アリストテレス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「アリストテレス」の項目を執筆しています。

アリストテレス(Aristoteles)とは、古代バルトギシアのロイヤルファミリーであるアレクサンドロ・フィリッポス・マケドニア家ぺリバドス・アレクサンドロ・フィリッポス・マケドニア2世(当時43歳)の奴隷だったが、ある日「ジャンケン」というこの上ない、最高に優美で楽しい遊びを発明して世界最上の名を残した人である。

アリストテレス

目次

[編集] 人物概要

プラトンソクラテスの2人の弟子を持ち、世界中を旅して「ジャンケン」という遊びを教えて回った。ジャンケンに最も優れているため、王家であるロードン王子のジャンケン専用家庭教師だったことでも知られている。

[編集] 生涯

アリストテレスは紀元前384年に農家の家族に生まれ、13歳まで農家として働いていたがあまりにも貧困で家族が崩壊し、路上で乞食の生活を送ることになった。しかしその後、たまたまそこを通りかかったぺリバドスに拾われて奴隷として扱われることになった。どのような酷い扱いをされても我慢し、良いおこないを重ねてアレクサンドロ・フィリッポス・マケドニア家に認められ、一緒に食事を勧められた。主菜も全て終え、みんなが楽しみにしているデザートへ移ろうとしたが、ゼリーが1個だけしかないことに気づいた。そこで、アリストテレスによってジャンケンが考え出されたのだった。その夜彼は世界にジャンケンを広めようと決心し、ペリバドスらのもとから逃げ出して、 通りかかった歩道の道端で飢え苦しんでいる2人の子供(プラトンソクラテス)を一緒に連れてきてジャンケンを教え、弟子にした。 紀元前347年、彼はカルキス・アンドローフ大王の招聘により、ロードン王子(後のロードン・アンドローフ大王)の、ジャンケン専用の家庭教師となった。しかし後に伝染病がはやり、その病にかかって紀元前322年にその生涯を閉じる。

[編集] アリストテレスの業積

[編集] 伝説の巻物

アリストテレスは、ジャンケンの様々なコツや必勝法などを約550巻ほどの巻物に書き残したが、今のところ見つかっているのはその約5分の1でしかない。見つかった物は現在、アメリカのアリゾナ州にある世界ジャンケン博物館に展示されている。しかしそれらの巻物は全て巻かれたまま展示されており、むりやり開けて見ようとすると瞬間的に警備員に射殺される。 1975年にA.F.F.S.(アメリカ・ジャンケン協会)の奴らが博物館に攻め込み、巻物を奪い取ることを試みたが失敗に終わった。

[編集] ジャンケンの確率分析

みんなジャンケンは運しだいだと思っているだろうが、アリストテレスが広めたジャンケンのコツによると、ジャンケンをする時に腕を高く上げると振り下ろすまでに僅かに時間が余るので、相手が出そうとしているものが分かるということだ。また、人によって好んで出すものが違うのでその確率を分析できるらしい。

                          
ジャンケンに燃えるアリストテレス

[編集] 相手への心理的攻撃

アリストテレスが広めたもう一つのコツによると、ジャンケンをする前に、相手に向かって奇声を発すると相手への心理的攻撃となり、うまくジャンケンに集中できなくなって負けさせるという方法だ。しかしこれは初心者にしか使えず、上級者には通用しない。

[編集] 後世への影響力

アリストテレスが発明したジャンケンという遊びは物事を決める時にも使える便利なものなので急速に世界に広まり、様々な社会で使われるようになり、後世へ膨大な影響を及ぼした。後に世界ジャンケン大会が催され、たくさんの人が参加するようになり、ジャンケンはさらに有名になった。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語