はとバス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

はとバス(はとばす)とは、人・物を輸送する大型のである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「はとバス」の項目を執筆しています。

はとバスのはじまり[編集]

大空を舞う、はとバス

はとバスは1942年、戦争中の日本政府が何でもかんでも戦争に利用したいと思ったことに始まる。当時の大臣の1人がたまたまギネス級の巨大サイズの鳩を見かけ、人を乗せられないか?と発案したのだ。鳩は当然抵抗したが、しばらくすると慣れて、人を乗せて目的地に行けるようになった。どのようにして慣らしたのかは、秘密である。

鳩は伝書鳩としても知られるように有能で、決められた目的地を往復するのには打ってつけである。この頃のはとバスは人ひとりを載せるのがやっとだったが、その後はどんどん品種改良されていき、巨大化していった。

戦後のはとバス[編集]

戦後、物資の輸送の必要性が少なくなってきたとき、はとバスに目を付けたのがUSAの方々である。当時の日本国内はガソリン事情が芳しくなく、ガソリンを消費しないはとバスが重宝されたのだ。彼らは少し太り気味であったが、当時のはとバスでも1人なら何とか載せることができた。そしてはとバスは世界に広がっていった。

現在のはとバス[編集]

やがてはとバスは、観光用になって、多くの観光客を乗せて走るようになった。観光地に多くの鳩たちが群がり、話をしているのは日常風景である。我々が普段見かける鳩の一部は、実ははとバスの赤ちゃんである。

関連項目[編集]