ももいろクローバーZ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ももいろクローバーZ」の項目を執筆しています。

ももいろクローバーZとは、アイドルらしからぬ変なことをして絶大な支持を得ている国民的インチキアイドル(リーダー・百田夏菜子談)である。本拠地は西武ドーム。

概要[編集]

私たちいま、会えるアイドル!週末ヒロインももいろクローバー Z~っ!m9(・∀・)は2008年に結成された歌って踊るプロレスラー集団で、2012年頃から異常に知名度が上がった。武藤敬司の弟子で、リングでのパフォーマンスを・・・ん?違う?

「ももいろ」と付いているが、お色気はそれほどない。「ちょっぴりセクシー」というキャッチフレーズを持つメンバーがいるが、恐らくあの国民的キャバ嬢集団の中にいれば大したことはない。

「Z」が何を意味するかは不明。お笑い芸人サイクロンZとの関係も不明(←誰やねん)。不明ったら不明である。「絶対元メンバーを後悔させてやる!!」という感じでも無い。Z繋がりで劇場版ドラゴンボールZの主題歌を担当したりしているため、後ろ暗いものではない様子。

ももクロのファンはモノノフ(武人)と呼ばれる5色に色分けされたカラーギャングで、小型のライトセーバーなどで武装しており、非常に危険である。とりあえず色が派手な服を好み、構成員は赤子から後期高齢者までと幅広い。芸人にも多いが、南海キャンディーズの検閲により削除のようなDD(誰でも大好き)と呼ばれる種族も見受けられる。

紅白出場、国立ライブ、そのまた先へと目標を追い続ける姿に、夢を忘れかけた中年リーマンは感銘を受けやすく、挙げ句の果てには仕事そっちのけで応援する本末転倒ぶりを発揮することとなる。

メジャーデビュー当初は6人だったが、これから売れるぞという絶好のタイミングで一人が離脱、もう十分売れたかな? でもこれからどうするよ? というタイミングでもう一人が離脱。それでも人員を一切補充しないらしく、そこらのブラック企業より過酷な環境で働く4人。この次は誰が足抜けするのか? 一人になってもやるのか? 抜け忍狩りには誰を差し向けるのか? 心無い元モノノフのあいだではすでに賭けが始まっているそうな。

当初は「和」をコンセプトにしていたが、時が経つにつれて、和どころか宇宙海賊にも、果てには仮面の軍勢にも。その後、どういうわけか原点回帰したらしく「桃神祭」なるものをやり始めた。と思ったら、それもやめてしまった。コンセプトは特にないようである。

メンバー[編集]

百田 夏菜子(ももた かなこ)[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「百田夏菜子」の項目を執筆しています。
えびぞりジャンプ
  • 赤担当で、リーダーである。だが、アホである。
  • ここぞという場面でリーダーぶりを発揮する。だが、アホである。
  • 天才。いろんな意味で天才。だが、アホである。
  • 一般的には「ももクロといえば赤の子」という認識があり、看板娘的な役割を果たす。だが、やはりアホである。
  • 運動神経がよく、体を背面に大きく反らしながらジャンプするえびぞりジャンプが得意。最高到達点は6mと世界記録保持者であり、名実ともに「世界のももクロNo.1」である。だが、ry)
  • 漢字が書けない。ライブであがる曲は「足れ!」とのこと(トホホ…)
  • 好きな四字熟語は「しりぎれつ」。まさに支離滅裂である。
  • リーダーとして「ちょうじんだいたん」の末、紅白出場を成し遂げたとのこと。まだまだ「臥薪嘗胆」してもらう必要がありそうだ。
  • えくぼは恋の勘違い。はまったら抜け出せない。
  • 北海道の某ゆるキャラに似ているという噂が。うひょ!
  • 二十歳になって、下ネタに対してうひょ顔をみせるようになった。
  • 女優の早見あかりと仲が良く、彼女がらみの話になるとモノノフは泣く。紅白決まったときのブログはヤバかったね・・・
  • 弟くんはかなりしっかり者らしい。まあこんなお姉ちゃんじゃあそうなるか。

玉井 詩織(たまい しおり)[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「玉井詩織」の項目を執筆しています。
  • カレー好きの黄色担当。
  • Q.「天使っているんですか?」A.「ももクロで見た!」←玉井氏のことである。
  • スタイルの良さには定評があり、一目惚れ率が高い。そのせいで一部のド変態が憑りつく。
  • ブログでひよこを飼っているあたりもかわいい。しかし、飽きっぽいので、更新をしない。その後インスタも始めた。しかし、(以下同文)。
  • 昔は渡辺麻友に憧れツインテールにしていたが、結局飽きっぽいのでショートにした。その後もコロコロとヘアスタイルが変わるが、結局かわいいので良しとする。
  • 百田夏菜子が大好きでよく甘えるが、冷たくあしらわれる。このやりとり、見てて癒されます。しかしチョメチョメな関係という噂もあるとかないとか。
  • グルメ細胞を移植された食いしんぼ。食べてる時の幸せそうな顔がかわいい。黄推しはそろそろグルメ番組が来ないかとそわそわしている。
  • スーパーサブ的な役割をこなし、特に流し打ちが上手い。バットをしっかり立ててからのフォロースルーはドミニカの主砲ベルトレ並みである[要出典]
  • 2018年に突如として覚醒し、4人体制になったももクロを支えた影の立役者である。いいかお前ら!もう、かわいいだけじゃないんだぞ!わかったか!

