アダム・スミス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

アダム・スミス(英:Adam Smith)は、英語圏にたくさんありそうなスミスという苗字に、創世記に出てくる男性の名でやはりたくさんありそうなアダムという名前をくっつけた、本来ならばどこにでもいそうな人物である。しかし、一般的にはある本の影響で、1723年から1790年7月17日まで生きたイギリス人の事を指すことが多い。

アダム・スミスの概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アダム・スミス」の項目を執筆しています。

アダム・スミスは1723年、本人が生まれる前に父親が死んだ家で生まれた。その平凡すぎる名前に加え、内向的な性格で誘拐犯から見限られた経歴を持つなど、彼は自分がなぜ生まれてきたのか、幼少期より疑問を抱くようになってしまったといわれている。

そのためアダム・スミスは、自分がどうして社会に生まれてきたのか、関心を抱くようになる。結果としてまず哲学、次に文学に関心を抱き、最終的に社会学経済学に落ち着いた。「平凡な自分の(特に経済的)境遇が悪いのは社会が悪いからで、社会を改革するにはそれを知らなければならん」と、コンプレッス経済的欲望に裏打ちされた不順な理由によるものであったが、彼はこの分野で大成し、見事「自分は平凡な人物」ではないことを世に認めさせた。平凡な名前であるが平凡ではないアダム・スミスの名声は、1776年の『諸国民の富』(富国論)で確立された。

諸国民の富[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「諸国民の富の性質と原因の研究」の項目を執筆しています。

彼の代表作である『諸国民の富』は、「社会は自由市場に任せておけば大体うまくいくので、国のような権力はあまり介入すべきではない」とか、「自らが最も優位性を持つ、ただひとつのモノを生産することに特化する人間が最も社会的に良い人物」であると説くなど、本人のコンプレックスや経歴が色濃く反映された理論で構築されている。

しかし商人の多くは、アダム・スミスと同様に社会へ誰かが圧力をかけることを忌み嫌う利己主義的な思想を持っていたので、このアダム・スミスの理論を積極的に取り入れた。特に「市場は神の手によって、自動的に万事がうまくいくよう調整されているものなのだ」とする「神の見えざる手」の思想は、商人たちが一見好き勝手やっているような行いが、実は神の眼に照らしても正当な物だと主張できると解釈され、知らぬうちに彼らの間で「至言」として祭り上げられるようになった。

結果として市場経済主義が流行するようになり、政府は必要最小限の小さな機能しか持たないのが好まれる社会、いわば商業が政治を支配する時代が到来することになった。社会主義革命と世界恐慌が来るまでは。

関連項目[編集]


歴史の渦に巻き込まれる! この項目「アダム・スミス」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)