らんま1/2

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「らんま1/2」の項目を執筆しています。

「らんま1/2」(らんまにぶんのいち)は、女性漫画家高橋留美子漫画作品。


スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、アルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプに殺害されることや、アングマールの魔王はホビットメリーと人間の女エオウィンに倒されることや、プリムラはユグドラシル計画で造られたホムンクルスであることや、シオン・エルトナム・アトラシアは吸血鬼であることや、ほしな歌唄と月詠幾斗は実の兄妹であることや、ドルアーガを倒さずにドルアーガの塔の60階に行くとZAPで1階に戻されてしまうことや、イリッチはマルコフの親友で敵側のスパイであることや、ほしのゆめみは大破して動かなくなることや、カイジが真面目な博打で勝ったことがないことや、シャドームーンが実は生きていたことや、あかつき号事件は神同士の戦いであったことや、九条むつみが玖我紗江子であることや、アスパラさんことプリマ・アスパラスの正体は結城ノナであることや、ヒルツとリーゼはフィーネと同じく古代ゾイド人であることや、フィーナ・ファム・アーシュライトの母が探していたのはトランスポートシステムであることや、ローウィンはオーロラによって闇の世界シャドウムーアに変化することや、マザーK市にはもう誰も住んでいないことや、高嶺清麿は一度死んで生き返ることや、初代東京皇帝北条皇斗は西園寺一斗であることや、ローランド・デスチェインは再び暗黒の塔を目指さなければならないことや、アリーシャが三姉妹と融合するも耐えられずに消滅してしまうことや、フォックスリバーエイトのうち死ぬのは3人であることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

目次

[編集] 概要

登場人物の8割が非常識で暴力的で自意識過剰な変態(今で言うヤンデレ)であることで有名な格闘ラブコメディー。コミックは全38巻。アニメは全161話でDVDは全44巻。他にもOVAや映画もある。現代では「シンデレラ・ボーイ」(モンキーパンチの漫画)をオマージュしたと言われている。「うる星やつら」「めぞん一刻」と完結篇がアニメ映画で作られたうえに「犬夜叉」はテレビアニメシリーズで長々と完結篇を作ってくれることになったが、らんまについてはアニメ版の完結篇製作の声は一向に聞こえてこない。このままアニメ版らんま1/2が未完の作品となるのはもはや確定的といわれる。

[編集] ストーリー構成

らんまとあかねは、許嫁という位置づけで、ゆくゆくは結婚し、子作りに励むことが約束されている(そうでなければ、らんまはただの寄生虫の他なにものでもない。) 常時、他人の家に押しかけ、破壊しまくるというキャラクターが多くを占めているため、するのに1分も要さない接吻ですら、邪魔が入り未遂に終わるので、交接などもっての外 であろう。もし、両者が性欲を抑えられずに、やりだしても、交接中に、良牙や、シャンプー、右京が押し掛けるという、何とも気まずいシチュエーションになることは想像に易い。 早雲や、パンダは、自分の交接のときの快感を知っているので、らんまにもそれを味わわせようと、あかねに夜這いすることを奨励している。また、密かに夜這い(未遂)を覗いたりするなど、すっかりパンダは裏ビデオを作成することを愉しみにしている。らんまも本心は、あかねを犯して、あかねも犯されたい願望を秘めているが、前にも述べたとおり、非常識な知り合いが常に押し掛けてくる危険があるので、動物の本能(身の危険が迫っているときに交接はしない)に従って、なかなか実行に移すことができずに作品は終結している。

[編集] あらすじ

高校生探偵格闘家の早乙女乱馬は、隣に住んでいる発明家の阿笠博士父親の玄馬と共に中国の『呪泉郷』での修行の途中、乱馬は『娘溺泉』に落ちてしまい、体が縮んでしまった女になってしまった。その後許嫁の天道あかねのいる天道探偵事務所道場に居候する。乱馬は三脵も掛け持ちしてしまいいつも幸せでした。おわり。、あかねがそれを嫉妬する一方、あかねも三脵掛けていたりするなど四角関係が多い中、乱馬はあかねと恋仲になるが、妖怪奈落により二人の仲は引き裂かれ、共倒れしてしまう。結婚しようとするが邪魔が入り、結局できなかった。

