アイルトン・セナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「アイルトン・セナ」の項目を執筆しています。

アイルトン・セナ(Ayrton Senna da Silva 1960年3月21日 - 1994年5月1日)は、ブラジルF1ドライバーであり、3度のF1ワールドチャンピオン。他のドライバーとなんら変わらない人間であるが、宗教の一つでもあるセナ教の預言者であり、その信者にはF1に降臨したと崇められている。

現実世界での宗教の信者数は、キリスト教20億人(33%)、イスラム教イスラーム)13億人(22%)、ヒンドゥー教9億人(15%) 、仏教3億6000万人(6%)、儒教道教2億3000万人(4%)、無宗教8億5000万人(14%)、その他(6%程度)であるが、セナ教は何人いるか公開していない。踏み絵でもして調べてもいいが、今のところ公的機関で調査をする予定はない。

一時期「音速の貴公子」とも呼ばれていたが、これはフジテレビの実況での古館伊知郎の命名である。しかし、セナは貴族の出身でもなんでもない。また、貴公子とは思えないような態度や行動も多々あり、「音速の奇行子」とも呼ばれる。髭ダルマと場外乱闘や、ちょいワル親父に殴りかかろうとしたり、陰険教授のマシンに特攻したりすることも厭わない精神の持ち主であることから「特攻野郎A」という異名もある。しかし、セナ教の信者には素晴らしい心の持ち主として崇められている。

目次

[編集] F1参戦前

セナは、ガキの頃はスーパーのショッピングカートで走り回っていた。ところがそのカートの運転技術は半端ではなく、セナの名を知られる頃にはエンジンなしで一般車を高速道路で抜き去るなど神がかっていたとセナ教の聖書に記載されている。信者は1秒間に314159265358979323846264338327950288419回、頭を床につけることができるとセナになれると信じて、日々励んでいる。

一方、セナの行動に目をつけた父親は決して彼を甘やかすことはなく、学業成績も良くないと走らせないと叱咤する。その後イギリスに渡り、下位フォーミュラクラスの改造を受ける。その後はルンルン♪とスキップしながらセナ教の布教に努めた結果、憧れのF1へと足を踏み入れることとなる。ちなみに、F3クラスで布教の邪魔をした相手がマーティン・ブランドルであったことはナイショの話。

[編集] F1無名時代

トータス松本(後のベネトン)からお声がかかったセナは、1984年からF1参戦。ルーキーイヤーの最高位はモナコでの2位であったが、この頃からセナの祈りが通じたのか、モナコのウェットレースで速さを見せ、雨がセナ教の守り神となった。

1985年は迷門ロータスへと移籍する。この年、守り神の雨の力でポルトガルで初優勝を挙げ、ベルギーでも勝利した。

1986年にはファミコンカセット「F1レース」を手にする。これにインスパイアされたセナは、マシンにソフトを組み込んで走った。チートをたっぷり使い400km/hターボエンジンの裏技を使ったセナは半シーズンにあたる8回ものPPを決める。しかし、チャンピオン争いに加わろうかというときにお母さんに窓からカセットを投げられソフトが破損。彼女がセナ教を信じなかったため交際がうまくいかなかったことも、チャンピオン争いから遅れてしまう原因の一つとなった。

セナは改めて自らの宗教を信じ、布教していたが、髭ダルマはセナ教に全く興味を示さなかった為、説教も通じず場外乱闘を始めるようになった。接触するごとに双方が自分が正しいと譲らず揉めていたので、裏社会では「エゴイストNo.1争いでもすれば!」と言われていた。

1987年、ホンダを聖典としたセナは、ロータスの宗教改革に水が合わず岡崎納豆とともに苦戦していた。後にF1ドライバーとなる当時10歳のプータローも見守る中鈴鹿を快走し2位を獲得したセナは、鈴鹿にいる間信者達にもみくちゃにされる。日本でセナ教の布教に成功した年から、波乱に満ちた運命が彼を待っていたとは誰も予想し得なかったことであろう。

