ふたりはプリキュア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ふたりはプリキュア」の項目を執筆しています。
ABCが提唱する正統なプリキュア像
テレビ朝日がABCの案を拒否したため、、東映が身内でパクった提案したプリキュア像

ふたなりプリキュアとは、日曜朝に突如として現れ、幼女を賭けておジャ魔女どれみなどと戦うレズビアンのこと。正式名はオ〇コ・プリキュア

作品中のレズプレイは、全国の少女(一部大きなお友達)に絶大な支持を誇っている。

また、ABCテレビ朝日との番組内容に関する激しい戦いの別称(詳しい内容は後期各作品の項目を参照のこと)。

明日のナ(以下略)、何それ?

目次

[編集] 概要

主題歌は、学校の少年合唱コンクールの課題曲としてもはや定番

ふたりのレズビアン美少女中学生テロリストを主軸に展開する波乱含みの一大テロ合戦。ふたりの少女は白色人種と黒色人種でそれぞれ「白キュア」「黒キュア」と呼称される。ふたりは合体することにより、血色が悪く肌が灰色の黄色人種「灰キュア」になることができる。

今作最大の特徴として、その迫力のある暴力戦闘シーンが挙げられる。

また人種差別やレズビアンをネタにしたシニカルなユーモアが多く盛り込まれており、時として真にマイノリティの声を代弁しているとして高い評価を受けている。

年々仲間が増え続ける傾向にあり、恐らく100年後にはダイラガー顔負けの人数が揃ってるだろう。

[編集] 登場人物

[編集] メインキャラクター

引っ張って!引っ張って!まだまだもっともっと!

(なぎさ)アイツら(トリオ・ザ・マイナー)が作るスイーツのほうがアコたちのより上になるほうがよっぽど厄介なの!

美墨なぎさ(みすみ なぎさ)
別名キュアブラック、黒いほうのプリキュア。肉弾戦を得意とする(というかこれしかできない)。
創価中学校からベローネ学院女子中等部に配属された工作・・・もとい、転校生。
プリキュア引退後はテロリストに成り下がり「カントリーロード」が歌える戦術予報士として映画館でも大活躍した。
足が臭いが、町はずれの丘の上で留学から帰ってきた同級生から大声で告白されたこともある(「カントリーロード」はその時覚えた)。
メンバーの中では超不人気。趣味は傷ついたキュアホワイトの腕を思いっきり引っ張ることである。初代のOP、映画版などでもキュアホワイトの腕を引っ張り続けた。
雪城ほのか(ゆきしろ ほのか)
別名キュアホワイト、白いほうのプリキュア。同じく肉弾戦を得意とする(ほとんどなぎさ任せ)。
一説によると小学生の頃は変声期を迎えたばかりの茂野吾郎と共に魔界の軍勢から世界を守っていたらしい。
プリキュア引退後はこちらもテロリストの仲間となったとかならないとか。もしくはユニゾンデバイスになったとも。実は人間ではなく空言狐だという説もある。
