アルキメデス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アルキメデス」の項目を執筆しています。

アルキメデス(英:Archimedes, 男性, 紀元前287年 シチリア - 紀元前212年)は古代ギリシア数学者技術者にしてヘンタイ露出狂である。

人物[編集]

シチリア島シラクサに住んでいたため、とくにシラクサのアルキメデスとも言う。一時、アレクサンドリアで数学を学んだ事もあるが、休み時間に全裸になって露出の快感に浸っている所をクラスメイトに発見され、退学を余儀なくされる。

その後故郷のシラクサに戻るが、そこでも露出狂としての奇行が絶えず、「エウレーカ!」と叫びながら全裸で走る彼の姿が、しばしば地元住民により目撃されている。

しかしながら、そのような奇行を重ねる事により、シラクサはおろかシチリア島の住民の全員に全裸を見られたアルキメデスであるが、同じ事を繰り返すうちに新しい刺激を求めるようになった。そこで、自分の全裸を世界中に公開するために、今でいう映写機のようなものを研究していたと言われる。残念ながら当時の技術レベルでは映写機の実用化は無理であったが、試作品に使われていた凹面鏡が偶然にも兵器として使える事がわかり、シラクサに攻めて来たローマの軍船を焼き払ったと言われる。

また、浮力の原理を発見した事でも有名である。これは湯船に浸かっている時に、皆に全裸を公開している様子を思い浮かべ、思わず勃起してしまった所、そのチンポの体積の膨張分に等しい水があふれた事をきっかけとした発見であった。

紀元前212年、ローマ軍が大挙してシラクサ市内に侵入した時、新しい人たちに自分の裸を見られるとして狂喜したアルキメデスは、全裸でローマ軍のまっただ中に突入していった。全裸の老人が自軍に対して突入してくる様子に不気味な恐怖を覚えたローマ軍の兵士により、アルキメデスはめった突きにされて殺されたという。

ちなみに最後の言葉は「わたしの図形を壊さないでくれ」だと伝わる。変態中の変態であることが伺える。

関連項目[編集]