[編集] セナは預言者、プロストは教授

ロータスでの宗教改革をあきらめ、1988年からマクラーレンで布教を始めたセナを待っていたのはF1界の陰険教授であった。この教授とセナで16戦15勝を挙げ、自身は13回のPPと8勝。セナは鈴鹿でチャンピオンとなる。最終コーナーで神を見たとされているが、セナ教の預言者が他の神を見るという珍しい現象として、世間ではこの発言が話題になった。この年はセナ教信者が大幅に増えたことから、第一次大布教と呼ばれる。このシーズンは、教授の講義とセナ教の思想が違うことから、お互いの主張をぶつけ合うシーンもしばしば見られた。セナは教授の講義内容に我慢が出来なくなり、自身の初優勝を遂げた聖地で、教授に対して幅寄せという形で布教を行う。セナの強引な布教に怒った教授は、彼を以前にも増して講義で縛り付けるようになった。

1989年、ホンダを聖典に布教活動を続けるセナは、教授の講義に完全に耳を貸さなくなった。教授は、自分の講義を理解してくれるイタリアントマトに移籍することを、シーズン中に世間に告知した。

預言者セナと教授プロストは、鈴鹿の最終シケインで接触しプロストはリタイア。勝ったと思ったセナであったが、シケインの存在を忘れていたために不通過で失格。最終戦のオーストラリアでセナに逆転のチャンスがあったにもかかわらず、このときばかりは「守り神の雨」がセナの布教ぶりに不満があったのか味方せず、マーティン・ブランドルにオカマを掘ってしまった。しかし、この予行練習が翌年に役に立ったのはナイショの話。

この結果、イタリアントマトに移籍する教授プロストがチャンピオンとなり、預言者と教授はお互いにツンデレをするようになっていった。

[編集] 積極的な布教

1990年のセナは布教も順調に進み、鈴鹿でチャンピオンとなる。預言者セナは「目には目。歯には歯。手には手。足には足。やけどにはやけど。傷には傷。打ち傷には打ち傷」とイスラム教ユダヤ教旧約聖書の教えをセナ教にも取り入れ、昨年に陰険教授にぶつけられた仕返しをスタート直後の1コーナーでやり返した。世間は単純に前年の仕返しをしたんだろうとみていたが、当日の預言者セナは知らぬ存ぜぬを押し通したが、レース後次があるさとシャンペン掛け合って喜んでたので、世界中から「おい!」とツッコミを受けた。結局、翌年同じ鈴鹿で「実はね・・・」に懺悔したが内心は「勝っちまえば、こっちのもんよ。ウフッ!」と笑っていた。

この年鈴鹿で出会ったのは、ホンダ聖典の執筆者である「おやっさん」こと本田宗一郎であった。そのときのやりとりは、

オヤジ 「ナンバーワン、ナンバーワン、ナンバーワン! セナくん、おめでとう。来年もナンバーワンの聖典(エンジン)、作るよ」

セナ 「ドウモ、アリガトウ。アナタモシンジャニナッテクレテ・・・!」

聖典の執筆者であるおやっさんに感化されたセナは、やはり一風変わった預言者といえよう。おまけに、執筆者の人生を学ぶようになる。彼の言葉に心酔したセナはすっかりおやっさんフェチになってしまったのである。しかし1991年、預言者セナの力及ばす、おやっさんは旅立っていったのであった・・・。おやっさんの訃報をハンガリーにて知ったセナは悲しみにくれる。そんなセナはおやっさんが執筆した聖典で更なる布教をプッシュし、気がついたら3度目のウガウガウーゴになっていた。

[編集] 三宅アナウンサーの絶叫

有名な一戦

1992年、マクラーレンは旧来の宗教改革を継続した為、大いに苦戦を強いられることになる。髭ダルマが使用するウィリアムズが、強力なハイテク兵器アクティブサスペンションを完成させたのである。またベネトンの新興勢力が、非力だが軽量なフォードエンジンに似合わぬ屈強な姿で現れ、セナの布教を邪魔した。

おかげでずっと髭ダルマのルンルン♪が続き、ほとんどのレースでNo.1となった。このときの預言者セナは半端ないご機嫌斜めぶりを見せ、聖典(ホンダエンジン)関係者に「何とかしろ」とプレッシャーをかけ続ける駄々っ子ぶりを発揮する。マクラーレンがハイテク装備のハの字も知らぬおかげで開発が難航、聖典も機能していなかった。そこに小回りの効く顎が付け入り、マクラーレンは両者から追い詰められる苦しい展開となっていた。

そんな中第6戦の50回記念のモナコGP。ここでも髭ダルマが余裕のPPだが、預言者セナはモナコでの今までの布教活動でなんとかなると微かな期待をしていた。レースもずっと髭ダルマの独走。このまま前人未到の開幕6連勝かと思われたその時、髭ダルマはタイヤトラブルでピットインするハメになる。その間に預言者が前に立つ。

