アクマ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

アクマとは、悪魔とは全く無関係な可哀想な兵器。AKUMAとも表記される。

概要[編集]

製造者は千年伯爵。魂と悲劇と機械を融合した闇属性の禁忌魔法でできた機械兵器。魔導式ボディという骸骨のような骨組みとダークマター(星のカービィの敵の種族ではない)に拘束された魂から構成される(魔導式ボディはダークマターでできているので魔導式ボディがダークマターと言える)。

アクマの特徴[編集]

アクマは内蔵する魂を呼び戻した人間を殺害し、その皮を被って擬態する。擬態している間は例外を除き正体はばれない。進化する為に人を殺すようにプログラムされている。レベル2以降は自我を持ち望んで人々を殺し続けるが、魂は望んでいない。アクマの密度が多いと殺害衝動を抑える為、共食いする事がある。アクマの力が上がるのに比例してダークマターにより魂は少しずつ削られ、ボロボロになっていく。伯爵やノアと交信機能や自爆機能を持っている(自爆は伯爵やノアからの強制と思われる)。アクマの血は有害であり、喰らうと粉々になるが、アクマの攻撃でも粉々になる。進化の最終形態は不明であり、レベル4ですら誰も知らなかったが、もしかしたらレベル5もいるのかもしれない。

アクマのレベル[編集]

アクマにはレベルがある。そのレベルについて説明するヨ。強かったアクマをだんだん弱くしていく傾向があるから要注意だね。

レベル1[編集]

最も弱いアクマ。姿は全身から大砲が生えた卵型。群れ行動する事が多い。魂は生前の姿に近いが、言葉は話せない。アレンは最初から一撃で倒した為、読者から「どうでもいい敵」と言われ、最近は出番が無い。 ちなみに、レベル2に進化する前になると、ボール型になる。割とS気がある。

レベル2[編集]

少し強いアクマ。個体によって姿が異なり、レベル1以上にS(例・ピエロカボチャ頭、ヘビ等)。自我と能力を持つ。アレンの初陣で強敵として登場するも、一撃で倒せるレベルになり下がっている。魂はミイラ化している。流暢に喋れるようになる。

レベル3[編集]

結構強いアクマ。甲冑を纏った大男の姿をしている。レベル2程ではないがSである。リナリー達を襲ったレベル3の「エシ」はかなり強かったのに、今ではブックマンですら倒せる代物になり果てている為、エシの魂はフリーザばいきんまんでは無いかと噂されている。魂は輪郭が崩れて不定形のおぼろげな姿になる。接近戦型等の型に分かれる。

レベル4[編集]

現時点で最強のアクマ。。子供と天使と太った人を合わせてそのまんまの姿。魂の状態は原形を留めていない程ぐちゃぐちゃになっている。台詞が平仮名になり、常に「ぐへへへへへ」と笑っていてときどき蒸せるが圧倒的な戦闘力を有しており、登場する度にエクソシストを苦しめる。

融合体[編集]

レベル3以上に強いアクマ。無数のレベル3が融合した事で誕生。三つの顔と細身の体躯を持つ巨人の姿をしている。Sの集合体で江戸の町を破壊した。「カントリーロード」を歌いながら攻撃してくる。ラビ達はかなり苦戦していたが、神田の刀の一撃で真っ二つになった。ティエドールは普通に会話とかしながら倒している。

半AKUMA[編集]

老魔法王と中央庁が「第三エクソシスト」計画で作り出した改造人間の総称。戦闘時に左腕を変化させ、アクマを喰らう以外に優れた能力はない。

改造AKUMA[編集]

クロス・マリアンがエクソシストの味方になるように洗脳改造したレベル2のアクマ。 殺人衝動までは抑えきれないため、限界になると自爆する。

拳を極めし者[編集]

現在確認されているAKUMAの中で最強の個体。外見は人間に最も近いためレベルは不明。 深海数千メートルで活動可能、かつ、そこから一瞬で海面に飛び上がっても潜水病にかからない。一撃でエアーズロックを両断し、火山島を噴火させることも出来る。 条件を満たせば次元の壁を越えることすら可能。 千年伯爵から切り離された、独立した自我を持つ暴走した個体でもあり、高い戦闘能力を有するものを見つけると、エクソシスト、AKUMAを問わず無差別に攻撃してくる。 反面、戦闘力の低い存在には興味を示さず、こちらから手を出さない限りは無害でもある。 赤い軍服のオジサンをボコボコにするのが趣味。

造り方[編集]

人は千年伯爵にだまされて、絆が深かった死人の魂を呼び戻してしまうことが多い。仮に、A氏とB氏は、深い絆で結ばれていたとする。A氏が死んだ。B氏はA氏の死を嘆いていた。そこに、千年伯爵が現れ、「Aさんを蘇らせてあげましょうカ?♥」などという。B氏は真に受けて、A氏の名前を呼んだ。炎のようなものが空から降ってきた。これがA氏の魂である。A氏の魂が額に五芒星がある骨格標本、アクマの骨組みダークマターに入り込んだ。A氏アクマは擬態する為、B氏を殺した。A氏アクマはB氏の死体に入り込む。これで出来上がり。だがやってはいけない。大変なことになりますよ…。

アクマの破壊方法[編集]

アクマの魂を救うには対アクマ武器で破壊するしか方法は無い。何故なら頑丈なアクマのボディに攻撃するには、アクマの核であるダークマターの天敵イノセンスしかないからである。それ以外の方法で破壊する(作中でイノセンス以外でアクマと戦う事は恐らく無いが)と、ダークマターが魂ごと消滅する。それ故、対アクマ武器を使用するエクソシストや超越した力を持つひよこ陛下寺生まれのTさんのみアクマの魂を救える。イノセンスを武器にした武器対アクマ武器とは、エクソシストが使用する唯一アクマの破壊ができる武器。イノセンスを体内に持つ寄生型、イノセンスを加工した物質を使用する装備型、適合者の血を媒介とする結晶型がある。なお、装備型は黒の教団科学班が開発。修理等も化学班が行っている。

主な生息地[編集]

アクマは世界中に、そう、ホントにどこにでもいる。この節ではその中でも注目されたりしているところを紹介するよ。

関連項目[編集]


キャプテン翼の例のアレ.jpg アクマ は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、アクマ加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)