アジサイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アジサイ」の項目を執筆しています。

アジサイとは、プリズムを多分に含んだ植物の総称。蝸牛と並んで、六月の陰鬱さを象徴する風物詩である。

概要[編集]

「七変化」の別称が示すとおり、赤色から青色黒色からどどめ色まで、ありとあらゆる色に変化するのが特徴である。 その性質を生かし、恋人への贈り物、殺人事件時における凶器のありかの提示、マジックショーリトマス試験紙等に幅広く利用されている。

  • 開花時期は6月~7月が一般的である。気分次第で変わる。
  • 樹高は1~2m。気分次第で変わる。
  • 毒を保持しているため、食用には向かない。気分次第で毒の強さが変わる。しかし毒であることは変わらないため、よい子も悪い子も食べてはいけない。
  • 人を激昂させる成分を含んだ芳香を飛ばす。そのため、アジサイの咲く地域では戦争が起こりやすいと言われている。アジサイの「アジ」はAgitation(煽動)のアジである。原子力発電所の再稼動に反対する放射脳の人による抗議行動をアジサイ革命と呼ばれる。

色の変化[編集]

地中の成分による変化[編集]

特に気分による変化がない場合は、地中の成分によって色が変化する。一般的な土壌であれば紫色になる。 人間の死体をアジサイの下に埋めると一般的ではない色になると噂されている

気分による変化[編集]

茎から切り取られている、花瓶によって根から吸収できるものがDHMOのみである等、地中に触れていない状況下では、色はアジサイ自体の気分によって決定される。変化の周期が10~20分と速く、かつカラフルに変化するため、「見ていて飽きない」と評されることが多々ある。

しかし、精神安定剤を溶かした水を吸収させると10分~20分で花が白くなり、しおれてしまうので間違って使用してしまうと大変なことになるので要注意。

花ことば[編集]

移り気。梅雨の時期は男女の破鏡が多いこと、ヤリチンヤリマンが活発になる事が由来だそうな。

関連項目[編集]