出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

とは日本語における仮名の一つである。

概要[編集]

「も」は「」に2本の横線を引いた感じである。ただし通常の「し」よりも少し丸っこく、最後のはらいは真上でなく若干内側にはらった方がよい。2本の横線も同じように弧を描くように曲線で書いたほうがよい。

おもな用例[編集]

品詞[編集]

現代の日本語では助詞(係助詞・副助詞・接続助詞)・副詞としての用法があるが、アンサイクロペディアは辞書ではないので詳しい用例など書かない。

なお、「品詞としてのについて知りたければ辞書で見てろ」という文章の下線部は、係助詞「でも」の一部なので注意されたし。

その他[編集]

おしらせ
ゲシュタルト崩壊の危険性
この記事はゲシュタルト崩壊を起こす可能性があります!遺伝子工学の権威、ひよこ陛下殿が身をもって確認しました!!
目に自信がない方、見るのを止めといたがいいとのことです!!!でも、意外に耐えられることが多いそうなので、見てみなさい、とのことでした。
  • も - おそらく水草である。
  • もも - 大抵の場合は果物のことを指すが、場合によっては肉の部位を指しているかも知れない。
  • ももも - 果物の「桃」が他に述べる何かと同様の状態であることを表している。
  • もももも - 「1=2」であるからして「も=もも」であるという真理に行き着く。
  • ももももも - アマゾンの奥地で原住民に「モモ」と呼ばれている果物らしきものを発見したが、DNAを調べてみると我々の知っている「桃」の一種であった。
  • もももももも - 周囲の人たちからは「ももちゃん」と呼ばれている女の子が「私もあれと同じものが欲しい(または同じことがしたい)」という意思表示をしている。
  • ももももももも - 「ももも」という得体の知れない何かと果物の「桃」が現在同じような状態にあることを表している。
  • もももももももも - 周囲の人たちからは「もももちゃん」と呼ばれている得体の知れない女の子が「私もあれと同じものが欲しい(または同じことがしたい)」という意思表示をしている。
  • ももももももももも - 要求を呑んでもらえず、ももちゃん(6歳)の機嫌が悪くなってきていることが分かる。
  • もももももももももも - あの桃もその桃もこの桃も全て最初は藻であったのだという進化論となる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Undictionary Logo Text.png
この記事「」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。