出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

(るん、英:Lung)とは日本語をひとつにまとめた字で、「るん」と読めばいい。 まぁドイツ語で「s」が二つ続くのを「ß」と書くようなものと思えばいいのではないかと。

概要[編集]

古墳時代あたりに来日した電波と呼ばれる渡来人の多用する語尾を表記するために作られたとされる。 彼らは、語尾に「~るん」を付ける癖があったため、それを手軽に表記するための記号として「ゑ」が考案されたといわれている。

語法上の扱い[編集]

文法上は助詞、すなわち単語として扱われるため、複数の語句に跨る「るん」には使うことはできないとされている。具体的には「そこにあるんだけど」と言うのを「そこにあだけど」としてはいけないとされている。この例で言えば、「ある」と「の(ん)」が別個の単語であり、「ゑ」が複数語に跨った表記となってしまうからだ。

発音[編集]

正しい発音は「るん」だ。発音上特別な決まりはなく、単純に「るん」と発音すればよい。 しかし、文字が「恵」にちょっと似ていると言うことからか、「え」と発音する者も少なくないが、これは全く字の由来を知らない者による俗説としかいいようのない誤りだ。

注意[編集]

この文字は平仮名のみであり、カタカナは存在しない。 従って、「佐々木るん」は「佐々木」と表現可能だが、「花の子ルンルン」では「花の子ゑゑ」と平仮名で表記するか、この文字を使う事を諦めなければならない。なお、日本語が苦手などっかの毛唐が作ったIMEだとなぜかという文字がカタカナとして出てくるが、これは「エ」の別表記であり(例: ビスビール)、「るん」とは全く関係がない

さらに厄介なことに、この「ゑ」を「るん」と発音せずに「」とか「うぇ」とか発音する者がいるばかりか、これは本来や行のえに置かれるべき文字という異端説を唱える者まで存在する。たしかに古典の文献には似たような字が出てくるが、「るん」とは全くの別字だ。「え」とか「うぇ」とか「Ye」とか発音する人ははっきり言って古典オタクだ古典の読みすぎだ

関連項目[編集]

カタカナに使ってはいけないと言っておきながら、ほぼカタカナの事例しか思いつかないことについては察しろ。

この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)