アルジェリア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「俺たちの方がずっと有る!」
アルジェリア について、ナイジェリア

アルジェリアとは、何かが在るようにみえるが、目ぼしきモノが乏しいアフリカの国である。

概要[編集]

アルジェリアとは、フランスと地中海を挟んで向かい合うアフリカの国である。スーダン南北分断された後、誰にも気づかれない内にアフリカ一広い国となった。フランス人はこの広い土地には「何か有るじぇりーや?」とばかりに植民地進出を果たしたが、入植者もろとも撤収した。アトラス山脈の南があまりに不毛で何も「無いじぇりーや」と感じられたからだ。

独立後は砂漠で発見された天然ガス石油を武器に第三世界外交を繰り広げ、「アルジェリアここに在り」と世界に向けて広報したが、支えとした社会主義思想が完全倒壊した故に、存在の力を国外に向けて示すことはできなかった。今日、アルジェリアにまつわる物語の多くは、アルジェリア人自身の物語ではなく、西洋の植民地主義者がアルジェリアで展開した物語かアルジェリア系のフランス人が織り成した物語である。更に悪いことに、アルジェリア人自身もアラブ人ベルベル人と呼ばれる方を好んでいる。

フランス人にとってのアルジェリアは、日本人にとっての韓国に相当する思想的難問である。ただ、現在のところアルジェリア人は宗主国に対して韓国人より穏健に振る舞っている。代替肢のイスラム主義に余りに魅力がないからだ。

歴史[編集]

アルジェリアは古代モーリタニアと呼称され、ティパサティムガットジェミラといったローマ帝国の古代都市が栄えた。神の国というカルト宗教への案内書を書いた神父アウグスティヌスもこの地で生まれた。しかし、西方からジハードしにやってきたアラブ人ムスリムにとって、この手の記憶は関係ねぇことらしいので、ここでは省略する。

マグレブをイスラムの地に変えたアラブ人たちは現地人の意識などお構いなしにルスタム王国という麻薬起源の王朝を建てた。その後の11世紀にはベニ・ハマッドを中心に現地発のハマッド朝ができた。アルジェリア意識がここから昂揚するかにみえたが、王朝はファーティマちゃんの兵士たちにあっさり倒壊させられ、自慢のミナレットモロッコの王朝によって起源を奪われてしまった。

16世紀にはクハイル・アルジンというアラジンみたいな海賊オスマン帝国に命じられてアルジェを征服し、西洋船の襲撃基地に改造した。アルジンはアルジェにカスバという大迷宮を形成し、西洋に向けて「海賊王に俺はなった!」と宣言した。しかし、それを聞いてドン・キホーテがやってきて脱獄作戦を展開し、デイ政権時代における「最も有名な英雄」の座をかっさらうことに成功した。

1827年には、フランス人領事が「このアルジェに何が有るというのか?」とオスマン帝国のデイを挑発して怒らせて扇の風を起こさせ、ギゾーした金でアルジェを征服した。フランス当局は自由の女神をアルジェに召喚して多くの入植者をコロンと騙し、不毛なるオランコンスタンティーヌの街に人口を入植させた。

独立戦争とその後[編集]

大韓民国サイバー外交使節団(VANK)公認資料
優秀な韓民族は、世界に正しい歴史の真実を伝える。
本項の文章と内容は、捏造や歪曲を一切伴わない真実として
大韓民国政府直轄のサイバー外交使節団に認定されており、
全世界の民族が良識に従い、これを正しく認識すべきです。
この資料に間違いなどありません。侮辱した者にはメール100万通と
FAX1万通が送られます。同胞である場合は反民族行為法により全財産が没収され
他の民族である場合にはその後の生涯を通じた謝罪と賠償が要求されます。
世界に伝える、正しい歴史認識

しかし、イスラムの地アルジェリアはあまりに異邦人の土地だった。アルジェリアの現地民はヒジャーブをつけてない女たちを家の中で堪能しつつも、「彼女らが白人ばかりを好むのは不平等だ」と民族暴動を起こした。これに対して、フランス帝国は欧州大戦終焉の日にセティフゲルマの地で大虐殺を展開し、フランス帝国の仏とも思えぬ残虐さを世に示した。これがドゴールの一つのゴールだった。

その後、黒い皮膚のアルジェリア人民は白い仮面をまとい、暫くの間耐えていた訳だが、FLN(民族解放戦線)の隠密作戦によりやがて安重根義士やユン・ボンギル義士に匹敵する大規模な義挙が成し遂げられた。これに対してフランス帝国は入植者たちに対し、アルジェリア人民をコロンと討滅するよう厳命し、各種の残虐行為を展開した。

