アクタージュ act-age

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

『アクタージュ act-age』とは、自分のことを役者だと思い込んでいる精神異常者を何とかしてジャンプ主人公に仕立て上げる途方もない実験作品である。

経緯[編集]

「全方位にそこそこ売れて、とりあえず普通に続いてくれる実験漫画」が一定の成功を収めていたので、図に乗ったジャンプ編集部は今度は「一部に凄く売れる中堅漫画」の制作を急いでいた。新編集長の方針により、新人漫画家を鉄砲玉にして数々の実験を行っていたが、やってることは「練り直して再検討」とすべき連載会議用の3話分を素通ししているだけであり、結局、数々の有望な設定の漫画を死産させる結果となった。そして本作もその実験の被験者であり、被害者となるはずだった

連載会議用の3話分の内容は以下の通りである。

は?
  1. 第1話:主人公頭おかしいけどsugeeeeeeee!!!!!
  2. 第2話:主人公頭おかしいけどsugeeeeeeee!!!!!(第1話の二番煎じ)
  3. 第3話:ドラマの共演者にライダーキック!!!!!

……なぜこれが読者にウケると思ったのか編集部に小一時間問い質したい。まず、序盤から主人公に悪い印象を与えるような少年漫画があってたまるか。そして、第2話が第1話の二番煎じとなって読者を退屈にさせた打ち切り漫画が一体どれほどあっただろうか。彼らは何も学んでいないのである。

読み切りファンからも実験中止やむなしの声が上がっていたが、第一期改変をマグレで生き残ったことを境に事態は急変。この漫画が仲間との友情・努力・勝利で、社会不適合者がジャンプ主人公へとのし上がってゆく新感覚演劇バトル漫画(通称:テコ入れ)であることが判明。人気は急上昇し、後続の新OSR漫画とのバーターで遂には相撲部屋入り[1]を果たした。今後とも本作が巻き起こすノルマン現象に目が離せない。

あらすじ[編集]

人工的なスター俳優の増産によりプロダクション『スターズ』は莫大な利益を獲得したが、それは俳優そのものの質の劣化、ひいては映像作品の陳腐化を意味していた。

悪の秘密結社『スタジオ大黒天』の首領・黒山は偶然、両親を失い、精神に障害をもった女子高生「夜凪」を発見。

彼女を「役者」として拉致監禁し、芸術作品としての映画の復権を目論む黒山と、それを阻止しようとする『スターズ』の棟梁・星アリサの狂気に満ちた政争が幕を開ける。

登場人物[編集]

スタジオ大黒天[編集]

夜凪 景(よなぎ けい)
「自分のことを役者だと思い込んでいる精神異常者JK」「映画鑑賞で義務教育を卒業した女」「アスぴーージュ」等、ついた蔑称あだ名は数知れず。
前述のライダーキック事件のみならず、妹弟の生活を無視してギャラ受け取り拒否フレームアウトゲロなど、数々のサイコパス行為で読者を震撼させた。
映画鑑賞「のみ」で義務教育を卒業しているため、「エキストラ」等の用語を殆ど理解できない謎設定となっており、読者の感情移入を積極的に妨げている。
両親を亡くし、キャラっていうか人格そのものが破綻しかかっていたので、現実世界ならば児童相談所案件だったが、役者仲間(神的に良い人たち)との交流によって症状が寛解。「ちょっと手のかかる妹ポジ」に軟着陸したことによって、まあまあ読者に認められる主人公キャラに成長した。
黒山 墨字(にせヤミ かんとく)
戦犯。本来コイツと夜凪のW主人公だったが、JK拉致現場荒らしクソ雑な教育など悪辣な行為を行い過ぎた結果、アンケが急降下し、信者アンチ共々からボロクソに叩かれた。ビビった作者&編集は夜凪妹弟とバーターで登場させることでヘイトの軽減に努めており、「夜凪に仕事を与えるセッティングパパ」に軟着陸させることを画策している。完全にお荷物。

スターズ[編集]

