みのもんた

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「テレビでみのさんが言ってた」
みのもんた について、情弱のおばちゃん
「真のミリオネアはお前だろ」
みのもんた について、クイズ・ミリオネア出演者一同
「みのさん、明日来てくれる…、わけないよね?」
みのもんた について、タモリ

みのもんた(1944年8月22日 -)は、放送界専用に、東京大学生産技術センターで開発された頭が悪いロボットである。名前の由来は岐阜県に存在する地名「美濃文田」である。通称はモン太。本名は御法川 法男(みのりかわ のりお)とかいうらしい。通称や外見から解かるとおり、モチーフは人間ではなくサル。おばちゃんにはとして崇められ神格化されているが、まだカテゴリに入れられていないため本当の神ではない。また、CIA特殊捜査員『まっくろくろすけ』の三代目でもある。先祖は美濃門太夫。

みのもんたに施された改造手術の概要[編集]

  1. 自律神経ホルモン分泌系の改造。睡眠が不要となった。これの副作用で性欲が高まった。
  2. 代謝酵素分泌系の改造。アルコール燃料で活動できるようになった。これの副作用で皮膚が若干黒い。
  3. 声帯加速装置を装備。通常の3倍の速度で言葉を発することができるようになった他、催眠効果を持つ超音波を発することができるようになった。これにより、顔パス能力を得る。
  4. 顔の筋肉に特殊なチップを埋め込むことにより、無敵のポーカーフェイスを獲得。某クイズ番組で挑戦者たちを苦しめる。
どうりで、多くの敵と戦えるわけだ。みのもんた2号って以外と人気ないんだ、へ~。

改造により、頭が悪いみのもんたは休むことなく日夜善悪見境なく敵を作り戦い続けることができるようになった。が、最近はパーツの寿命が来ているのか、オーバーホールを何度も受けてなんとかしているものの、既に型遅れになりつつある。最近ではズル休みをして手下である柴田秀一に代役をやらせたり、不適切な発言の責任を同じ彼になすりつけている。一時期みのもんたが二日酔いで番組に出演しているとの悪質なデマが広がったが、これは、ずっと酔っ払い続けている本人が、3日に1度はしらふであるとの印象を視聴者に植え付けるために意図的に流したものである。

問題点[編集]

試験的に作成されたロボットであり、現在も所々にソフトウェアのバグ(特にみのもんた2号)が見られる。当然のことながらソフトの改良が進められているが、現在のところ、特に顕著なバグは次の通りである。

  1. 自律的思考の欠如 - 自分で考えて行動することができず、放送局の裏方さんが作ったフリップを読むことしかできない。したがっておばちゃんたちが「バカなモン太は出来の良いロボットね」と考えるのは大きな間違いである。しかしその一方でモン太の思考能力は10歳程度(人間で例えた場合)で現在と同じ段階に達していたというから驚きである。
  2. 謝罪機能の決定的欠落 - 放送局が不二家の賞味期限切れチョコレート問題を捏造した際、モン太は「不二家には廃業して欲しい」などとさんざん悪態をついた。しかし「自分も放送局の被害者だ」との思い込みをするバグにより、一切謝罪をせず、散々週刊誌の袋叩きにあった。結果的に放送局がモン太の尻拭いをすることになった。
  3. 銀座·ゴルフでの豪遊 - 東大では、芸能界には不可欠な両要素を盛り込んだのだが、機能を過剰に造りこみすぎたため、一晩100万と言われるほどの豪遊を繰り返しており、東大、放送局両サイドは頭を痛めている。
  4. 価値基準が多くの人間とは違うのか、他人にとってはどうでもいいことでも、大事なことだととらえてしまい、「大事なことなので2回言いました」or「非常に大事なことなので5回も言っちゃいました」と言いながら延々と面白みのない話を続けられる。
  5. 痴漢の疑いがある。
  6. 自身のツイッター開始後、2ツイート目で自衛隊をディスり大炎上。自殺行為の傾向がある。

みのもんたの敵[編集]

  1. 日本共産党と全労連。
  2. 社会民主党。
  3. 民主党 - 要するに、自民党以外 理由:自民党がお友達だから(水道メーターの件)
  4. 勉強をする時間の中高生。
  5. クイズ好き。
  6. QRヘビーリスナー。
  7. 動物好き。
  8. 安倍晋三をきらいな有権者。
  9. ペコちゃん。
  10. 島田紳助
  11. 週刊新潮
  12. 週刊文春
  13. 普通の人B

みのもんたの名言[編集]

  1. 「廃☆業☆し☆ろ」は励ましの言葉です。
  2. 大事なことなので2回言いました」or「非常に大事なことなので5回も言っちゃいました」は大抵誰も気にしない話をするときに使われます。
  3. 「バカヤロー!!!!!」は逮捕された次男に対し会見で発した怒号ですがバカ発見器などでは「お前が馬鹿野郎だ」などと批判されます。

主な出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

闇の殺し屋として[編集]

ある時は水道関係の社長、またある時は多忙な人気司会者、その実態は法で裁けない悪を懲らしめる合資会社必殺死置人の社長である。先述通り、この会社では法で裁けぬ悪を依頼者の代わりに悪党を懲らしめるという度を越え殺してしまう恐ろしい事業をしている。当の本人も必殺技に「ズバっと鎖ガマ」を持つ死置人なのだがタレント業を副業しているため中々死置が出来ておらず全く役にたたない。その代わり、芸能界で活動するタレントの中にも死置人の社員が混じっているためコイツらにやらせている。殺されたターゲットは翌日のニュースに取り上げられるが物的証拠はどうなっているのか?それはみのもんたがどーにかするでしょ。

依頼方[編集]

依頼方法はどっかにいる調査員に大門と名乗る温水によく似た人がいるのでソイツを探し、この人に報酬とターゲットの処刑を依頼する。そして大門が社長・ボスにソレをマンマ伝え、ボス自ら処刑する社員を選別し、報酬に見合った社員にターゲットを処刑させるというもの。もし、あなたが誰かに怨まれていたらどうなることやら…。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「合資会社必殺死置人」の項目を執筆しています。
Wikipedia
海外安全情報
ウィキペディアの「みのもんた」周辺は治安が悪化しているため、渡航の延期をお勧めします。


Hito.png この項目「みのもんた」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)