入る為には合言葉が必要となる。稀に住民が合言葉を知っているがこれはきつねが入会金をせしめる為に派遣したものである。 たぬきとの取り引きで巨万の富を得ていたが、偽の名画を掴まされたハンターに殺害された。

村の掟[編集]

  • 何者かに呼び止められても決して振り向いてはならない。
振り向いてしまうと気付いたら所持金がなくなっていたり、ポケットにごみを入れられていたりする。
  • 木は古の住人の住処。木をを無暗に揺らしてはならない。
揺らしてしまうと、村に住み着いている妖怪とぅれろに金属を落とされたり、殺人蜂を降らされたりする。
実在するほうの国家のとあるフレーズである。実際にハンターが時計をいじくる癖がある場合がある
  • 排泄をしてはいけない。
証拠に、村にはトイレが無い。ただし、たぬきが便座だけを販売している。したがって、この国は排泄物が便座の下に溜まっている。
  • ハンターが穴を掘って、建造物内に入ったら全力で穴を埋めろ。
忠実に埋め続けており、埋め忘れがあったことは無い。
ただし、ハンターが2人以上になった時は手に負えないのか諦めたのかわからないがすべてを埋めていない。
しかしハンターが村長になったらとうとうこの掟に誰もしたがわなくなってしまった。
  • 2005年11月22日~2008年11月16日にハロウィンが禁止された事があった。

他人の洗脳は自由。

口癖、あいさつを使って洗脳するべし。ただし、文字数には限りがある。
  • ハンターには絶対服従するべし。
さもなくばハンターに網やピコピコハンマーによる虐待を受けるだろう。
  • 一部の村人以外はズボン及びスカート、そしてパンツを履いてはならない。
実際に普通の住民は下半身には何も着用していない

ハンター[編集]

ハンターの道具[編集]

  • -殺人用だが住人が非常にやわらかく、意味を無していない。普段は、木を住人に見立ててトレーニングしている。 →蜂に殺される
  • スコップ-これも殺人用だが住人が非常にやわらかく斧より威力が劣るため、落とし穴を作るためにしか使用していない。落とし穴にて殉職したものはわずかなので、嫌がらせに向いている。
  • パチンコ-銃は村長により所持が禁止されているために、代用として所持。予想以上の威力を持っている。中には、金色で3方向同時発射可能なものや、ロケットを搭載しているバージョンもある。
  • 釣竿-首絞め殺人兵器で、遠くの標的に針を投げて釣ることも出来る。
  • 虫取り網-住人の頭すら入らない雑魚兵器。叩いてストレスをためさせるために使う。
  • ピコピコハンマー-↑とほぼ同じである。
  • ジョウロ-水が無限に出てくる、サバイバル用の道具。普段は水遣りに有効利用。アンパンマンにぶっ掛けても効果がないのは中国製だからである。
  • タイマー-ハンターが時間内にどうぶつを何体捕獲したかカウントしてくれる優れモノ。地中に埋めて時間をセットすれば地雷に早変わり。
  • AK47 - 1947年に旧ソ連で開発された7.62mm弾を使用するライフル銃。主にたぬきが普段持ち歩いている。
  • MAC11 -1961年にSIONICE社が開発したサブマシンガンで、ふくろうの愛銃。フーコはこれで殺された。

弾ははとの店の床板に隠してある。

  • C4型プラスチック爆弾 - 村の家のほとんどはたぬきが娯楽のためにC4爆弾で木端微塵に吹き飛ばした。しかし1週間以内には何事も無かったことかのように元通りになっている。

[編集]

この森では一番広い豪華な家であるが、部屋を増やす度になぜか立て替えさせられ、たぬきにぼったくられているが、最後(一番金額が高い)はローンを返済せずに、たぬきを泣き寝入りさせる仕打ちを与えた。
ハッピールームアカデミーという悪の組織に常に室内を監視されている。また、フリーマーケットという口実で、年に数回部屋を強引に覗かれる。

施設[編集]

博物館[編集]

観光収入を狙っていたものの、村の資金では建物をつくることしかできなかった。 今は単に、村の財政を圧迫している。 客はいないが、コーヒーを飲むもののみいる。 土曜日の夜にこの博物館内にある喫茶店に行くとエンディング。

関所[編集]

ここは森の出入り口である。進入は簡単で、おどおどした犬は記憶すらあいまいなため、謎の猫が村の中をふらついていることがある。96.34%の人はここを出られるということがFBIの調査で分かった。

しかし、ハンターに脅され、関所に近づけない住人もいる。投げ飛ばしたり、おもいきり押してきたりする場合もある。また、ここの犬は頼るべきではない。

リセット監視センター[編集]

森とは別の異なる空間上に存在(ハンターの家の地下に存在すると公式見解を述べているがこれは虚偽である。)し、常にリセットを監視。リセット監視センターからモグラが派遣されており、リセット監理大臣に任命されている。全知全能の神的存在であるハンターの操り師がリセットしようものなら、モグラに説教を食らう。 ただし説教も1分程度で終わるため問題ない。また、門を開けて回避するハンターの操り師もいる。門を開ければモグラは存在しないとも言えよう。 なお、街の地下に巨大な本部があるとの情報もあるがお察し下さい

森の事件[編集]

未確認飛行物体事件[編集]