星アリサ(ほし - )
スターズの棟梁であり、実は戦犯その2。
夜凪の能力が「メソッド演技」であり心の危険を伴うと評したが、全くの勘違いであった為、読者に誤解を与えてしまった。
ちなみに夜凪の能力は「自己催眠による領域展開」であり、「メソッド演技」以上に暴走と危険を伴う産物である。
人類には不可能な爪先立ち
百城 千代子(ももしろ ちよこ)
天使族モンスター。NGを出しかけた演者を捕食することで一発OKを出す能力を持つ。もちろん人間ではない。
喰役編では、夜凪に種族を賜与して自身は人間に戻ることで「普通の女子高生役」を獲得し、捕食殺人のアリバイ作りに成功した。人間だが、人間じゃない。

「デスアイランド」共演者(神的に良い仲間たち)[編集]

精神異常者を時には叱り、ホメて伸ばしてくれた有能3人組を紹介する。

関西 女(かんさい おんな)
夜凪の暴走演技(殺人未遂)にガチギレしてくれた有能カタルシス女。その勇気ある言動と不憫さは底辺住民の心を1つにした。
でも関西女のイメージが強過ぎて、殆どの読者に名前を憶えられてない。カワイソス。
イケメン 秀才(いけめん しゅうさい)
夜凪の暴走演技(セット破壊)を否定した有能イケメン。夜凪ageに辟易としていたアンチの心を鷲づかみにした。
でも秀才型イケメンのイメージが強過ぎて、殆どの読者に名前を憶えられてない。まあ、いいか。
煉獄 杏寿郎 (れんごく きょうじゅろう)
鬼滅の刃でお馴染みの煉獄さんがまさかの異世界転生を遂げて本作に出現。登場当初はまだ本作の評価も低かったため、アクタ民と鬼滅民の対立煽りが激化し、半ば内戦状態に陥っていたが、煉獄さんは前世と変わらず神的に面倒見の良い人だったため、「鬼滅とアクタの両方をアンケに入れる平和協定」が締結された。
またあまりの人気っぷりからかデスアイランド編終了後も登場しており、上の2人と違って本名(武光 杏寿郎)も割かし憶えられている。

第三勢力[編集]

明神 阿良也 (みょうじん あらや)
夜凪の上位互換能力「憑依型カメレオン」を持つ有能舞台俳優(但し準備コストが高い)。夜凪の利点と欠点の両方を教えてくれるので、「デスアイランド」編でも慢性的に続いていた主人公age一辺倒の展開に終止符を打ってくれた。ガチ有能。

結果と考察[編集]

本実験では、演劇なのか能力バトルなのか政争なのかよくわかんねー漫画が何故か生き残る異常現象を観測した。この原因として一番に考えられるのはジャンプのアンケートシステムである。一般的にジャンプは腐女子に媚びた漫画が生き残るとされているが、これは頭の柔らかい辞書がばら撒いた悪質なデマ であることはご存知だろう。ジャンプのアンケは約20作品の中から3作品にしか票を入れられないシステムであり、生き残るためには一生ついて来てくれるような熱狂的な信者は必須で、常に乗り換えている腐女子とか票にならんし、居たところで減点にはならないアンチとかどーでもいいのである。

それを踏まえた上で、あのガ○ジ主人公を見てみよう。彼女は頭の中身はアレだが、美人なのである。つまり、一部の読者はこの主人公を見てしまうと「見届けてあげたい」「守ってやりたい」「検閲により削除したい」という欲求に溢れてしまうのである。アクタージュの人気はこの「異常な夜凪愛」によって支えられている。従って、美人×精神異常者という組み合わせは、ある意味ジャンプに適応した最強の主人公だったのである。


結論:アクタより面白くない漫画が沢山あってよかった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アクタージュ act-age」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「アクタージュ act-age」の項目を執筆してくれています。
  • ガラスの仮面 - よく比較対象にされる本格的演劇バトル漫画。しかし、本作の実態は「夜凪ファンクラブ」のため、比較対象になってない。
  • 呪術廻戦 - バーターになってくれた優しいOSRな後輩。多分アクタより出世すると思う。


脚注[編集]

  1. ^ アンケは取れるが単行本が売れない漫画の蔑称。でも打ち切られるよりはマシだよね。


書きかけだ 記事は面白ければいいんだ。面白いものは削除されない。当たり前だ。
だが この「アクタージュ act-age」は面白くない
面白さを視野に入れるなら特に内容だな。誰でもいいから面白い記事を期待しているぞ。 (Portal:スタブ)