アグネスタキオン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アグネスタキオン」の項目を執筆しています。

アグネスタキオンとは、無敗の皐月賞馬である。馬名の由来は超光速の粒子であるタキオン。競走馬としての速さ、引退の早さ, 種牡馬としての活躍が軌道に乗り始めた時期に急死するなどいろんな意味でその名がふさわしい馬である。

概要[編集]

兄に東京優駿勝ち馬アグネスフライト。同世代には、ジャングルポケットクロフネマンハッタンカフェがいる。この世代は稀にみるハイレベルな世代であったが、その中でも圧倒的な能力をもっていたタキオンは、引退後もその評価が高まっている。タキオン、ジャングルポケット、クロフネが揃って走ったラジオたんぱ杯3歳ステークス(G3)は、G1級の馬が揃ったレースであり、伝説となっている。の三冠馬と呼ばれる内の1頭である。

タキオンタイマー[編集]

一般的にピークを過ぎて走り続けたために評価を落とす馬が多いがアグネスタキオンとその子供にはその対策のためにタキオンタイマーという装置が遺伝子に組み込まれている、一般には故障と勘違いされているがこれは競走馬としての質を保障する期間が過ぎたことを表すため装置である。そのためタキオンタイマー発動後はそのまま引退することも多く、走り続けた場合も期待ほどの成績を残せないことも多い。ディープインパクトの弟として知られているニュービギニングにはこのタキオンタイマーが組み込まれていないが、現在は1600万条件でも勝利できないなど能力に問題が発生している。またキャプテントゥーレなどは稀有なモデルといえる。アグネスタキオン以前に故障し、予後不良となった馬(ホクトベガサイレンススズカライスシャワーなど)もいるが、レース中の事故でありタキオンタイマーが発動したものではないとされている。

現役時代[編集]

良血が集まった新馬戦を圧勝。2戦目のラジオたんぱ杯3歳ステークスものちのG1勝ち馬を相手にレコードで快勝。皐月賞も危なげなく勝利した。しかし騎手によるとこれでも本気を出していなかったため三冠達成も期待された。しかし5月2日タキオンタイマーが発動したため能力の限界を悟った関係者により引退することになった。

主な勝ち鞍[編集]

引退後[編集]

圧倒的な能力を持っていたタキオンは当然のように種牡馬となり初年度から活躍、JRAリーディングフレッシュサイアーに輝く。その後も内国産種牡馬としては51年ぶりとなるJRA総合リーディングサイアーを獲得するなど将来を期待されたが、2009年タキオンタイマーが発動したため惜しまれつつ若くしてこの世を去る。

関連項目[編集]


ディープインパクト.jpg 君!次のレースはアグネスタキオン乗ってくれ!
君が騎乗すればGⅠ勝利も夢ではない!頼んだぞ! (Portal:スタブ)