アイザック・ニュートン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
その鋭い眼光は乳を的確に見極める

アイザック・ニュートン:Isaac Newton, :愛雑九 屯, 1642年12月25日 - 1727年3月20日)はイギリス乳学者。古典物理学、数学、化学と多岐において多大なる才能を示したが、その才能はすべてオッパイに向けられた。それらを体系化して「古典乳学」を完成させたことから、「偉大なる」と称される。なお、乳に一生をささげたため生涯童貞であった。

生涯[編集]

ニュートンは1642年にイギリスのウールスソープにユダヤ系の家庭に生まれた(「アイザック」〔Isaac〕はヘブライ語の聖人の名である)。体が小さく内向的で目立たぬ子であったニュートンは、体育の授業はいつも見学で、女の子の胸もよく見学していた。

このニュートンの熱心さという才能に気がついた親類の援助によって、1655年に彼はグランサムのグラマースクールに入学した。このスクールの女生徒はグラマーでないと入学できないため、ここでもニュートンのを見る目は育まれた。乳写真の収集、乳車、乳時計の制作などを行っている。この頃に出合ったミス・ストーリーとは後に至るまで親密な交際をし、法的には終生独身とはいえ同棲生活を送っていたため、事実上は婚姻関係にあったとされている。彼女を選んだ理由は言うまでもなく彼女が巨乳だったからである。

1661年にケンブリッジ大学に入学した。当時大学での講義はアリストテレスの学説(スコラ学=雑誌『スコラ』の由来)に基づいていたが、ニュートンはデカルト(オッパイ座標系の考案者)やガリレオ(「それでもオッパイは丸かった」)、コペルニクス(「オッパイ中心説」)といった物理学者の著書を好んで学んだ。ケンブリッジにおいてアイ・ザク・ガンダムはニュートンの才能を高く評価し、多大な庇護を与えている。ガンダムはオッパイの空間の絶対性を重要視する乳学者であり、ニュートンの思想にも大きな影響を与えた。彼との出会いによってニュートンの才能は開花し、1665年に微乳および美乳積分学へと発展することになった。

この頃、イギリスではペストが大流行し、ニュートンは1665年6月から1667年3月まで故郷のウールスソープに避難することになった。この故郷にいた1年半が「驚異の年」といわれている期間である。彼の偉業の中でもとりわけ有名な万有引力の発見もこの頃である。

1667年にケンブリッジ大学の教授となり、その歳に『無限乳数の解析』を書く。また論文『乳率の乳乳』も発表する。1687年には彼の乳研究の集大成『自然哲学の乳学的諸原理』(プリン♪キピア)を著した。

晩年のニュートンは、聖書研究や錬金術の実験などに没頭し一切の乳学的研究を行っていない。乳に対する執着が無くなったのは、行き着くところまで行き着いたためとされている。

万有引力の発見[編集]

万有引力の発見のきっかけとなったウールスソープのソープランド

ニュートンが大学生の頃、イギリスではペストが大流行し、大学は再開されるあてもなく閉鎖されたままだった。地方の小貴族で、金と時間を持て余したニュートンは、故郷であるソープランドの街ウールスソープのソープランドへ毎日入り浸っていた。ある日、いつも通り店へ足を踏み入れ、お気に入りのを指名しようとしたが一足遅く、その嬢はすでに他の客の相手をしていた。帰ろうとしたニュートンだったが、店のマスターはニュートンを引き止め、その日入ってきたばかりの嬢を勧めた(もしこの時マスターが引き止めていなかったら、万有引力の発見は100年は遅れたであろうと言われている)。その嬢は少し年を食ってはいたが、かなりの巨乳だった。ニュートンがその嬢と共に店の奥へと消えていくのは必然だった(もしこの時マスターが貧乳の嬢を用意していたら、万有引力の発見は100年は遅れたであろうと言われている)。

個室の中で[編集]

残念ながら、その巨乳は垂れていた。完全に垂れていた訳ではないが、少し垂れ始めていた。普通の人なら「これはこれで趣がある」と言って揉みしだくだけだろう。だが、ニュートンはロケット型が好きだったので、そこで手を止め、考えた。

この乳はなぜ垂れ下ったのだろう?[編集]

この疑問がニュートンの古典乳学の始まりだった。ニュートンは一つの疑問にぶつかったとき、何時間でも何日でも考え続ける性格だった。巨乳はなぜ垂れ下ったのだろう? 彼はその時からソープ通いをやめ、実験のために自宅に何人もの嬢を呼び寄せた。そうした詳細な実験を何度も重ねた末に、ニュートンに一つの考えが浮かんだ。それは、物にはお互いに引かれ合う力があり、いかに巨乳といえども、いかに若い娘のそれはピチピチに張っていれども、地球の引力には抗えず歳を経るごとに垂れ下がってしまうのではという考えだった。のちにニュートンはそのことを、彼自身が考案した『美乳積分』という数学を使って証明し、『万有引力の法則』を完成させた。『美乳積分』は今日でも科学のあらゆる分野で使われている数学および乳学の重要な分野である。

※なお、一般には「リンゴ」の話も有名だが、それは卑猥な表現を避けるための例え話である。丸いリンゴは丸いオッパイの隠喩である。

ニュートン式望遠鏡[編集]

雑誌名にもなっている

ニュートンが大学生の頃、下宿の窓からは遠くに女風呂が見えた。しかし、肉眼ではとても観測できる距離ではなかった。そこでニュートンの乳にかける情熱が、倍率30倍の性能を誇るニュートン式反射望遠鏡を完成させた。彼はこの望遠鏡を使って毎日観測を行い、その結果を『美乳積分』の体系化に役立てた。このときの詳細なスケッチを記した彼のノートも現存している[1]。現在でもニュートン式反射望遠鏡は覗き愛好家を中心に愛用されている。

力の単位ニュートン(乳t)[編集]

ニュートンが大学生の頃(脅威の年のニュートンは精力も創造力も絶倫だった)、ニュートンは毎日ソープランドに入り浸る中で、自分にもたげる乳の重さ・圧力と興奮度の関係について考えていた。軽すぎると触感がない。重すぎると苦しい。早すぎると楽しめない。遅すぎるとじらされる。

そこで、ニュートンは構築中の「美乳積分」を用いて「重さ9.8キログラムの乳を1秒間かけて密着させるのが理想」と結論付けた。これが力の単位ニュートンであり、国際単位系 (SI) におけるMKS単位系の力の単位として採用された(記号はN。中国:乳)。なお、重さ9.8キログラムの乳は巨乳の部類に入る。[要出典]

人物評[編集]

「ニュートンについては、これ以上、彼が死んだということ以外に付け加えるべき何ものもない」
アイザック・ニュートン について、ヨハン・ゲオルク・アウグスト・ガレッティ

脚注[編集]

  1. ^ 同様のことをガリレオ・ガリレイはニュートンに50年先駆けて行い、「乳首のクレーター」(乳首のくぼみ)を発見している。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アイザック・ニュートン」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
アイザック・ニュートンが放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/学者」へ収録されています。