アサシン クリード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Icon-not-under18.png 注意: アンサイクロペディアに未成年者の閲覧にふさわしくない記述・表現が含まれているのはいつものことです。


アルタイル・イブン・ラ・アハド

アサシン クリード(ASSASSIN'S CREED)はユービーアイソフトが開発、発売した18歳未満禁止のクライムアクションゲーム。パクルール紐なしバンジージャンプスポーツチャンバラオヤジ狩られなどエクストリームスポーツを基にしたアクションでプレイヤーを楽しませてくれる。

ゲームの概要[編集]

ストーリー[編集]

時は1191年、第三次十字軍時代の聖地エルサレム。 彼の名はアルタイル・イブン・ラ・アハド(無の子)。25歳の青年で、シリアの山岳地帯にあるマシャフの謎の暗殺教団に所属する。かつては「マスターアサシン」と呼ばれた伝説の暗殺者の一人。全世界を相手に戦争を終わらせるために戦う、熱血漢と冷徹さを兼ね備えた男。しかしまだ子供のような所があり、市民をリンチしている兵隊を皆殺しにしたり、壁を登ったり、高所から藁束に向かって飛び降りたりと世間知らずな行動に出る事がある。たった一人でエルサレムの民を300人殺害したという最優秀な成績を持つ。だが、彼が戦う理由は今だに謎に包まれたままである。愛刀は暗殺組織。

という触込みはサブゲームに過ぎず、このゲームの真の目的は、製薬会社に拉致されて人体実験を受けている25歳のアメリカ人男性を脱出させるシミュレーションゲームである。

登場人物[編集]

アルタイル
本作の主人公の先祖。色盲で、コテージや干草の山を見ると飛び込まずにいられない奇人。刺殺に成功すると恐ろしいほどでかい音を発するアサシン・ブレード、カウンター攻撃だけに威力を発揮する剣などで暗殺を実行していく。
デスモンド・マイルズ(被験者#17)
本作の主人公。25歳のアメリカ人。バーテンダー。過去9年間幽閉生活をしていた。人と会話をしている際に尻をかく癖がある。先祖と違って視力は良い。伝説のアサシンと最高のアサシンの血を引くアサシン界のサラブレッドであるが、アサシンをヒッピーと誤解して家出したあげく天敵に拉致される。
ウォーレン・ヴィディック
博士。デスモンドを拉致監禁している。
ルーシー・スティルマン
ヴィディックの助手。巨乳。彼女とのコミュニケーションを目的とすることもできる。

アクション[編集]

暗殺
手に巻きつけてある中二病の武器アサシンブレードで誰でも殺せる。
フリーラン
壁をよじ登る。
鷹の目
アルタイルは色盲だが、体力がありあまっているときは、オーラで敵味方を判別できる。
イーグル・ダイブ
高台から干草の山に向かって紐なしバンジーをする。
人を押す(ジェントルタッチ)
目の前の人を触る。
祈る
両手を合わせ祈る。祈ってさえいれば兵士の前を何度行き来しても怪しまれない。
カウンター
アルタイルは積極的に攻撃してもなかなか敵を殺せないが、カウンターならば効率的に超かっこよく殺せる。
ポイチョ
敵を投げる。一般人にむかってなげると高得点。

ゲームの進め方[編集]

  1. 街で怪しげな会話をしている者から手紙をすり、偉そうな演説をしている者を殴って尋問(のはずだが最終的には自動で殺してしまう)して情報を得る。
  2. 天井しか入り口のないアサシン教団支部でターゲットの血で濡らす羽根をもらう。
  3. ターゲットを暗殺する。強行突破でも後ろから一突きでも可。
  4. 背景が幻想的になり、虫の息のターゲットといい感じになる。
  5. 鐘が鳴り響く街を駆け抜け、やはり天井しか入り口のないアサシン教団支部に戻る。

ゲームの楽しみ方[編集]

  • 見張りまでつけて市民をリンチしている兵士を殺す。
  • 高いところに昇り、頂上でうんこ座りして街を見渡す。
  • 十字軍兵士を殺す。
  • 旗を回収する。
  • 敵以上にうざい物乞い女や、泣いたり笑ったりして殴りかかってくる変人を殺す。
  • 好みの女性(もしくは男性)をジェントルタッチで触りまくる。

ゲームの背景[編集]

プロデューサーについて
プロデューサーのジェイド・レイモンドはなんと女性!しかも美人!結婚してくれ!
タイトルについて
ASSASSIN'S CREED は日本語で「暗殺者の信条」という意味になっているが、ここは誤植の多いことで有名なユービーアイソフト。本来のタイトルはASSASSIN GREED(アサシングリード、強欲な暗殺者)であった。
バグについて
このゲームの開発者は皆日本のゲームのファンで、特にメタルギアソリッドを崇拝している。ときどき画面にちらつく遺伝子配列図や、中途半端なソーシャルステルスシステムや、仮想世界であるというどうでもいい設定はすべて小島監督の責任である。
ベータ版について
このゲームには少年少女が登場しない。ベータ版では市民に少年少女が混ぜられていたが、プレイヤーが少年少女キャラを執拗に殴ったり、執拗にジェントルタッチを続けて倫理問題となったためである。このため製品版の登場人物は全員18歳以上です

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アサシン クリード」の項目を執筆しています。