でっかいモビルスーツに乗って暴れたこともある。最近ではオーズに殺された。
九条ひかり(くじょう ひかり)
別名シャイニールミナス。黄色いほうのプリキュアっぽいなにか。蜂蜜で出来ているので甘い。現代にある電車の先祖だといわれている。京成族の祖先などを相手にするため、独自行動をとる。「九条」とか「ひかり」とか左っぽい偽名を使っている。
本作の最終兵器『クイーン』のパイロットで、その兵器の部品の一つである『生命』を司る彼女が搭乗しないと起動するどころか修復さえもおぼつかない。
プリキュア引退後は歌姫なテロリストになったり、その後テロが成功して議長になったり、メイドさんになったり第1ドールになったりしている。
メップル
命の石を守る使命をおびた「天空の勇者」で、光の園から虹の園のなぎさのもとに来た。尾にポケモンの赤いカートリッジ「ルビー」を入れていた。『Max Heart』では「この点は出ねぇよぉ!!」として復活した。語尾に「~、ぉーん」が付く。反吐が出るほどの猛烈な両刀使いだが、ポルンが近くなると構わず掘りたくなる。光の園ガンダムファイトで優勝した経験があるが、自慢のモビルファイターはドツクゾーンに木端微塵にされたため戦えない。常になぎさのサポートにまわるが毎晩慰み者にされている。ミップルとはS〇Xフレンド。またの名を「骨川メップル」
ミップル
メップル同様、光の園から虹の園にほのかのもとにやってきた「クメンヒドロペルオキシド」である。尾にはポケモンの青いカートリッジ「サファイア」を入れていた。『Max Heart』では、メップルと同様に「ハァーロォーゲェーン」として復活した。語尾が「~、狂ってますよ」である。メップルのS〇Xフレンドであるが両刀使い。愛人にダークレモネードがいる。
父親がサラマンダーで妹がプリプー。
生き別れの兄がいるが、その兄はすでに結婚して娘と息子がいる。その娘の方は自身のパートナーの相棒。だが本人達はその事を知らずに今日に至る。またの名を「野原ミップル」
ポルン
普段は遊んでいて、、7つのプリズムストーンが集まったときになぎさたちに姿を現し、地球の裏側にある光の園からやってきた宇宙人の末裔。
『Max Heart』ではポケモンの緑カートリッジ「エメラルド」を入れていた。同じ言葉を何度も繰り返し、ファイナルデスクロスを企てながらちょくちょく脱走するとパニックムービーも真っ青の凄惨な目にあうが、ガイキング・ザ・グレートからフェイス・オープン・ザ・グゥレイトォ(&ハイドロブレイザー)を食らった翌週には何事も無かったかのように復活している(実はポルンには生体パーツが多数存在し、ヨソでボコボコになってもパーツをくっつければ元通りになるのである)
ルルン
ポルンの妹分。兄貴分のポルンにアレを押し当てられているルリー

