みどりの窓口

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

みどりの窓口(みどりのまどぐち)は、JRの駅や旅行会社にある特急列車の切符の販売所で、九州を走る特急「みどり」の自由席特急券を販売するために開設された。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「みどりの窓口」の項目を執筆しています。


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「みどりの窓口」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)

概要[編集]

現在ではJR九州の陰謀により日本全国のJRの駅に設置されているが、九州以外のみどりの窓口の職員はほとんど仕事がないため、近年は旅客鉄道会社全線のきっぷも発売している。ただし西日本旅客鉄道では、発売駅以外からの乗車券・自由席特急券は基本的に発売しない。これはみどりの自由席特急券も同様である。東日本旅客鉄道においては少しでも東海道新幹線などの他社の利益のおこぼれをあずかるため、発売駅からのきっぷはおろか、全国どこの駅からのきっぷも発売する。一方、JR東海では緑色は敵性色であるため「JR全線きっぷうりば」という名前に変更した。「オレンジの窓口」への変更も検討されたが、東海道新幹線の帯が青色であり、オレンジ色の在来線に旅客が移ることが懸念されたため採用されなかった。ただし一部の平和主義的な駅ではみどりの窓口の表記を貫いている。むろん、JR東海ではみどりの自由席特急券を発売しない。 近年では、「指定席券売機」や「みどりの券売機」などと称した無人機によってみどりの窓口の代替が進んでいる。一部の精神科医からは、これによって補充券発券などの職員に対する嫌がらせの機会が減少し、乗り鉄の精神衛生状態が悪化するとの懸念がなされている。 日本から独立している阪急王国近鉄王国の国民がみどりの窓口へ入域する際には査証が必要となる。警視庁公安部外事課によると、これらの国の小学生のうち72%がみどりの窓口について全く知らず、残り25%がみどりの窓口を環境保護啓発センターの一種であるとした。