アルクェイド・ブリュンスタッド

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
アルクェイド・ブリュンスタッド
Neko Kao.jpg
基本資料
本名 タマ 
通り名 白き姫君 
出身地 禁則事項です 
出没場所 遠野屋敷

アルクェイド・ブリュンスタッド(Arcueid-Brunestud)とは、珍種の化け吸血鬼であり、その白く誇り高い毛並みはレディース用ファーコート『月姫(TSUKI-HIME/Moon-Princess)』ブランドにおける第一級品の毛皮素材として珍重され、そのクオリティのために、かのエリザベス女王さえも所望する程であったが、結局手に入れる事ができなかったと言われている

生態[編集]

アルクェイド・ブリュンスタッド(以下面倒なのでアルク)の生態についてはいまだ不明な部分が多いものの、2000年以降の生物学会、自然学会および魔術学会の独自研究によっていろいろなことが解明されてきたのである。

容姿[編集]

人型に化けた状態。目的に応じて姿を使い分けるあたり、知能は相当に高い。

アルクは化け猫と称されるようにその姿を様々に変化させ、目的に応じた相手に近づき、あらゆる手段でそれを達成する。

寿命[編集]

アルクの寿命は一万年と二千年前から愛してるとも、一億と二千年後も愛してるとも言われているが、その実質的な活動時間は極めて短く、一年のほとんど…というより起きるのは何十年、あるいは何百年に一度というNEETぶりである。なお、この個体に関しては12世紀ごろに生まれたものとされている。

行動[編集]

アルクの行動は極めて気まぐれで、一日として決まった予定もなければそんなもの決めてみたところで守るつもりなど毛すじ一本分もないのであるが、ただ飼い主(と言っても完全な放し飼い、餌付け中)である遠野志貴との約束は別である。が、そうなると今度は遠野志貴の方があっけなく約束を破ったりするので、結局その行動はいつも一貫性がなく、猫ならではの猫らしい猫としての在り方を正しく実践しているのである。

嗜好[編集]

アルクは基本的に何でもよく食べるし、喜んで食べるが、中でも遠野志貴の手作り料理には目がない。しかし、それが直接の活動エネルギーになることはほとんどなく、要するに気分的問題であるらしい。ちなみに、吸血種であるにも関わらず、血を吸うのはあまりお好きではなさそうで、また吸われてしまうと何だか大変な事になるらしいので、遠野志貴は黙ってジャンジャン手料理を作って姫君に献上し続け、気分よく召し上がって頂くべきである。

天敵[編集]

猫の世界にも、色々なヤツがいるのだ。

アルクは基本的に天真爛漫な性格で、ただ無邪気にのびのびと、欲求のおもむくままに生きているだけなのだが、なぜか敵が次から次へと現れてしまうという不思議な生き物なのである。

シエル[編集]

別名「七位(しちみ)カレー」「知得留先生」などとも呼ばれるインド原産の青猫。よく「教会の狗(猫なのに)」だの「デカ尻エル」だのと罵倒されては怒り狂ってアルクに決闘を申し込むが、いつもコテンパンにやられ、「しょせんシエルだし」などと言われてしまって悔しくなかろう筈がない。カレー分が切れると禁断症状が出て、辺りかまわず第七聖典を振り回す。

遠野秋葉[編集]

志貴さまを、私のご主人です。

別名「」「蛇女」などとも呼ばれる遠野家公認・血統書付きの雑種(赤猫)。よく「ナイチチ」などとおちょくられては怒り心頭に達し…とはいうものの、猫は牛ではないのだから、しょせん乳なんて飾りなのであり、にくきぅさえ素敵ならそれが何よりなのである。

琥珀(こはく)[編集]

別名「まじかる(マジ狩る)アンバー」「割烹着の悪魔」と呼ばれ恐れられる遠野秋葉の手先にしてすべての黒幕。抜けているように見えてすべてが計算づく、そして最後にやっぱり詰めを誤るあたりが典型的な「お調子者」だけど、過去には色々とあったりする。が、そこがまたしびれる憧れる。ちなみにアルクは「メイド姉」「家政婦」と呼んだりする。

翡翠(ひすい)[編集]

琥珀の双子の妹にして遠野秋葉の手下その2…と思いきや、身も心もすべて遠野志貴にアーン♥♥してしまったため、一切の感情がなくなってしまったのではないかと一時現場は騒然となったものである。アルクからは「メイド妹」と呼ばれ、その挙げ句「家政婦さん→いると助かる人。メイドさん→いると幸せになれる人」という名ゼリフを言わしめたのは、ひとえに翡翠の功績である。

その他[編集]

Nemurineko.jpg この節を作成した奴は中身を書く気が無いなんてことだ!
どなたかユーモアとお時間のある方精一杯頑張ってください。
m(_ _)m ごめんなさい(Portal:スタブ)
「えーっ?!私のシナリオ~…」
アルクェイド・ブリュンスタッド について、さっちん
「…仕方ありませんね…」
アルクェイド・ブリュンスタッド について、シオン・エルトナム・アトラシア

以下同文

…というように、邪魔するすべての泥棒猫をことごとくなぎ倒しNice boat.してから、アルクは堂々と遠野志貴を拉致し、ブリュンスタッドの千年城で二人きり、アーン♥♥うふふな事に明け暮れるのであった。

毛皮について[編集]

以上の記述から察せられる通りアルクの毛皮はそれを実力で採取できる者がいないため、その生産量はずっと0であり、今までその製品を身につけた者も、当然いないのである。故に、幻の毛皮と呼ばれているのである。

関連項目[編集]

にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「アルクェイド・ブリュンスタッド」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「アルクェイド・ブリュンスタッド」の記事を執筆しています。


身長 この記事の執筆者達はみんなして猫と遊んでいます。
あなたもみんなや猫たちと遊びたいのなら加筆してみませんか? (Portal:スタブ)