[編集] その他の愉快な人々

[編集] 主人公の家族達

美墨岳
なぎさの父親。月の総大将。
月面都市を守る軌道艦隊総司令を務めるムーンレィス。他者を威圧するような巨躯と、尊大な振る舞いが目立つ男。戦争を求める苛烈な性格をしており、劇中懐柔しようと諭す理恵の言葉に耳を傾けなかった。セリフも暴走したものが多い。
本編では彼の中に侍の血が流れていることを思わせる描写があり、腰に日本刀を帯び、終盤ジャアクキングと斬りあった。
元は美墨家や月を守るという誇りを持っていたのだが、地球帰還作戦に参加させてもらえなかったこと、および娘が代わりにプリキュアになって作戦に関わったことから、理恵となぎさに裏切られたと感じてしまった。そのため、妻と娘とその関係者には複雑な思いを持っている。
一人称は「私」又は「小生」。プリキュアシリーズで自らをこう呼ぶのは岳のみである。また、作中で部下から御大将(おんたいしょう)と呼ばれることから、岳をそう呼ぶファンも多い。美墨家では艦隊長を「御大将」、部隊長を「大名」と呼ぶ習わしがある。
美墨家全体は美墨艦隊全体が2,500年間演習を続けてきたせいか、実戦経験のあるプリキュアに押されていた。だが岳本人は実戦に柔軟に対応していた。また、自ら出撃、数体のザケンナーを撃破している。
東映の初期設定によると岳の祖父はモビルスーツコレクターでもあり、多数の機体を保管していたとのこと。その中にはサイコガンダムと思われる「ブラックドール」などがあった。
ジャアクキング消滅後は理恵と離婚(性格の不一致による)。なぎさが理恵と一緒に美墨家を離れたため、亮太を殺害し自らを怪物化させ「フュージョン」を名乗り地球崩壊を企むようになる。
力をつけるために横浜へ向かうが、偶然見つけた桃園ラブを名乗る少女(他2名)を玩具用として拉致監禁することを企て、「大きなお友だち」になる。しかし、桃園ラブ(他2名)が新鮮でフルーティーなプリキュアに変身したためフルボッコの刑に処される。
命からがら逃げ出した岳は、当時巷で噂になっていた珍獣王国の秘宝「ミラクルライト」を狙いはじめるようになるが、ようやく見つけた珍獣王国はもぬけのカラであり、「プリプー」と鳴く奇妙な珍獣が一匹暴れていただけだった。
いわゆる「プリプー」から「ミラクルライト」を奪おうと考えた岳は「プリプー」を襲撃するが、「プリプー」の「サイコキネシス」によりインポになる。
その後の消息については不明だが、噂ではニューハーフになったとのことである。
美墨理恵
なぎさの母親。亀仙人の弟子である牛魔王の娘。
少女期に岳と会う。後に彼の妻となり、なぎさや亮太を産む。
ムーンレィス人女性の中では月面最強の実力を持つ戦士で、3人の仲間とともにクロスファイトをしていた過去がある。
『西遊記』の羅刹女(中国では「鉄扇公主」と称される)に当たるが、少女誌向けに牛魔王の妻という設定を娘にアレンジしている。
昔は彼女も「なぎさ」であった。
美墨亮太
なぎさの弟。とてつもなく気持ち悪く、ある大柄な女性をストーカーしている山里亮太の名前の由来でもある。
まろん達のクラスメイトで、クラス委員長。まろんのことが好きで最初は非常に気が弱く陰気くさかった。弱味につけこまれザケンナーに利用されたが、プリキュアの言葉に救われて前向きな性格へと変わった。
雪城さなえ
ほのかの祖母。実は謎の多い人物である。
正体は地球育ちのサイヤ人で、サイヤ人名はカカロット。本作品の影の主人公。
赤ん坊の時に侵略目的で、地球に送り込まれ、頭を強打して穏やかになり、様々な出会い、様々の師の元での修行を経て、夫や息子や孫にも恵まれ、地球の平和を守る為、数々の強敵と戦った。サイヤ人名の由来はニンジンを指す英語「キャロット」をもじったものとされるが、『西遊記』の孫悟空が生まれた地「花果山」もかけてあるのではという意見もある。
雪城太郎
ほのかの父親。妻とともに海外でアートディーラーを営む。
雪城文
ほのかの母親。ウホッ!!革命を提唱することとなる。人間の女をベースにした人造人間。永久エネルギー式。太郎と結婚して準レギュラーとなる。17号は双子の弟。
忠太郎
雪城家の飼い犬で、オスの雑種。ゲイ。『サウスパーク』に登場するスタンリー・マーシュの愛犬であるスパーキーの遠縁。
犬は仮の姿であり、実は悪の科学者(マッドサイエンティスト)。プリキュアが世界最強だと知り、世界征服のためプリキュア打倒を目指す。悪のロボット・エピオンとトールギスⅡを製作しプリキュアに挑むが、敗北。物語後半では自らをサイボーグに改造しラゴゥとなるが、飼い主に破壊され死亡。最終的にネジとバネが1個ずつという姿になってしまう。最終回では幽霊となって登場する。
『プリキュアアルティメットスターズ』では、初老の忠太郎と、忠太郎が搭乗する忠太郎専用ムラサメが出てきている。これはサンライズが本作のために描き下ろしたものである。
幽霊になった忠太郎は、その辺の百足に取りつき「なぜかイケメン」の化け百足として復活を遂げるが、惚れ込んだやつは漫才好きの星野健太(男)だけだったという悲惨な目にあう。一応その辺のプリキュアを名乗る5人組(他1名)と戦ったのだが、戦うのが虚しくなり海底でひっそりと眠ることに。最近の都市伝説では、とある学園の番長(島本和彦・画)に生まれ変わり少女マンガを描き続けているそうである。同人誌の展示即売会もやってるとか。