前に立ったセナのタイヤはボロボロであった。一方タイヤをソフトタイヤに履き替えたマンセルは、予選で上位相当のタイムを叩き出しながらセナに迫る。そしてあっという間にセナはケツに付けられてしまうが、ここから2人のエゴイストNo.1選手権が始まる。

タダでさえ狭くて滑りやすい上に抜けないレイアウトのモナコで、たった1mにも満たない車間距離という危険な状況でセナは巧みにレコードラインとブロックラインを使い分ける。一方のマンセルもあらゆるコーナーで懸命に抜きにかかろうとプレッシャーをかけるが、抜けない!抜けない!エンジン音や挙動や呼吸がひとつになって走る。もはやこのレースで走っているのはセナとマンセルだけという幻を見せられていたのだろう。そしてファイナルラップでセナ教の隠れ信者である三宅アナウンサーが

ここはモナコモンテカルロ! 絶対に抜けない!!

と口角泡を飛ばして絶叫し、実況席は三宅アナウンサーの唾液で曇っていた。

そしてほぼ同時にチェッカーを受けた二人。セナがマンセルの6連勝を食い止め、モナコで同時に4連勝する快挙を成し遂げた。マシンもドライバーも精魂尽き果て、互いの健闘を称えあう。本当は殴り合いが好きな両者だが、年月も経ちジジイになってしまったせいか、そんな気力もなかった。セナ教信者はF1史上歴史に残るバトルとはしゃぎ、一般人をドン引きさせていた。

しかしそれでも髭ダルマの優位は揺るがず、セナの布教は不調におわり、髭ダルマが戴冠を得た。実はこの年、教授プロストは講義をせず、のんびりバカンスを楽しみながら翌年の教鞭を取るチームを探していた。最大のライバルがいない預言者セナは不満を漏らし始める。セナは聖典がなくなることに不安を示し、教授の就職活動を抑えて自らがウィリアムズへ行き、新たな布教活動を行おうと試みたが、教授から「布教と講義は異なるもの」という断りを受け、結局gdgdマクラーレンに残留した。

[編集] セナプロ抗争の終焉

1993年、マクラーレンのgdgdぶりとホンダの聖典がなくなったことにより、預言者セナの布教活動も勢いを失いつつあった。しかし、陰険教授の復帰にセナは狂喜乱舞し、預言者にもかかわらず東京音頭を踊る。だが、強いウィリアムズから参戦したプロストはそう簡単に勝てる相手ではなかった。しかし、セナはそれでも「守り神の雨」で強さを見せ続けた。雨の第3戦セガGPでセナは、シャーシは旧式、エンジンはフォードの使い回しを使うなど期待が持てないアップデートだった。他のマシンが悪戦苦闘する中、「守り神の雨」を最大限に生かし、独走して優勝。モナコ・鈴鹿でも勝ち、布教に必死だった。

しかしハイテクの塊には布教だけでは勝てなかった。チャンピオンを早々と決められた中で挑んだ最終戦を、セナはポールトゥウィンで締めくくる。が、彼にはまだやり残したことがあった。教授プロストとの邂逅である。

チャンピオンを決めた陰険教授はF1の世界から身を引く決意をしていたのである。彼とはこれまで壮絶なツンツン戦争を続けてきた。ある時には、寝込んで二度と会えないと思っていた。このまま終わってしまうのかと世界は心配の目で両者を見続けてきたのだ。そして両者は表彰台で握手をかわし、パドックで抱き合った。まさしくデレの瞬間である。こうして未練をすべて断った陰険教授は教鞭から離れ、自由な時間を満喫することとなった。

しかし、ここでセナが挙げた勝利が彼の最後の勝利になろうとは、誰もが思ってもいなかったことであろう。既に終末へのカウントダウンは始まっていたのだ・・・

[編集] 運命の日

セナはgdgdなマクラーレンとおさらばし、昨年から検討していたウィリアムズで布教活動をすることが決まる。しかしウィリアムズを支えていたハイテク機器が行き当たりばったりで改正され禁止。序盤の2戦はPPこそとったものの、ルーキーイヤー以来の開幕2戦ノーポイント。セナの布教活動とマシンがマッチしないまま、第3戦・サンマリノGPで運命の日はやってきた。この日のPPもセナ。後ろには2連勝の顎が追う展開となっていたが、7周目の高速タンブレロコーナーで突如コントロールが効かなくなり、300km/hを超える速度でウォールにクラッシュしてしまった。セナのマシンは大破し、跡形もなく粉々となってしまう。セナは布教活動を別世界で行うことを決意し、去っていった。預言者を失った信者は喪に服し、いまだ引きずっている者もいる。

