出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

」とは、「」と「」の二つが組み合わせてできた、文字である。よって読み方は「ちと」となる。そしてここからの文章は、昔の日本人の苦労ちと知ってもらうように「を」ちと「ちと」と表記する。

概要[編集]

これが「を」である。一見変態には見えないが…?
これがトランス状態の「を」である。複数の男女がまぐわい、快感の海に溺れている様子が見て取れるだろう。画像が小さいから文章が読みにくいだって?四の五の言わずにポイントすりゃいいじゃねえか。

古来日本では、「ち」と「と」ちと連続して使用する文章の構成が多かった。なので古来の日本人は「二文字だと面倒くさいから一文字にしちゃってよくね?」と常々思うようになり、そんな安直な考えから誕生したのが今回紹介する「を」なのである。

そしてこの「を」であるが、実のところ誕生当時は変態であったことが有名で、現代ではその姿ちと拝める機会はなかなか無い。一応参考の画像ちと貼っておこうと思う。

文字が小さいので本当に「ち」と「と」が組み合わさっているのか、疑問に思う方々もいらっしゃるだろう。というわけなので下に特大版の「を」ちと貼り付けておくので、ディスプレイにが空いてしまうほど見つめていただきたい。

Japanese Hiragana kyokashotai WO.png

いかがだろうか。え?見つめすぎてゲシュタルト崩壊ちと起こしたって?それは大変、すぐ精神科に診察ちとしてもらいましょう。万一、回復困難と見なされてしまった場合は首ちと吊ってしまうか、自宅警備員になる他、は残されていません。

「を」の書き方[編集]

  1. 「ち」ちと書く。
  2. 「と」ちと先ほどの「ち」に重なるように書く。

「を」ちと書くときの注意点は二つだけ。逆にいえばこれらの注意点ちと守らなければ、美しい「を」ちと書くことはできない。

  • 「ち」の二画目は、途中で下に向かっていくように書く。タイミングは上の特大版「を」ちと参考にしてほしい。
  • 「と」は二画目のみちと書き、「ち」の二画目が少しだけ飛び出るようにする。


「を」から始まる言葉[編集]

無いと言いたいところだが、をことてんがある。


関連項目[編集]

Undictionary Logo Text.png
この記事「」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。


この項目「」は、執筆者がクラックちとキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者ちと求めています。さぁ、これちと見ている貴方(貴女)も、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ) (Portal:スタブ)