[編集] なぎさとほのかを取りまく人々

藤田アカネ
ベローネ学院女子中等部ORIGNAL ZEMI(オリジナル・ゼミ)。なぎさのアクオス部の大先輩で、頼れる姐御肌。大企業でOLとして働いていたが、いつか自分の店を持つ決心をしてたこ焼きの屋台(裏ではハッテン場)を始める。『Max Heart』では『くそみそテクニック』に登場する「う~~ トイレトイレ」で名高いレンガトイレをリニューアルした。
[編集] ベローネ学院女子中等部
高清水莉奈
なぎさの親友で、アクオス部に所属。かなり男子を意識していて、パッションには気を付けている。1.75hydeとかなりの長身。
久保田志穂
なぎさの親友で、アクオス部に所属。鎌倉市の大船に興味がある。言葉を3回繰り返して言う口グセがある。代々木ゼミナールに所属する珍獣吉野敬介の祖先。口癖は子孫にも受け継がれている(子孫の吉野は5回繰り返す)。
やがて月光蝶のコア部分に取り込まれるも、キュアローズガーデンの青いバラの戦士として復活する。が、本人はその宿命を知らない。
中川弓子
なぎさの1年上の先輩で、アクオス部キャプテンを務める。引退後、なぎさを次期キャプテンに指名するが、これはもちろんなぎさとは同じ禁則事項です出身によるものである。
後の作品に登場するソフトボール部部長人気モデルおよび嫁、いや夫、いややっぱり嫁。そしてポルンは孫および姉にして宿敵。
今はなぎさ&ほのかと対抗し、ドキドキしつつ、きゅんきゅんが止まらないらしい。
ユリコ
ほのかと同じ科学部に所属するほのかの親友。メンデレーエフに先駆け、周期表の一部を発見した。彼女がハロゲンの命名者であることはあまり知られていない。亀田和久の祖先。
谷口聖子
なぎさとほのかのクラスメイト。名前から連想できるよう、あの谷口ネオむぎ茶の祖先である。
[編集] ベローネ学院男子中等部(ベローネ帝国軍)
藤村省吾
ベローネ帝国軍四天王の一人で北方将軍。ガーディアンフォース司令官。右頬に傷がある剣の達人で、自らの身長よりも巨大な剣を軽々と振るう。キュアブラックに「狼のような眼をした男」と言わせるほどの闘争心を誇る。
当初の愛機は省吾・ドルマン。後にシールドライガーに乗り換える。
騎士道精神を持ち合わせているものの、高慢で、自らに勝てるものはいないと自惚れと自信に満ちていたが、度重なるプリキュアとの決闘で敗北後、降格処分され、ジャアクキングが正体を現してからはその指揮下に入る。
貴族出身と思われていたが、実はジャアクキングの生体細胞をクローニングした生体予備パーツであり、記憶操作されていた(クローン体である割にはオリジナルであるはずのジャアクキングとまったく似ておらず、クローン施設に並んでいた他の試作クローン体は彼と同一固体をしていた事から推測すると、省吾の姿がジャアクキング本来の姿である可能性もある)。裏切り防止の為、胸には恐らく生まれたときから鉄球型の器官が埋め込まれており、ジャアクキングの意に添わない行動をした場合には激痛を与えられる。また、鉄球を取ると生きていけない。真実を知った後、性格が若干丸くなった。この頃は自分を一人の人間として見てくれるキュアブラックとの戦いに執念を燃やしており、味方であるジャアクキングの攻撃から彼を守るほど。それが原因で幽閉、40話でジャアクキングに洗脳されてブレードライガーで出撃。キュアブラックの回転キックで正気に戻り共闘、死を覚悟して鉄球の呪縛を打ち破る。その後一命を取りとめ、ブレードライガーの正パイロットとしてプリキュアと共に戦う。相変わらず憎まれ口を叩くが、その表情は初期の悪役然としたものからそれなりにヒーローらしいものへと変化していた。キュアブラックの為に無謀な戦いをしようとするキュアホワイトに名前を聞く。彼にとって名前を覚えることは、相手に対する敬意を表す意味合いがあるようである。ジャアクキングと決着を付けるため生身でプリキュアと共闘し、かつて自身との戦いでキュアブラックが見せたそれを髣髴とさせる闘志をもってこれに勝利する。決戦後、己を弄んだジャアクキングへの復讐を成し遂げて虚脱し、抜け殻になるかと思われたが、ほのかの諫言により再び生きる意志を再燃、ベローネ移住計画に協力する。

[編集] 光の園

クイーン
その名のとおり12の顔を持つ天女なまでに穏やかで奥ゆかしい物腰のAIを搭載し、黄金のボディが特徴の女性型巨大ロボットにて本作の最終兵器。ゾロアスター教ヒンズー教におけるアスラと同格。最終回でジャアクキングに道連れにされる形で自分の体内に時限爆弾を埋め込まれてしまい、続編開始直後にその爆弾が爆発し、木っ端微塵に破壊され、自分のボディを構成する部品である「心」「生命」「12のハーティエル」を残骸としてプリキュア達のいる世界各地にぶちまける。それら14全ての部品を集めて彼女のボディを完全に修復させるのが『MaxHeart』の目的。修復後、ラスボスと特撮顔負けのメカ戦を繰り広げる。
長老
クイーンの側用人。
ウィズダム
トヨタエンブレム(米国の場合はレクサスエンブレム)が変な場所にあるオヤジ車。かなりダサい。

[編集] ドツクゾーン(敵組織)