[編集] 主な登場人物

チャールズ・M・シュルツの有名な漫画、「らんま1/2」の場面に乱馬と良牙は生活について話し合う。
早乙女乱馬(さおとめ らんま) (CV:乱馬・山口勝平、らんま・林原めぐみ)(実写:乱馬・大西賢示 賀来賢人、らんま・はるな愛 夏菜)
本作の主人公。呪泉郷で「娘溺泉」に落ちて以来、水を被ると女になる体質になった畜生にも劣る下衆野郎。16歳の所謂糞ガキだが、天道家に寄生する前は父親公認の不登校であったというありえない過去を持つ。そのため学力は以下。見た目は変態中身は猿というキャッチフレーズはこのことに由来する。かなりのナルシストで例え殺されそうになっても女性だけは殴らないと言う行き過ぎたフェミニスト(但し蹴りはする)。男性時にオナニーをすると変身後に妊娠(自家受精)する恐れがあり、常に賢者タイムを強いられる可哀相な人。そんな自分に萌えを感じて再びオナニーに耽ようとしてそれを必死に堪えるということを繰り返しているため本当に始末が悪い。但し女性時はやりたい放題である。そう考えると羨ましい限りである。男の性欲に女の快感を持ち合わせたある意味究極の生物である。
究極のツンデレ好きで、自分もツンデレという、日本人(特に男性)の潜在的欲望を顕わにしたキャラクターである。
自称格闘の達人で武道家。格闘と名の付く物に負けたことが無いと自慢するも、実際には何度も敗北しており、彼はそれを格闘ではなく喧嘩取っ組み合いだったと都合よく解釈するため、無敗であると思い込んでいるようで、誇大妄想野郎という憎めない一面も持つ。しかし、格闘についてはそれ相当の力を持っており、マリオのように10m以上ジャンプしたり、半殺しにされてもすぐ回復する訳のわからなさが彼の持ち味でもある。(この能力はコメディーに分類されるこの作品の特性のような物である)素手で鉄板を曲げたり、神経が熱さを感じる前にパンチを繰り出せたりと超人的である。無差別格闘早乙女流二代目。趣味は格闘と言っているが、女体化してパフェを食べたり、女性に対してうぶな良牙を誘惑して弄ぶなどと言った変態的な行為も度々行う。しかしこういった変態行為が一番の彼の生き甲斐なのでどうしようもなく周囲もさじを投げているのが実情である。オカマと言うと激怒するが事実である。但し変質者と呼ぶと非常に喜ぶ。嫌いなため猫を見ると異常に怯え全裸になる。時には失神して童貞になる。猫への恐怖が最高の状態に達すると発情し、猫真似をする。しかしあくまで中身は猿なので注意が必要(猿の癖に猫の真似をするのは一人前の変態とはいえないという声もある)。これは「猫拳」であると周りから都合よく解釈される。しかし猿以下の知能なので周りの言葉が全く理解できない。つくづくこうなりたくないものである。
男性時はなかなかのいい男で、女性時は良牙曰く「思わず抱きしめたくなるような可愛らしい姿をしている」。「見た目は変態中身は猿」とはよくいったものである。そのためもてるが、彼(彼女)に好意を持つものは皆変態であり、自意識過剰。暴力的で非常識であるため、ある程度常識人である乱馬は度々半殺しリンチ、一方的に暴行を受けたり、無限の彼方へ蹴り飛ばされたりと悲惨な目に会う事が多い。しかし良牙同様Mの変態なので心からそれを楽しんでいる。
女体化した姿は、作中のセリフ等から全登場人物で一番美人で可愛いと思われる。そのため男性からはセクハラを数多く受け、男に無理やりファーストキスを奪われたりと何度も酷い目に遭い、その度に童貞になっているが、女湯女子更衣室に侵入したり、たこ焼きを一つおまけしてもらったり、良牙をからかえたりと利点も多く、なかなか気に入っているようである。
