みどりの日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

みどりの日とは、祝日を減らしたくない日本人たちが4月29日(元「天皇誕生日」)に作った無駄祝日である。が、いつのまにか5月4日になっており、さらに無駄になってる。

概要[編集]

みどりの日の光景
基本的には緑信号みんなで渡れば怖くない
さあ、みんなで緑の書を読もう

かつては天皇誕生日だったのだが、前の天皇今の天皇の誕生日が一致せず、祝日を減らしたくない日本人たちが「みどりの日」と名前を変えて4月29日に存続させた。が、なぜか4月29日は昭和の日になり、5月4日が「みどりの日」となった。そのため、昭和とは何の関係もなくなったが、休日が増えたため、全国の大日本帝国臣民は昭和天皇陛下に万歳三唱をしている。 現在、何とかして「みどり」と関連付けるため、緑化活動、青信号を緑信号と呼ぼう運動、緑の書を読む会など、様々な活動が行われている。

設置についての理由[編集]

日本国は昭和を忘れないように昭和の天皇誕生日を祝日として残す。昭和天皇は自然大きなお友達だったので、名称は「みどりの日」とする。

5月4日に移動した理由[編集]

5月4日に祝日を移動したので上記の理由はすべて崩壊したので、大日本帝国は以下の理由を述べている。

今後の展望[編集]

この調子で休日を増やしていけば、いつかは1年366日毎日が祝日になるであろう。

関連項目[編集]

この項目「みどりの日」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)