アイスクリーム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「アイスクリーム」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文を読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「アイスクリーム」の項目を執筆しています。

アイスクリームとは、その名の通り氷のクリームである。一般的にクリームは牛の脂肪分などでできているが、これは固体化すると氷と呼ばれることもあるDHMOのみでつくられている。そのため、脂肪分で出来ているものと違って低温でも液化する。

あらら

目次

[編集] 利用方法

以下のものにアイスクリームが使用されていると言われている

デザート
食後のDHMO摂取に効果的。砂漠で食べると最も美味しい。
サプリメント
忙しい毎日でも手軽に摂取できる。
化粧品
一般的に液体のDHMOがクリーム状なので肌に塗りやすい。

[編集] 訴訟問題

もうひとつはアイという名前の人が作ったホラー映画「iScream」であるが、神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇聖斗)の影響と、アメリカのホラー映画「スクリーム」の監督のウェス・クレイヴンにアイスクリームが似ているとして訴訟、結局公開はされないで終わった。

アイス中毒者の様子
アイス中毒者のその後

[編集] 依存症問題

依存症初期

アイスクリームには麻薬の一種である砂糖が多く含まれるものがあり、その場合は甘い罠とも呼ばれる。低温では砂糖の麻薬効果(甘味)を感じにくいといった性質があるため、知らず知らずのうちに砂糖を大量に摂取してしまうのである。依存性は砂糖同様に非常に高く右の写真の依存症患者のような残念な人間になる。

特にロシアは依存症患者が最も多い国として有名である。この国では国民は真冬のでも屋外で平気でアイスクリームを摂取し、行列を作ってでもアイスクリームを購入する。実際、ロシアのアイスクリームは他国のそれに比較して大変に美味であり、それが依存症の原因にもなっている。この味はロシアでしか味わう事ができないといわれており、それが同国の依存症患者の増加に拍車をかける要因となっている。   かつて旧ソ連では「外国人が一番ほしがるものは何か」というなぞなぞがあった。正解は「女性とアイスクリーム」だが、「いずれも外国には持って帰れない」というオチがついていた。この事からも如何にこの国がアイスクリーム依存症大国であるかが伺える。ここまでくるともうこれは「中毒症」といっても過言ではない。

実はロシアでは7割が植物油を使っていて、牛乳を使っているものは3割程度だという。このため、牛乳生産者で構成する「ロシア牛乳生産者組合」は農業委員会に対し、牛乳を使用していないアイスクリームの名称を変更するよう陳情している。植物油を使ったアイスクリームは牛乳使用に比べ20%も安く「本物の牛乳を使っていないものまでアイスクリームと呼ぶのは不当である」というのがその主な理由の様である。

ロシア人は世界有数のアイスクリーム依存症大国だ。このポスターの様に真冬でも屋外で平気でアイスクリームを食している。「MOPOЖНOE」(マロージェノエ)とはロシア語でアイスクリームのこと

[編集] 歴史

起源は中国の「児絵羅杜」。牛乳をドライアイスで冷やして食べる習慣は10年前より見られた。ひよこ陛下が元祖。ヨーロッパにはお忍び旅行の際に、アイスクリーム職人を連れて行ったために伝わった。

初期のアイスクリームは、冷蔵庫の中で手で造られた。このため、製造は大変に困難であった。その後日本人が反重力製法を確立させ、現在では各家庭で作られている。もしあなたの家に製造機がなければ、あなたの家庭は極めて発展が遅れているといえる。

2007年、従来の3倍の栄養価を含む『三倍アイスクリーム』が発売され、話題を呼ぶ。 三倍アイスクリームは、従来の3倍の栄養価を含むため、摂取された体内の細胞を3倍活性化し、それによりカロリー消費も3倍行われるため、通常の3倍の量を追加して欲する。また、その追加された三倍アイスクリームの従来製品比3倍の栄養価により3倍活性化した細胞がカロリーを3倍消費した分だけ体がもう3倍要求してきて食べたはいいけどそのアイスには3倍栄養あって細胞が3倍ワァーッなってあ゙ーもう!

[編集] 関連項目


海原雄山.jpg 女将を呼べッ!なんだこのアイスクリームは!!
よくもわたしの前にこんなシロモノを出したな!
今すぐ作り直せ!!ジュンサイの旬は初夏だ! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語