ある日、ハンターが空をみていると謎の飛行物体が飛んでいたため、本能的にパチンコで打ち落としてみた。すると、その飛行物体が軽々しく落下し、その飛行物体から「オーパーツ」が飛散した。その飛行物体の操縦者である鳥は自らの名をジョニーと名乗り、謝罪もせず(本当に謝罪すべきはハンターだが本能だから仕方が無い。)ハンターにお使いを頼んだ。お礼に、チョコレートを与えて、ハンターを馬鹿にした。

ちなみに本当はパチンコで落下したのではなくフォックス・マクラウドが絶妙のタイミングでグレートフォックスによる援護射撃を行ったからである

撃ち殺され事件[編集]

空を飛んでいた緑のペリカンがハンターによって撃ち殺された。かに思えたが無傷で、しかも、ハンターに打ち落とされたことも気付かないため、事件とは言いがたい。

観光名所[編集]

  • 海岸

シーラカンスサメ(偽物という評論もあるが村ではそう定めている)が超簡単に釣れる事で有名である。

ピラニアやガーが生息していて通りかかるものに喰らいつくところで有名。

基準的に湖ではないが村長が勝手に湖としたために湖であると地図に記載された。

  • 水溜り

村の所々にある水溜り。ハンターが住人を落とそうとして作られたものである。

  • たぬきちの店

危なっかしい、白い薬を売っている。若者に人気があり、気分の悪いときはこれを飲むといい。

  • 関所
用途1.死にたい人、欝の人はここへ。放し飼いの犬が暴れます。
用途2.外部へ出たい方はこちらへ。 犬は飛ばしてかまいません。
  • 博物館

観光できるが寄贈する人がいないので暇。ゴキブリをつぶすことができる。

任天堂鉄道 どうぶつ線の停車駅 2005年11月22日をもって廃線 撤去 2012年11月8日 復活

1面1線であることは変わらない
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

交通[編集]

昔は鉄道があったが紀伊の山奥で動物をひき殺す前例から偏見動物たちにより破壊され、船も船頭がセクハラによってリストラされて会社は倒産。のこるはタクシーと関所だけとなってしまった。しかし、タクシーも村には常駐せず、新しい住人が来るときだけ、村に来る。

歴史
  • 2001年4月14日 - 任天堂交通が鉄道事業としてどうぶつ線が開通する。
  • 2005年11月22日 - 任天堂交通どうぶつ線が廃線となる(同時に船も廃止)。翌日、タクシーがしばしの代行手段となる。
  • 2008年11月16日 - 任天堂交通が代替バスとしてどうぶつ線(どうぶつの森⇔アニマルシティー)が運行開始される。
道路での走行車線は右側通行。
  • 2012年11月 - 任天堂交通が鉄道事業であるどうぶつ線を3Dにして復旧。同時に船も復旧。

鉄道廃線から復活までの経緯[編集]

2004年、任天堂交通は、どうぶつ線が「利用者減少による慢性的な赤字を抱えたとして行政支援なくして自社存続は不可能」と村に通告した。
だが、村は「1企業に対しての支援は住民の理解が得られない」として拒否。
支援を要求した任天堂交通としてもモータリなんとかの影響で鉄道事業は衰退し、生き残るため自社も既にバス事業が拡大してきており、鉄道には未練もなかった。
結果、自社のバス部門である任天堂バスによるバス代替を決定。翌年11月22日廃線、設備は全て撤去され新たに関所が作られ、準備ができるまで当面タクシー運行となった。
時が流れ、シティの影響から宅地化により、村への行き来が多くなり、とてもバスではサバき切れないほど満員で途中の停留所から乗れない問題が発生し、いっぺんに輸送力がある鉄道敷設の機運が高まった。
これを受けて支援をケチった村(政権交代しておる)は唯一鉄道事業をしている任天堂交通に鉄路運行を陳情す、運行を打診する。2011年~協議の結果、上下分離方式で線路などの設備の維持費は村が持つことで合意。翌年2012年11月8日、復活を果たした。
電化する計画もあったが同線を電化するための経費が膨大になることから、経費抑制のために安価なディーゼルカー1両編成を購入し走らせることとなった。
それでも線路は地域を分断するため村に踏切1箇所が設置された。

政治[編集]

かめの独裁政治である。選挙は一切行われず、役場の奥で、ふんぞりかえっている。しかし、その独裁政治も、味方に付く者がいなければ成り立たなくなるため、税金を取ることは無い。ほぼ毎週、週末にイベントを行い、魚や高級な虫をせしめている。また、たぬきからの賄賂もあるため、村の財政は潤っている。村の人口の少なさから、政党はなく個人がにらみ合って、政治を直接行っている。世界唯一の直接民主制国家である。村長の政治的な力は案外少ない。むしろ日本の小学校の学級委員長や班長の方が権力が強い。

国旗[編集]

国旗は村長に勝手に決められたため住人は激怒、はりねずみは「なんで私を国旗にのせないの?」異議を申し立て、スプーグルーを呼んだ。しかし、はりねずみは住人の家の服を盗み、それを商品にして売っていたことが住人に発覚、「それならたぬきの国旗の方がいいじゃないか!」と意見が高まり、さらにスプーとグルーの持っていた財布も盗んだこともわかった。怒りが頂点に達したスプーとグルーは、はりねずみを殺害した。このような経緯でたぬきが描かれた国旗になった。

また、国旗は自由に変えることができ、ハリネズミの店で作ることができる。 他にも、不定期でやってくるセイウチに食べ物を渡すことで、国旗と交換できる。渡した食べ物は必ず3口で食べ、魚の場合は骨も食べる(食べる時の音がグロイ)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]