女体化を治す為、溺れると男になる「男溺泉」を探すが漫画の趣旨をある程度理解していた為、何度も入る機会を逃してきた。しかしこれはあくまで世間体を考えた建前であり根っからの変質者である彼は本当は死ぬまで今の体質のままでいたいと思っている(また、「決戦桃幻郷!花嫁を奪りもどせ!!」では、あかねに「そのままでいい」と言われたのを盾にして、本音を言っている。)。ちなみに、男溺泉や娘溺泉は、年齢を固定する能力があると思われ、水を被ると高校生ほどの年齢になる、別の世界では成分を抽出し錠剤にすることに成功、乱馬=工藤新一犬夜叉とらんま=灰原がそれぞれ飲まされた模様。
天道あかね(てんどう あかね) (CV:日高のり子)(実写:新垣結衣)
ヒロインであるが強気で短気。しかも感動する程、頭が悪くて不器用、貧乳で寸胴。乱馬曰く「可愛くねぇ、色気がねぇ。」だがツンデレなので、可愛いと思っている天道あかねより女乱馬の胸が大きいことを自己嫌悪しているのが正解。一応、乱馬の許婚だが実は彼女も処女である。
ツンデレ(むしろヤンデレ)・貧乳・許婚というヒロインにありがちな属性満載だが、アニメ放送当時はツンデレに相当する言葉が無いため「天邪鬼(あまのじゃく)」とされている。
青春を格闘に捧げ、日々特訓に明け暮れている割に格闘能力は低く、片手で逆立ちして本を読む乱馬に本気で攻撃して一発もかすらない。料理は人を殺れる。彼女はそう豪語しており、いかに一般家庭の食材から、殺人料理を作り出せるか研究に勤しんでおり、その成果をらんまや良牙で披露…もとい人体実験をすることもある。それを食べると吐き気や腹痛や頭痛などの症状に見舞われ、酷い場合は失神する。これらは、らんまや良牙などの体を鍛えた人間であるからこの程度で済んでいるのであって、普通の人が食べると、禁則事項です
らんまの秘めたるマゾっ気を理解しているので、致死寸前まで殴打する、何処からか木づちを取り出し顔の輪郭線が歪むまで叩き伏せる、顔面を潰す、相手を空の彼方に蹴り上げたりすることもあるが、必ず半殺しや顔が凹むまで殴る程度に済ますという心優しい一面を持つ。もちろん乱馬がその気になれば全部かわされてしまうがワザと殴らせている。暗黙の了解によるSMプレイは常人には理解できない愛情表現であるが、将来のおしどり夫婦なんだと思う。
なお、初登場時はロングヘアだった。途中で事故によりショートヘアになったのは作者の過去の人気作「うる星やつら」「めぞん一刻」のヒロインが共にロングヘアだった為、キャラが被って、インパクトが足りないという理由だけで急遽、女性の命でもある髪を本人の意思に関係なくばっさり切り落とされたという悲しいキャラクター。しかも髪を切られた後は凶暴な一面がより強調されるようになった。
また、髪の毛の色が姉のかすみやなびき、父親の早雲と違うため実は三人と血の繋がりはない。又は母親が別の男との間に作った子供である。
あかね=桔梗である。
響良牙(ひびき りょうが) (CV:山寺宏一)
豚野郎。子豚。Pちゃんと呼ばれる黒豚。本作品で数少ない常識豚だが、やはり妄想癖があり、常軌を超えた方向音痴豚。
自分の家すら解らないため、放浪の旅を続ける豚。そのため不登校豚である。お湯をかぶると人間の男になる。
初登場時、らんまとあかねに陰部を抵抗するも見られ、Mに目覚める。その性癖を生かし、自分にダメージの来る爆砕点穴(≒フタエノキワミ、アーッ)を習得した。
もてないので、女性に対して耐性が無く、裸の女らんまを見て鼻血を出したり、ちち丸出しや、や許婚、メイドの格好のらんまにからかわれたりする。あかねに好意を寄せているため、あかねの料理を食べたときに、うまいと言ったが、死相が出ていた。乱馬のライバルであり、格闘能力は乱馬と大体は互角。らんまの関係者以外に友達がいない。