ジャアクキング(邪悪王)
ドツクゾーンを支配する悪の帝王。アゴ吉。名前が分かり易いというコンセプトを唱える。古来の巨人·データンボーの子孫か何かと思われる。姿に似合わず好物はコロネ
ザケンナー(座健奈)
「ゴメンナー」とは運命共同体。名前が分かり易すぎる。個体なら何でも引っ付けるアメーバ。

[編集] ダークファイブ

ピーサード(日佐渡)
怒るとデスピサロに変形する。一人だけ名前が浮いている。ピッチャーもサードも守れない、れっきとしたリューク。カブキマンの異名を持つ。
ゲキドラーゴ(激怒羅午)
その名のとおりキレやすい、ケルベロスの伯父。カンニング竹山の祖先である。
ポイズニー(保井厨弐)
通称は毒姐。元祖プリキュアの女性悪役キャラ。ほのかやマルマロに化けた事もあった。
マルマロに化けた時はスケベな性格となり、学校内で女子中学生の胸を揉んだりスカートをめくったりするという暴挙に出ることが多かった。
浄化された後は、さる美人プリキュアのママンに生まれ変わる。
マルマロ(魔瑠魔炉)
ポイズニーのもう一つの姿。
前述通りのスケベだが、サーベルタイガーの形をした影を操ることでプリキュアを散々痛めつけた実績を持つ。
キリヤ(霧也)
毒姐の実弟。別に鬼にはならない。骨川スネ夫Lの弟でもある。最後は人間愛に目覚め野球部に入部。
イルクーボ(入久保)
ナメック星人の子孫と思われるが触角はない。むしろガーリックJr.っぽい。

[編集] 3つの種

ジュナ
その正体はエリート商社マンこと角澤マン。台風の中にも向かっていく。実はウエスター
レギーネ
火山に投身自殺した。人間の時は気弱だが、怪人の時はやたら攻撃的になる。実はセーラーヴィーナス
ベルゼイ・ガートルード
別名「ティターンズ総帥」。最後はジュナとレギーネを道連れにして自滅した。実はメビウス

[編集] 第二期の四天王

サーキュラス
ストーカー。髪型をビブリスと交換するべきだった男。
ウラガノス
禿げたおっさん。後のブンビーである。
ビブリス
生中継でこっ恥ずかしい告白をされた事がある。髪型をサーキュラスと交換するべきだった女。
バルデス
アントニオ猪木。そしてジャアクキング。そしてアゴ吉。

[編集] 初代プリキュアの番外編

雪城ほのかの祖先である雪代縁が働きたくない男・緋村剣心を働かせるために小岩の下町にて戦う(というか説得する)。中二病
サウスパークという村で美墨なぎさの遠縁であるシェフが小学校で給食を作っている。ジュラシックパークとは別物。

[編集] 共通点

それぞれ異なる路線で展開されているプリキュアシリーズであるが、一応はそれぞれ共通点を持っている。まず、プリキュアで主役を務めるキャラの眼球が真っ赤であること。これは全シリーズ共通であり赤い理由についてだがこれは共産主義に準じたもの。また、もう一つの理由として赤錆になるまで戦い抜くことを求めた結果である。更に、随時ではあるがコスチュームの素材にが使われることも見受けられる。最大使用量は凡そ10トンである。それ以上行くと鉛中毒になりかねないので10トン未満を基準としている。こうすることでより壊れにくく長持ちしやすいようにしてるのだ。

[編集] アイテム

  • ハートコミューン:霊界と通信できる携帯電話のようなもの。
  • 着せ替え変身セット:女児用の他、大きなお友達用にXLサイズまで充実しております。
  • チョコパフェ:幼女をピザデブ化する魔法の薬。ローヤルゼリーみたいなもの。デブ専の需要高し。
  • プリキュアソーセージ:このくらいの太さなら幼女でも咥える練習、及び将来の痛みをなくすために。

[編集] 社会現象

この番組の影響で中学生女子二人で白黒のペアルックで歩く中二病患者(♀×♀)がかなりいたので「テレビなんか見てると馬鹿になる」とは良く言ったものだと思いますよ?

[編集] 関連項目

キャベツ.jpg このアニメ「ふたりはプリキュア」はまだかんたん作画のままです。
作画修正をしていただけるスタッフを募集しています。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語