アサヒ芸能

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

アサヒ芸能(-げいのう)とは、朝日新聞社発行の芸能週刊誌。お堅いイメージのある新聞社が出す芸能週刊誌ということで、親しみやすさを持たせるために、誌名を「アサヒ」と片仮名にしてある。通称「アサ芸」。徳間書店?どこのジブリだそれは。

特徴[編集]

ウィキペディアによれば、やくざエロスキャンダルが売り物とのことであるが、実際のところ、記事のほとんどは誌名通りに「芸能記事」である。ただし、ここでいう「芸能」とは、通常一般に言われている芸能界とは異なり、「自称タレント」や「タレントの卵」「元グラビアアイドル」などであることが多く、またその範囲も、テレビや映画や舞台などではなく、枕営業アルバイトなどの情報、さらには、それらを支えているギョーカイ人について触れられた記事がほとんどである。

同じくウィキペディアによれば、読者の90%近くは男性であるとのことだが、むしろ女性が10%以上もいるということが驚きである。おそらくこの数字は何かの間違いで、本当のところは男性が100%なのであろうが、それを公表してしまうと広告を取るのに差し障りがあるためにこのような偽装が行われているものと思われる。

記事の信憑性が低い、とも言われているが、親会社の主力出版物である朝日新聞と比較しても、実のところそれほどの差はない。むしろ、「実話雑誌」というジャンルであることも併せて考えると、朝日新聞よりも身近で役に立つ情報が多い、とも言われている[要出典]

親会社である朝日新聞社と同じく、基本的な姿勢は「反体制」「反政府」である。この姿勢が朝日新聞よりも徹底しているために、イリーガルな組織の情報は他の追随を許さない。例を挙げれば泉谷しげる井筒和幸など。ただしそういうイメージをぼかしたいのか、田母神俊雄にもコラムを書かせている。

また、親会社が主催している全国高等学校野球選手権大会に関するイリーガルなスポーツくじの情報にも詳しい。

主な記事[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アサヒ芸能」の項目を執筆しています。