いや~、セナは嫌ですねミラーに映る位置にはミハエル・シューマッハ。しかし、ここでのスピードは完全にアイルトン・セナ、ウィリアムズ・ルノ・・・あーっと!セナが!セナが!セナが何とウォールにクラッシュ、またか、またか、またもクラッシュ!破片が飛び散っている! アイルトン・セナに何が起こったのか、大波乱のサンマリノ!今年のイモラはアイルトン・セナにも牙をむきました!by三宅アナ

[編集] 異変

預言者セナは表向き墓に入り、人間社会の騒ぎをやり過ごそうとした。「さて、そろそろ別世界に行こうっと」と決意後、セナの像を模した墓が突如ミサイルのごとく空に打ち出され、そのまま行方不明になってしまう。実はあれからセナの遺体はなぜか腐敗しておらず、生前のきれいな姿であったという。墓守の人によると、

「セナの墓が突然光りだして震えたかと思ったら墓が空を飛んだんだよ!飛んでいくときなぜかエンジン音を上げながらものすごい勢いで飛んでいったんだ!すごい音だったよ」

現在もその墓石は行方不明であり、亡骸も一緒だったという。現在は別の同じ像を模した墓で立て替えているが、飛ばないように厳重に警備されており、墓石の周りには無数の杭が打ちつけられている。不思議なことに、この事実を信者は忘れているかのように何も知らずに献花を今日まで行っているらしい。

[編集] その後

預言者セナが空の彼方へと消えていった日から、F1界では不思議な出来事が起こるようになる。そしてセナの死後、一度も観客を含めた死亡事故が起こることは無かった。たとえマシンがバラバラになろうが宙を舞う大クラッシュが起ころうがドライバーが放り出されようが誰一人死なず、悪くても軽微なケガで済んだ例が非常に多かったのだ。あの豆電球の大クラッシュもぺヤングが原因で起こった1998年のベルギーGPでの大事故も佐藤琢磨が原因で強度の弱い死角であるマシン斜め後ろから高速で突っ込んだクラッシュでもほとんど無傷、またコバライネンも高速で障害物に正面から突き刺さりながらも軽傷で済むなど、今も奇跡が起こり続けている。このことから、「セナはF1の神になった」とささやかれるようになった、というがそんな話は見聞きしたことない。

また、ホンダがスーパーアグリから開発したパーツを取り上げて開発を妨げたり、偽スポンサーと契約するよう仕向けたりして妨害工作を行うさまを天から見たセナは、その姿に幻滅する。既にホンダはおやっさんのいたホンダではなくなっていた。おやっさんの精神を踏みにじる姿に怒りを覚えたのか、助けられなかったスーパーアグリが消滅後、ホンダは開発を行うたびにスローダウンを続ける悪循環にハマる(ただし、セナを最後に知るバリチェロは呪縛を逃れた)。これもセナの仕業だと一部ではささやかれているようだが、これについてはおやっさんが天罰を下したとの見方もある。

今日確立されたマシンの高い安全性はFIAの徹底した管理に基づいたものではあるが、それでも危険なアクシデントは起こる。それでも誰一人死ななかったのは・・・多分、セナがいたからだろうと思う声も多い、と思い込みたがるのは自由だが、全く関係ない。

信者は云う。音速の貴公子の称号はセナだけのものであり、他人がその名を騙る資格はない。セナの事故の反省からF1マシンの安全性が高まったのは事実だが、「セナが神になった」「セナのおかげで死亡者がでてない」とか勘違いが多すぎる。

アイルトン・セナ。音速の貴公子、アイルトン・セナ。

以上、後に起きた事をセナと結び付けたがる一部の信者は、本当の信者とはいえない。

重要なことは、預言者セナは我々の心に生き続けていると信者が信じればいいだけのことで、上記のようになんでもセナに結びつけるのは一般社会ではありえない。信者がそう信じたいのであれば、「カラスの勝手でしょう~♪」と預言者セナを崇め続ければいいのである。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語