良牙の許婚を名乗った変装した乱馬を強姦しようとしたことがある。他にも女らんまと良牙の関係は、恋の釣竿の回や鏡の中の女らんまの回など数多く、「女らんまに殴られるのに興奮しているのでは?」との説がある。
途中から格闘スタイルを奇妙な技に切り替えたが、初期に愛用していた無限バンダナや切れ味が異常な番傘とベルトは何だったのだろう。
パンダに料理にされそうになったこともあった。
珊璞(シャンプー) (CV:佐久間レイ)
彼女も100年経てばこうなる
考え方が狂っている中国娘。狂気としか言いようが無い。女傑族なる戦闘部族であり、決闘でらんまに敗北して以来、らんまを殺そうと青龍刀と巨大な鈍器を振り回し、町中を破壊しまくったが逮捕されなかった。らんまが男と知って以来、好意を抱くが、毒キノコで暗示をかけたり、赤い糸で洗脳したりと目的の為には極悪非道の限りを尽くし、邪魔者は殺すとさらりと公言した危ない女である。戦闘能力は女傑族最強と言われているが、乱馬に一秒で負けた。水を被ると猫になる。髪の毛の色が違うがラムちゃんに似ている。異次元では、パン工場のバイトをしている。
久遠寺右京(くおんじ うきょう)(CV:鶴ひろみ)
通称ウッちゃん。本作の中ではまだ常識人だが、熱狂的なお好み焼き職人であり、お好み焼きを焼かないと気が狂う。自分のお好み焼きの味は世界一と自我自賛するが、お好み焼きにセメントを混ぜて相手を攻撃したりと明らかに食べ物を粗末にした、お好み焼きをわざわざ使った戦い方をする。お好み焼き職人失格である。
神奈川県出身の関東人がにわかに演じているようなエセ関西弁を話し、元祖関西風お好み焼きと自称するが、どう見ても広島風の作り方であるなど、出自に怪しい点が満載。
劇場版では一人だけ裸エプロンで登場するなどやりたい放題である。
許婚の約束をしておいて自分を捨てた早乙女親子を殺すために乱馬とあかねの学校に転校して来たが、乱馬に再び惚れる。お好み焼きを使った戦闘能力はシャンプーに匹敵するが、彼女はお好み焼きの特訓をしていただけである事から、女傑族の戦闘力の低さがうかがえる。
沐絲(ムース) (CV:関俊彦)
シャンプーの幼馴染であり、自称「シャンプーの婿になる男」。髪はセミロング。服は白い学ランみたいな服。眼鏡を外すと豚のぬいぐるみと人間を間違える程の行き過ぎた近眼である(一説には何も見えていないのではないかとも言われている)。それなのに自ら眼鏡を外すことが多い。3歳の時にシャンプーに格闘で敗北し、それ以来思いを寄せるシャンプーに何度もプロポーズをするも、女傑族の掟(とその他、色々な理由に)より拒否される。何百と言う種類の暗器使いの達人でだが、主に使うのが「おまる」であり、おまるで攻撃する時はあらゆる相手を攻撃できるのに、刃物や鈍器で攻撃する時は全てかわされるという作品の趣旨を唯一理解して空気を読んでいる男。水を被るとアヒルになる。卑怯で執念深く自意識過剰であるにも係わらず、シャンプーの性格が更に酷い為、「割といい奴」的な見られ方をされるラッキーボーイ。格闘センスは、乱馬には及ばないが、シャンプーに対する執念深さから乱馬を追い詰めた(と言うよりドン引きしていた)事もある程で、シャンプーよりはるかに強いとされるが、乱馬に次ぐやられ役で、その力は発揮されることは滅多にない。俗に言う憎めない奴。恋愛にストレートな性格と、一途さ、不幸さや『決戦桃幻郷!花嫁を奪りもどせ!!』でのトリスタン戦での影響からか人気も高い。
九能帯刀(くのう たてわき)(CV:鈴置洋孝) (実写:永山絢斗)
