なのはな (列車)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
鉄分過剰
このページには鉄分が過剰なので栄養のバランスが崩れています。
DHMOの摂取やバランスの良い食事をすることを心がけ、鉄分が偏らないように注意してください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「指宿枕崎線」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「なのはな」の項目を執筆しています。

なのはなとは、指宿枕崎線を走る色い電車で、かつて新幹線が無かった鹿児島県民の熱意によって作られた似非新幹線である。

概要[編集]

なのはな。黄色い車体はまさに菜の花である。
当列車の元となったドクターイエロー。色しか似ていないのでは?という突っ込みは野暮というものだ。
かつての中央・総武緩行線の車両。憎き痛勤電車も本土の端からすれば憧れの的であったことが想像できる。

指宿枕崎線を走る黄色い電車である。今でこそ九州新幹線が走る鹿児島県であるが、かつてはそんなものなど当然無く、新幹線を望む県民の熱意によって作られた。どこをどう間違えたのか、旅客営業につけないドクターイエローオマージュしてしまったのは痛恨のミスだが、「ただコピーするよりも現実味がある」「総武線みたいでかっこいい」と案外評価が良かったので、今では指宿枕崎線の看板列車となっている。

通常のなのはなと、何かがデラックスななのはなDXが運行されいたのだが、キハ40をサイボーグ化した特急列車指宿のたまて箱が登場したことにより、なのはなDXは鹿児島湾竜宮城に沈められた。

九州新幹線開業後[編集]

2004年3月13日に九州新幹線が開業し、鹿児島県民が熱望する新幹線がついに誕生した。これによってなのはなは本来の意義は無くなったが、以降は指宿枕崎線の看板列車として運行されている。

当列車は日本最南端JR最南端の駅である西大山駅には直通せず途中で乗り換えることになるが、西大山駅を目指す鉄道教信者にとっては王道のルートとなっている。

車両[編集]

キハ200系
名前のとおり、気動車である。指宿枕崎線専用に黄色い塗装が施してある。キハE200形とキハE220形がある。
キハ40系
国鉄のボロである。ベテランの貫禄か、200系よりも重くて安定感がある。黄色じゃないので出番はほぼなし。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「なのはな (列車)」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)