なぞなぞ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「なぞなぞ」の項目を執筆しています。

なぞなぞとは、謎のことである。一般に、代数幾何学上の謎の答えを知っているものが、答えを知らないものに対して問いを繰り返す行為を指す。

語源[編集]

なぞなぞは、なぜ謎という意味とかけはなれた言葉であるのかなぜか未だにわかっていないが、なぜか子供などが「それは、なぜなぜ?」、地方の人間は「それは、なんぞ?」ときわめて安易に語源を問う傾向がある。

有名ななぞなぞ[編集]

OwlPuzzle.JPG

なぞなぞの中でも特に人を不愉快にさせるものに意地悪なぞなぞがある。なかでも、17世紀に出されたフェルマーの最終定理は特に有名である。

「3 以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる 0 でない自然数 (x, y, z) の組み合わせ」ってなーんだ。

フェルマーはこのなぞなぞを出しておきながら「答えを書く余白がない」として答えを最後まで明かさなかったため、世界中の人々がこのなぞなぞを解くために人生を棒に振り続けた。

そして1995年にこのなぞなぞの答えが判明した際には世界中で暴動が巻き起こり、2001年のアメリカ同時多発テロの遠因になったともいわれている。

フェルマーの最終定理の答え:「答えは存在しない」

現在、同様に意地悪なぞなぞと思われているものに、「ゴールドバッハの予想」がある。3つの奇素数の和で書き表せない6以上の自然数(あるいは、2つの素数の和で表せない4以上の偶数)を示せというものだが、今のところ謎である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]