変態で自意識過剰な兄貴。らんまとあかねに思いを寄せるが、あまりにストレート過ぎて、抱きついては蹴り飛ばされるというのはお約束。自己紹介が得意な剣道部主将。「風林館高校の蒼い雷(いかずち)、久能帯刀、17歳。」と自称する。
風林館高校一の変態であり、乱馬が転校して来るまで最強と呼ばれていた。らんまの事をおさげの女と呼ぶが、おさげの女と早乙女乱馬が同一人物であることは知らない為、乱馬にいいように利用されている。
九能小太刀(くのう こだち)(CV:島津冴子)
変態で自意識過剰な妹。常時レオタード姿で、格闘新体操のエース。やってる事は兄貴と大差が無い。もし彼女が兄貴と同じく風林館高校の生徒だったら、同高校は今よりも病んでいただろう。
乱馬を慕い、クッキーや料理を振舞うも痺れ薬や眠り薬を仕込んだり、合成写真で乱馬を脅す等、ほぼ犯罪者な女。オーッホッホッホと高笑いする姿は、全員から不気味がられている。兄貴と同じく、おさげの女と早乙女乱馬が同一人物とは気づいていない。
早乙女玄馬(さおとめ げんま) (CV:緒方賢一)(実写:古田新太)
ハゲ。乱馬の父親。無差別格闘早乙女流の初代。貧乏な為、ケチでせこい。その上いい加減な為、トラブルメーカーの一人。100円みっけと言うと真剣勝負の最中でも地面を這って探す。
水を被るとパンダに変身する。パンダの姿が気に入っているらしいが言葉を喋れないため、プラカードに字を書いて話す。字を書く早さは敏速で、プラカードを回転させると既に次の文字が書いてあったり、1秒で長い文章を書いたり、プラカードを大量に出したりするが、どこに隠しているかは謎。ちなみに、玄馬=阿笠博士=冥加。
早乙女のどか(さおとめ のどか)(CV:池田昌子)
乱馬の母親。常に日本刀を持ち歩き、公衆の場で抜刀する危険人物。銃刀法違反である。
乱馬を修行の旅に連れて行く代わりに玄馬がした約束は「乱馬を男らしく育てれなかったら切腹。」というもの。
久々の乱馬との再開がセーラー服を着た姿だったため、本気で自害させようとした。
旦那がいない10年以上もの間、どうやって生計をたてていたのかは謎に包まれている。むしろ、旦那がいる間も謎に包まれている。
天道なびき(てんどう なびき) (CV:高山みなみ)(実写:西山茉希)
天道家三姉妹の次女。かなりドライな性格で、九能も手玉に取る。金の亡者であること以外はまともである。自ら「私はお金の奴隷」と公言した。女王様気質で身内からも平気で金を取るなど、基本はマイペースでクール。中の人的には、なびき=江戸川コナン、乱馬=工藤新一なので、なびき=乱馬という驚愕の事実が導き出される。
また実写で演じる西山茉希も、早乙女乱馬ならぬ早乙女太一を相手にフルボッコになり、リアルK-1で惨敗を喫した。
天道かすみ(てんどう かすみ) (CV:井上喜久子)(実写:長谷川京子)
天道家三姉妹の長女。おっとりしすぎており、逆に不気味。天道家の家事全般をこなす。誰だザ・ボスって言った奴!!消されるぞ!!
天道早雲(てんどう そううん) (CV:大林隆介)(実写:生瀬勝久)
無差別格闘天道流の天道道場の道場主。アニメ版では門下生が一人もいないためほぼ無職で固定収入が無いニートである。天道家家長で三姉妹の父。涙もろく親馬鹿。将棋をする時、「ビンゴ」と言ったり、ルールを理解しているのか不明。
たまに妖怪化したり、巨大化したりする。
乱馬とあかねを結婚させようとするが、法律上乱馬が16歳なので結婚できない
小乃東風(おの とうふう)(CV:三ツ矢雄二)(実写:谷原章介)
