アフガニスタン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

危険情報: この国の全土、及び一部地域には、日本の外務省から退避を勧告する、危険情報が出されています。
詳しい情報は外務省海外安全ホームページで公開されています。
それでも行ってみたいという聞き分けのない貴方は自己責任という言葉を親御さんから教わるか広辞苑で調べてから検討してください。


アフガニスタン・イスラム共和国は、西アジアに位置する多民族国家で、首都はカブール。 2001年悪の枢軸によるホットドッグ早食い競争 優勝国である。

アフガニスタン・イスラム共和国
{{{公式国名}}}
Afghanflag.jpg [[Image:アフガニスタンの国章|100px]]
(国旗) (国章)
国の標語 : なし
アフガニスタンの位置
公用語 ダリー語バシュトゥー語
首都 カブール
最大の都市 カブール
大総統 ハミール・カルザイ
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第40位
[[|647,500]]km²
極僅か
人口
 - 総計(2004年
 - 人口密度
世界第38位
[[|28,513,677]]人
44人/km²
政府 不明
国民的な英雄 不明
通貨 アフガ二 ([[USO 4217|]])
時間帯 UTC (+4) (DST: )
国歌 ソルーでメッリー(邦題:メリーさんの羊)
宗教 不明
国際電話番号 93


目次

[編集] 国名の由来

アフガニスタンのスタンは国という意味である。ではアフガニの意味は何か。その事については専門家が長年意見を戦わせてきたが、現在では中国の漢詩『亜父我似』が語源とする説で一致している。『亜父』はアホと読むが、それは中華人民共和国では父に次いで尊敬するものという意味であり、日本語の意味と大体一致する。つまり亜父が自分に似ているという意味の漢詩のタイトルからとられたようだ。

1888年日本では『亜父が荷』と呼ばれる小説が社会の底辺でフーム(無気力なブーム)になったが、こちらは単にアホな父に対する主人公の不満が殺意に換わり行く様を描いてノーベル文学賞をとり損ねた作品であり、国名には全く関与していないと思われる。

[編集] 歴史

[編集] アメリカによる侵攻

2001年から2002年にかけて、アメリカ合衆国はアフガニスタンに侵攻した。これは世界的な殺人の典型例である。この事件が起こるまでは、「アフガニスタン侵攻」=「ソ連邦による侵略」(1979~1989年)というのが世界の常識だったが、今は昔、国盗りのアカというものありけり

当時はタリバンと呼ばれる人々(おそらく貴族のようなものであろう)が国政を取り仕切っていたが、北部には彼らに反対する勢力北部同盟があった。 公用語がダリー語である事からも推測できるように、アフガニスタン人たちの士気はきわめて低く、ここから『北部同盟に寝返っちゃおうかなぁ』というスローガンが生まれた。そのためアメリカ軍は僅か二ヶ月でアフガニスタンを攻略した。タリバンの人々は急いでロシアに亡命したが、はみっていたため1人自室でインターネッツを行っていたハミール・カルザイがアメリカ軍に拘束された。

その後カルザイは出所し、大統領となり独裁を行うが、最近では世界の関心がイラクに移ってしまったため、新たな話題提供のためにオサマ・ビン・ラディンと連絡を取り合い大規模なテロ行為を計画中であるとか。

[編集] 経済

アフガニスタンの経済はアレキサンダー、チンギスハーン、大英帝国、ソビエト連邦、アメリカの侵攻、タリバンの反乱により大打撃を受けている。小銃ロケット弾は豊富だが、機関銃ミサイルが不足している。

[編集] 農業

ケツ畑

あんぱんの原料となるケシの栽培が主で、輸出量は世界一位である。ケシビジネスは日本円にして3千億円以上の市場を抱えているが、先進諸国が安く買い叩いているため、利益率は極めて低い。ケシの種は非常に栄養価が高く、近年では肥満を増加させるとして厳しく取り締まられている。政府は細身の剣で花を薙ぎ払うケシの撲滅作戦を展開しているが、切られたケシの株は複数の新しい花を生やし、生産量を倍化させている。ケシに代わって、利益還元率が高い大麻の栽培を普及させることを世界各国から望まれている。

[編集] 工業

小火器と爆発物の製造が主で、現在ではIED(即席爆発装置)の製造が主流となっている。銃職人の中でもガンサークと呼ばれる彫り師は粗悪な銃の価値を何倍にも高める重要な役目を担っている。銃弾の生産によって鉛分が溶け込んだ飲み水による死亡が問題となっている。

[編集] 鉱業

ラピスラズリの宝玉。ラピスラズリはガリガリ君の着色料でもある。

アフガニスタンでは宝石であるラピスラズリの採掘が盛んである。17世紀、オランダ風俗画家であるヨハネス・フェルメールがラピスラズリから得られる顔料、ウルトラマリンを独占するために借金をして傭兵を雇いアフガニスタンに送り込んだことは有名である。近年ではウィキペディアが採掘場所の座標を公開したため、ラピスラズリの鉱山を巡って地元の武装勢力や外国の傭兵部隊が衝突し激しい戦闘が繰り広げられた。ラピスラズリと塩酸を反応させることで硫化水素を発生させるため、2007年頃から日本の自殺志願者がラピスラズリの需要を高めたことがこの戦闘に拍車をかけた。

[編集] 交通

主要道路のほとんどは破壊されているが、日本製4WD車により都市間の移動は問題なく行われている。ケシの乳液やロケット弾の輸送は頻繁に行われており、ドライバーの技術は高く、ラリーレースに参戦すれば上位に食い込むだけの実力者が多い。

[編集] スポーツ

国技でもあるアフガン航空相撲が老若男女を問わず人気であるが、近年ではその競技の危険性が問題視されている。しかし日本国大韓民国中華人民共和国アメリカ合衆国中華民国台湾)、モンゴルと共に世界選手権を争うほどの実力である。

[編集] 言語

大体のアフガニスタン人はダリー語を理解する。

  • ダリー(終日使える挨拶)
  • ダリー?(相手に物事を依頼)
  • ダリィ(いやいやながら肯定)
  • ダリー!(強調された否定)

軍事においてはバシュトゥー語が用いられることが多い。

  • バシュ(撃て)
  • バシュー(グレーネード)
  • バシュバシュ(マシンガン
  • バシュトゥー(ロケット砲)
  • バシュッ!バシュッ!(撃ってきた!)

極少数の武装勢力は日本語を理解する。1980年台、ソ連侵攻時に訪れた日本人義勇兵により伝えられた。

  • チンコ?(挨拶)
  • マンコ!(「チンコ」に対する返答)
  • オオスゲェ!ソレングンノセンシャガウゴイテイル!(敵戦車発見)

「チンコ?」という呼びかけに対し、「チンコ」か「マンコ!」のどちらかで応じない場合、敵対部族とみなされるため注意が必要である。満面の笑みで「マンコ!」と応じれば客人としてヤギの乳をかけたご飯とヤギの肉を御馳走してもらえる。そしてカラシニコバを与えられ、米軍の弾幕に晒されればサムライとして英雄視される。これが今アフガニスタンで最も求められているボランティアである。

[編集] アフガニスタンを舞台としたテレビドラマ

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「アフガニスタン」の項目を執筆しています。


地雷があります
ここより地雷原
地雷除去を手伝っていただけるボランティアを募集しています
※ 原っぱを歩くだけの、どなたでもできる簡単な仕事です。 (Portal:スタブ)
地雷があります

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語