もったいない

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 ケニア出身のおばさんによって提唱された地球環境保全思想につ・い・て・は「MOTTAINAI」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Bouncypotato.gif
この記事「もったいない」は何故か「MOTTAINAI」とネタや題材がダブっています。ダブった題材を扱うのなら、どちらかが遠慮すればいいのに、サーバーの容量を無駄遣いしおって…ああ、もったいない!

もったいない(勿体無い、英:Mottainai)とは、日本における心構えを最も良く表している言葉である。

概要[編集]

「もったいない」という言葉の由来は、ここに書いているとサーバー領域がもったいないので割愛するが、要は「無駄なこと」である。

「もったいない」を題材とした書籍、楽曲も沢山あるが、どれも大ヒットには至らず、どうももったいない気がする。

「もったいない」は3R(リデュース、リユース、リサイクル)の概念を一語で表せて、なおかつ人の気持ちがこもっている言葉として注目を浴びている。なぜなら二語以上で表すのがもったいないからだ。

ああ、こんなに「もったいない」を多用して、もったいない。

ホント、もったいないことが、もったいない。

「もったいない」と叫びたくなるような例[編集]

素材はいいのに太ってしまった人
  1. 近所の店に自動車で買い物に行く人たちを見た[1]
  2. 1UPキノコを落としてしまった[2]
  3. 四暗刻のテンパイだったのに、流局になってしまった[3]
  4. 国士無双イーシャンテンで、場に三枚切れていた幺九牌のを他家が切ってしまった[4]
  5. 皿を運んでいる途中、つまづいて皿を割ってしまった[5]
  6. 風が吹いたのに、桶屋が閉店してしまった[6]
  7. 国家予算をかけたプロジェクトが失敗した。[7]
  8. お金をためて買ったプラモデルが、すぐに壊れてしまった[8]
  9. 最終ホール、残り30cmのパターを外し、パーに終わった[9]
  10. レアアイテムを手に入れた直後、停電が起こった[10]
  11. 100円玉を財布から取り出そうとしたら、手から滑ってどこかにいってしまった[11]
  12. 数学の定期テストで計算ミスをしてしまい、99点だった[12]
  13. せっかく作った料理に客が全く手をつけていなかった[13]
  14. 力を出し切れず、オリンピックの選手候補に落選してしまった[14]
  15. 「このDVD矢沢、ハイビジョンじゃないの?」[15]
  16. スパゲッティをこぼしてしまった[16]
  17. 家具が全て純金製[17]
  18. 戦闘用ヒューマノイドが生殖器を持ち合わせている[18]
  19. 巨大ロボ同士の戦いで街が壊れていく[19]
  20. 秀逸な記事認定が多すぎる[20]
  21. NRV認定記事が多すぎる[21]

例外[編集]

ただし、オペラ歌手は長時間の歌唱のために、エネルギー源を体内に蓄える必要がある。
  1. ^ 砂嵐が吹いていて、とても歩けるような天候ではない。
  2. ^ ノーミスで余裕でクリアできる実力がある。
  3. ^ 流し満貫で得点になった。
  4. ^ 同上
  5. ^ ドジっ娘だったので、萌えを十分に堪能できた。
  6. ^ 自分も別の桶屋をやっていてので、なおさら儲かった。
  7. ^ 北朝鮮のプロジェクトだった。
  8. ^ 接着剤等を駆使し、壊れたのが分からないほど綺麗に修復できた。
  9. ^ 1打差でなんとか優勝できた。
  10. ^ 改造コードを知っていた。
  11. ^ 落した100円玉を必死で探していたら、500円玉を見つけた。
  12. ^ そのテストの平均点は20点程だったため、余裕で学年トップだった。
  13. ^ もう一度使い回すように社長に指示された。
  14. ^ 政府が日本がオリンピック不参加であることを発表した。
  15. ^ ソニーブルーレイだった。
  16. ^ 落したスパゲティを、洗って、別のソースかけたら、元よりもっと美味くなった。
  17. ^ 金の値段が暴落して、純金製の物は庶民でも買える値段になっていた。
  18. ^ いっしょにぴー出来るため、性欲解消になっている。
  19. ^ あなたは建設業者の社長だった。仕事が増えて大儲け。
  20. ^ 全部あわせると、一生笑えるくらいの記事の量だった。
  21. ^ 貴方は管理者で、NRV張りを大いに楽しんでいた。

関連項目[編集]

Bouncywikilogo.gif
この項目を執筆しなかったせいで、ウィキペディアの専門家気取りたちに「もったいない」の項目を先に執筆されてしまいました。ああ、もったいない。
この項目「もったいない」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、まだまだ書くことができるのでもったいないです。より愉快にしてくださる協力者なんていないだろうな……。ああ、もったいない。 (Portal:スタブ)