天道家の近くにある小乃接骨院の先生。あかねの初恋の相手だが、あかねの姉であるかすみに惚れている。本人はそれを秘密にしているらしいが、かすみの前では緊張の余り発狂し、骨格標本とダンスをしながら町内一周という罰ゲーム並みの恥ずかしい行為を自ら進んで行う変態と化す
漫画やアニメでは途中で出番が殆ど無くなった。高橋留美子作品に見られる最終回の全員集合の見開きに忘れられたほどである。
アニメ終盤では思い出されたかのように無理やり登場し、一瞬で、動いている相手の「行動を封じるツボ」を押すと言う神技を披露した。そんなことされると誰も勝てないじゃん。
八宝斎(はっぽうさい) (CV:永井一郎)
「八宝斎のやつ、いたずらばかりしおって!けしからん!」
八宝斎 について、磯野波平
玄馬と早雲の師匠だが変態である。下着泥棒や覗きや泥棒痴漢など犯罪行為を繰り返しても逮捕されないが、300年以上生きていると言われているので、司法で裁きようの無い非人間(妖怪)の類だと思われる。女らんまにセクハラを繰り返すことから、乱馬を女体化体質にした黒幕ではないかと専らの噂である。八宝大華輪と言いながら爆弾を投げる危険なテロリスト。しかし、ムースと同様に空気を読むことが出来るので、大好きな女体は触るだけで、それ以上はしない。放送コードを守るためである。下着は基本的に洗って干してあるものを盗み、自分でもせっせとアイロンがけする等大事に保管しているので、最大限良心的に解釈すれば「カワイイものが大好きなお茶目なおじいちゃん」と言えないこともない(わけねーだろ!)。
可崘(コロン) (CV:麻生美代子)
シャンプーのひいばあちゃんらしいが、300年以上は生きている。いつ子供を作ったのかは不明。
火中天津甘栗拳や飛竜昇天破などの数々の強力な技を乱馬に伝授した。八宝斎とは昔の因縁があり、「ハッピー」「コロンちゃん」と呼び合うが基本的に仲は悪い。八宝斎の回想では、若いころはかなりの美人だった。ちなみに中の人はそれぞれハッピー=磯野波平とコロンちゃん=磯野舟である。
九能校長(くのうこうちょう)(CV:仁内建之
乱馬たちが通う風林館高校の校長だが、生徒に嫌がらせをするのが趣味という変態校長。帯刀と小太刀の父親で、この親にしてこの子ありを地で行っている。登場する前はハワイで教育視察をしていたため常にアロハシャツを着て、ウクレレを持っており、頭からヤシの木が生えている。生徒にハワイのお土産と称して爆弾を渡すテロリストである。また、生徒たちに変な校則を押し付けるとんでもない校長である。最後は自らが雇った二ノ宮ひな子にぶっ飛ばされてジ・エンド。
パンスト太郎(ぱんすとたろう)(cv:古本新之輔
八宝菜に呪泉郷史上最悪の泉牛鶴鰻毛人溺泉に産湯をつかされた上、パンスト太郎というDQNネームをつけられたかわいそうなやつ。そのためか性格が歪んでおり、乱馬との友情は5秒も成り立たない。
二ノ宮ひな子(にのみや ひなこ)(CV:冬馬由美
校長が乱馬を倒すために雇った教師。担当科目は英語。見た目とは裏腹に不良校を三つも制圧した上に八宝斎を一撃で倒す技を持っているが、性格が子供である。
呪泉郷に入った訳ではないが、闘気を吸うと大人になったり子供になったりする変身、もとい変態教師である。よくドラえもんのお面を着けている。

[編集] 関連項目

Uncyclomedia Commons.png
アンコモンズに、らんま1/2に関するガラクタがあります。


日暮かごめよ。四魂のかけらはまだ全部集まってないの。
奈落が集める前に私たちが残りのかけらを集めないとね!
犬夜叉「ところで、“あんさいくろぺでぃあ”って何だ?」 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語