佐々木 彩夏(ささき あやか)[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「佐々木彩夏」の項目を執筆しています。

☆ あーりんです。ピンク担当で、ももクロのアイドルです。あーりんだよぉ。☆

☆ あーりんのこと佐々木ってゆーなー!あーりんだよぉ。☆

☆ 子役のころから出来上がってます。あーりんだよぉ。☆

☆ 最年少だけど仕切ってます。あーりんだよぉ。☆

☆ 運動ニガテで、一人だけ側転できません。あーりんだよぉ。☆

☆ どーんまい♡したらメンバーが吐いちゃいました。あーりんだよぉ。☆

☆ 角煮落として泣いちゃいました(>_<)あーりんだよぉ。☆

あゆが大好きです。あゆだよぉ。☆

☆ ママがとっても厳しいけど、最近は無視してます。あーりんだよぉ。☆

☆ 手汗びちょびちょです。あーりんだよぉ。☆

☆ ソロ曲がコミックソングだらけです。あーりんだよぉ。☆

☆ あーりんが食べたものはかりんとうになって出て行きます。あーりんだよぉ。☆

☆ あーりんはあー

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

高城 れに(たかぎ れに)[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高城れに」の項目を執筆しています。
  • 紫担当。笑顔が1番!れにちゃん!
  • 最年長だが最も頼り甲斐がない。
  • 元リーダー。なぜ降ろされたかについて触れてはいけない。
  • 特技は幽体離脱。お分かりの通り少々変わってます。
  • ピンキージョーンズの「無限くしゃみハクション」とは彼女の特技のこと。良くも悪くも変わってます。
  • チーズを食べ「電車の工事中」「図工の時間」などの食レポを残している。意味不明を通り越して恐怖。
  • 初期の頃は何かが憑依したかのごとくメチャクチャ踊っていて、首大丈夫なの?と心配されていた。
  • 切り抜きを集めるほど舘ひろしのファンだったらしい。やっぱおかしいよね?
  • 自分を綾瀬はるかに似てると豪語する。わからんこともない。
  • ジャケット写真が一人だけ半透明にされたことがある。デザイナーに指示を出したのは川検閲により削除ラ。
  • 恐ろしくスタイルが良いことに関しては、キャラのせいでスルーされがち。
  • 愛猫のぜっとくんにメロメロ。モノノフはぜっとくんにメラメラ。
  • 2013年にメンバーの先陣をきって二十歳に。でもまだまだ先は長い!一生ももクロ宣言をモノノフは忘れないZ
  • 自分推しのモノノフを探し、その人物と目を合わせることで魂を吸いとる。本当に人間? モノノフが高城をのぞく時、高城もまたこちらをのぞいているのだ。

元メンバー[編集]

早見 あかり(はやみ あかり)[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「早見あかり」の項目を執筆しています。
  • 青担当。サブリーダー。
  • でこまゆ」のまゆのほう。
  • パッと見滝川クリステル
  • 正体はポンコツ。『早見あかりのわかんな~い on the Radio』をみるとポンコツぶりがよくわかる。
  • ゆで卵が好きなので、中身は板東英二かもしれない。

有安 杏果(ありやす ももか)[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「有安杏果」の項目を執筆しています。
  • 緑担当。0歳から芸能活動を始める。すげー!
  • 歌の上手さは定評があり、歌番組に出たときは「緑、歌うまい!」とツイートされまくったことも。(ありや~す!)
  • ダンスも上手い。さすがEXILEキッズ。(ありや~す!)
  • 他のメンバーの悪ノリに厳しいツッコミをいれることが多々。
  • でもなんだかんだでぶりっ子的な一面がある。
  • 滑舌が悪い。きしじょうじ。さひしゅしぇしょ。
  • ライブの終わりには感極まって泣いちゃうことも。いや、オープニングでも泣いてるな。
  • 描く絵がトホホ(;´д`)。ゆえに画伯
  • 有安を表す顔文字として(・Θ・)がある。某掲示板の癒しスレキャラとしてひっそりと人気を博していたが、その後テレ玉やフォーク村、本人ブログにも出没するようになったんやで(・Θ・)
  • 某クイズ番組の例の画像などが引用され、ネットではぼっちキャラが定着化。実際にはメンバーと仲良かったんだけどね。

楽曲[編集]

前山田健一氏が楽曲提供することが多いため、「ももクロの曲って変わってるよねw」と言われがちである。だがファンの間では「オレンジノート」や「走れ!」などの俗にいう王道な曲が人気だったりする。(2013年ごろより、前山田氏干され気味である)

某動画によると、ももクロの曲のNo.1は「あかりんへ贈る唄」らしい。まあ泣けるけど。

ライブ[編集]

結局これなんだよね!ライブ!4人から出るオーラというか…輝き?これに心を掴まれるよね!で歌って、で踊る。今の若者は、「一生懸命」を恥ずかしがって、馬鹿にしちゃうところあるじゃん?でもね、この4人見てたら「この国もまだ捨てたもんじゃないな!」って思えるんだよね!あれだけ本気で挑んでるから、こっちも全力で応えたいし、応援したくなる。
基本的に口パクはしない。テレビでも。昔はやってたけどね
ファンによるコールもライブの醍醐味。うりゃ!おい!うりゃ!おい!うりゃ!おい!

以上、モノノフさんからのお言葉でした。※個人の感想です。※効果効能には個人差があります。※あなたの健康を損なうおそれがありますので、入れ込みすぎに注意しましょう。

関連項目[編集]

  • 桃黒亭一門 - ももクロのそっくりさんで構成されたバンド。テーマは「和」。誰だね、どっちも同じじゃねぇかとか言うのは。
  • ゴールデンボンバー - 同じような団体。エアバンドという新境地を開いたとか開かなかったとか。
  • AKB48 - 実は同じレコード会社の仲間。ももクロの赤字を補填してくれるありがたい団体。
  • 恵比寿マスカッツ 私立恵比寿中学 - 下請け。


この項目「ももいろクローバーZ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)