アメリカンフットボール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

アメリカンフットボールとは、ジャイアニズム信奉国家として有名な米帝の四大国技[1]の一つとして知られ、テレビ中継は毎回高視聴率を誇る人気エクストリームスポーツである。因みに、全力を挙げて見逃すを国技としている神聖ブリタニア帝国でも人気を博しているエクストリームスポーツでもある。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「アメリカンフットボール」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「アメリカンフットボールのポジション」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「アメリカンフットボールの用語集」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概要

[編集] 名称について

アメリカンフットボールは、エクストリームフットボールと呼ばれるエクストリームスポーツの通称で、略称はフットボールと呼ばれる。南部の未開地等で盛んに行われている、日本では屈強な男たちがタマを足でいじくりまわして目標物にブチ込み快感を得るスポーツと呼ばれるスポーツとは別物であるので、注意が必要である。因みに、日本での正式名称は『屈強な男たちが鎧を身に纏(まと)い前後左右に激しく動き、且つ体当たりしながらアーモンド形のタマを抱え二又の根元に飛び込んで行くスポーツ』で、昔は選手の姿と男らしさから鎧球(がいきゅう)[2]と言う略称で呼ばれていた。但し、昨今は変に米帝に毒された連中が増えたのか、アメフトと言う珍妙な略称を使う不埒(ふらち)者が増えていると言う。

[編集] ラグビーとの違い

同じエクストリームスポーツとしてラグビーが存在する。このスポーツは、表向き上は『屈強な男たちが前後左右に激しく動き、且つ絡み合ったりしながらアーモンド形のタマを抱え二又の根元に飛び込んで行くスポーツ』と言う事になっているが、これは国家権力による偽装であり、本来のラグビーとは英国で考案された女性を集団でXXXXXする競技である。なお、昨今は宣伝工作の効果から減ったものの、未だにこの2種のスポーツの見分けがつかない御仁が少なくないが、実態は全くの別物である。

[編集] 鎧の由来

今では鎧を髣髴とさせる装備を身に纏っているが、19世紀に誕生した当初は生身の状態で行われていた。ところが、20世紀に入り人気が高まるとエキサイトする選手が続出した結果、怪我人[3]続出と言う危機的状況に陥った。この事態を危惧した当時の米帝国家元首で且つエクストリームスポーツ愛好家として知られるフランクリン2世の勅命により、鎧を髣髴とさせる防具の装備が義務付けられる事となった。こうして、大胆な改良を受けたアメリカンフットボールは人気エクストリームスポーツとして知られる事となった。因みに、功労者として後世にまで語られる事となったフランクリン2世は国家元首引退前に急死してしまうのだが、この急死の原因にエクストリームスポーツのやりすぎを挙げる者も少なくない。

[編集] ルールについて

[編集] 簡易説明

ルールは単純明快…って言うか、正式名称通りの内容である。敢えて補足するとしたら、『タマを所持している攻め手のみが得点の権利を与えられる』と言う事位ある。面白い事に、得点は受け手側に入る所謂自殺点と言うのもあり、これが正式名称にある『前後左右に激しく動き且つ体当たりしながら』の部分に繋がる元となっている。

なお、コレでも理解不能なら…多数の選手のポジション等も含めクソ真面目な百科事典等で調べて下さい』と言うしか無いが、それはあまりにも不親切であるので、最低限ではあるが得点方法及び著名な反則だけ紹介するものとする。

[編集] 得点方法

妊娠(タッチダウン)
当スポーツで最大と言える6点が与えられる、攻撃側の最終目標ともいえる得点方法。なお、方法は正式名称からお察し下さい…ですので省略!
中田氏(フィールドゴール)
妊娠に半分に当たる3点が与えられる得点方法。方法は『アーモンド形のタマを蹴り二又の間を通過させる』と言うもので、原則的には地面に置かれたアーモンド形のタマを蹴る方法が一般的とされている[4]
避妊(セイフティ)
上記に挙げられた自殺点の事で、守備側に2点が入る特殊な得点方法。めったに無い得点方法であるが、大人の事情の為に意図的にこの得点方法を狙うケースもある。また、よく人が群がって対象物をお察し下さいするので別称「」ともいわれる。
追加遊戯(トライ)
妊娠成功時に行われる1回ぽっきりの行為。なお、このプレイで妊娠を決めると2点、中田氏を決めると1点が与えられるが、終盤に8点差以上で負けていない限り、確実性を優先し中田氏を狙うのが常となっている。

[編集] 反則行為

強姦(ラフィン)
攻撃側に襲いかかる行為の総称。なお、襲った相手がキュゥべえQBの場合はパサー、吉川K及び掘田Hの場合はキッカーと言う注釈がつく。
早漏(エンクローチメント・フォルススタート・オフサイド・ニュートラルゾーンインフラクション)
早まって射精してしまうこと。
なお、状況の相違により四つの呼び方に分かれるらしい。大味が持ち味の米帝らしくないのは、当スポーツが国技であるが故なのは言うまでもない。
二本挿(レバレッジ)
中田氏行為等をしようとする御仁を、守備側が仲間を巻き込んで襲う行為のこと。
近藤君(フェイスマスク)
頭部に装備する防具を乱暴に扱うこと。
痴漢(ホールディング)
非合法な手段で襲いかかること。

[編集] その他

外田氏(ファンブル)
ボールを持った選手がボールを落とすこと。
その後の処理が拙いと寝取られるので、攻撃側が最も犯ってはいけない行為である。
被寝取(インターセプト)
守備側が攻撃権を奪い取ること。
堕胎(タッチバック)
ボールを蹴り込み過ぎた結果、避妊され難い場所から攻撃を始められる事。
なお、日本名の由来は『人となる危機を掻き出す事』と言われている。

[編集] 脚注

  1. ^ 因みに、他の三つは日本では『屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ』『屈強な男たちが激しく動きながら籠状の筒にタマを入れ合うスポーツ』『屈強な男たちが鎧を身に纏い激しく体当たりしながら棒を巧みに使い目標物にタマをブチ込むスポーツ』と呼ばれている。
  2. ^ 漢字が複雑過ぎると言う事から、一部では男球(がいきゅう)と表記される事もある。
  3. ^ アッー!な行為のやりすぎにより、酷い場合は死亡事故も発生した。
  4. ^ 地面に落としたアーモンド形のタマを蹴る方法もあるが、奇特な状況でなければこの方法は行われない。

[編集] 関連項目

[編集] 内部リンク

[編集] 外部リンク

  • NFL JAPAN - 米帝の四大国技自称トップの総本山日本支部。
  • NHK - 貢物と中華鍋の投資だけで日本何処でもNFL中継が視聴可能な放送局。
  • GAORA - 専用の機器が必要なNFLマニア向け放送局1号。
  • 日テレG+ - 専用の機器が必要なナベツネ信者NFLマニア向け放送局2号。
  • AA&用語集サイト - 実況初心者は閲覧必須といわれるHP。


個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語