アイシールド21

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アイシールド21」の項目を執筆しています。

アイシールド21は、実はアイシールド22だったり、20だったりするアイシールドの一種で、一般的に知れ渡っているアイシールド。24との説もあるがアンサイクロペディア上では、すべての数は1と等しいので、あまり数字は関係なかったりするのでむなしく思う今日この頃。

歴史[編集]

  • 1940年:アイシールド21の原型であるアイシールド、「アイシールド19」がロシアで秘密裏に開発された。
  • 1956年:バトル・ロワイアル法制定。バージョンアップ版の「アイシールド20」が生徒達に出回る。
  • 1969年:アイシールドが廃れていく。
  • 1972年:アイシールド21の開発が開始。生産工場で謎の爆発が相次ぐ。
  • 1987年:アイシールド21の発売直後、各地でアイシールドが流行。アイシールドショップや、アイシールドカフェがはやる。
  • 1989年:アイシールド21を装着した状態で飛行機に乗った32歳の男性が気圧の変化で耳が変になり死亡。アイシールド事件。
  • 1994年:各地でアイシールド21の不具合が生じる。アイシールドの生産元はエクストリーム・謝罪で謝った。
  • 1996年:中国で偽ブランド品が出回る中、アイシールド21の偽者も出回り、問題視される。
  • 1998年:アイシールドにヒ素混入。ロシアの人の仕業とされるが、真偽は不明のまま。
  • 2001年:若者による、アイシールド狩りが発生。政府は「アイシールド法」を制定。アイシールドは被れなくなった。
  • 2002年:アイシールド法の規制により、中国の偽アイシールド21が、日本で多く出回る。
  • 2003年:アイシールド狩りと戦うアイシールド愛好家達のエピソードを基にした、漫画「アイシールド21」が連載開始。
  • 2007年:アイシールド法が改正。アイシールドを被っても被らなくてもどちらでもいいことになった。

説明[編集]

アイシールド21は今までにない新しい被り物として人々の人気をとらえ、大型百貨店等では主戦力となる店舗も多かった。価格は2800円。

センチュリー21とは異母兄弟。

人体への影響とズル[編集]

被ると足が極端に早くなったり、周りの移動するもののスピードが遅く感じたり(反射神経等が活発になる)する。これを利用して、ヘルメット等を被るスポーツ(野球工事)などではこれをカモフラージュしてズルをするものも多かった。特にアイシールドを用いるアメリカンフットボールなどでは頻繁に使用されたため、ほぼ全てのスポーツでの使用が禁止されている

小早川瀬那の伝説[編集]

アメフト選手の小早川瀬那はアイシールド21を装着しているが、パシリやしもべとして働かされ続けられた過去があり、走る際に鍛えられ、足が速くなったのでアイシールドをつけないでいても俊足である。アイシールド21を装着しているのは自分の正体を隠したいという極めてシャイな性格からであり、実際の小早川選手のアイシールドはアイシールド21の模造品、すなわち中国の偽ブランドである。

関連項目[編集]


キャプテン翼の例のアレ.jpg アイシールド21 は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、アイシールド21加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)