ただ、アルジェリア人民にはフランツ・ファノンの如き良心的勢力の後ろ盾がついていた。ファノンらは西洋文化によって地に呪われたるアルジェリア人民に対し、脱植民地主義(ウリナラが起源だ)の大義を提供し、闘争を大いに鼓舞した。今日、日仏の植民地主義分子は「アルジェリア人民闘争の中にも残虐なテロルがあった、義挙はテロだ」と主張しているが、これは完全な誤りである。フランス反動は植民地時代の良き出来事に言及するよう歴史教科書にゲンメイしているが、こうした闘争は日本のそれと同じく敗北することだろう。

アルジェリア人民はベンベラを指導者に内戦に勝利し、1962年独立を達成した。しかし、第三世界の大義を国外にペラペラしゃべっていたベンベラは内政のことはよく理解していなかったので、社会主義という誤った道を走ってしまう。そして、ウアリ・ブーメディエンにクーデターを起こされてユンボってしまった。

ブーメディエンもまた第三世界主義を主導したが、シャドリ・ベンデェディドウアーされて倒された。シャドリはイスラムとも手を組んでフランス植民地語をアルジェリアから追放しようと取り組んだ。

イスラム勢力は1990年代、社会主義勢力が国際的に崩壊したのをみて、「今なら一気に民主選挙の名の下で無神なる社会主義思想を一掃できる」と判断し、FISを結成して攻め込んだが、少し急ぎ過ぎたため、選挙結果を無効にされた。そこでFISは武装蜂起した。FISの中にいたGIAが内乱の中で義挙の名の下、大量殺戮のギアをムスリムに向けて引き、大量の犠牲者を出した。しかし、国際社会はボスニアの方に熱中していたので、「アルジェリアに何が在る?」と傍観するばかりだった。

そんな無視された戦争にアルジェリア人も飽きてきたので、1995年ゼルアルが「これ以上内戦してたら、在るジェリアが無いジェリアになってしまう」と訴えて内乱を終結させた。その4年後にはブーテフリカという「ブッテ、アフリカ」な名前のモロッコ系大統領が誕生した。

イスラム風俗[編集]

サハラ砂漠の中のタッシリ・ナジェールには、サハラ砂漠が緑地だったことを示す原始人の絵画が置かれている。イスラム主義勢力はこの絵画について、「アッラーは多神教に走った愚かな人民をたっぷりナジるために、サハラを砂漠化なされた」と主張し、より清いイスラム国家を再建すべく翠夢想している。

敬虔な彼らが理想視するのがムザブの谷である。世界遺産指定されているこの谷では、風紀委員の指導の下、今も厳格なイスラム清教徒的生活が続いている。谷に足を踏み入れた異教徒は、「異文化理解」の名の下で散策するが、帰った後は「サブい谷だった」という感想を記す。

この感覚は一般的なアルジェリア人にも共有されている感覚である。だから、少しイスラム主義思想に嵌まっている青年がいると、都会の高齢者たちはムザブの谷へ連れて行って、「どうだ、このサブい生活についていけるか?」と問いかけて説得しようとする。ところが、それを聞いてもっとイスラムに覚醒する屈強な男たちが後を絶たない。こうした男たちがアルジェリア人の脱植民地主義の声を代弁している。

彼らは享楽なるオランの街で「ヒジャーブ付けない女なんかオランようになればいいのだ!」と叫んで、彼女らに対し欲望の限りを尽くす。彼らによれば、アルベール・カミュペストにかかった異邦人たるフランス人でまったく構わないらしい。彼らはまた、ライという現地の音楽に対して「音楽はイスラムに反する」と言って娯楽禁止令を出し、アルジェ音楽の発展を阻止することに大きく貢献している。実はフランス人の方が主体のサッカー代表もまた植民地主義の象徴だからアルジェより蹴り出さねばならないらしい。灰色の地中海ワインなどは、もちろんご法度だ。

イスラム主義者の中にはカビール地方のベルベル人たちに敵意を向ける集団もある。それはそこの女たちがイスラム・ファッション等と称して修正主義活動を行っているためだ。彼らはそこで大いに受けていた詩人のマトゥブ・ルーネスを何かの理由をつけて処分した。イスラム主義者たちはコンスタンティンシディ・ムジド橋が自殺の名所になったのは、異教徒の王様の名前を冠しているからだと主張している。

そのような彼らは大統領にも「ブー」とは豚の鳴き声と叫んで、「訳分からんアラビア語を話すな」と蔑視の限りを尽くしている。そして、アルジェリア生まれのモフタール・ベンモフタール石油以外何も「無いじぇりあ」なサハラ砂漠の天然ガス施設で「義挙」を行った。「マルボロの王子さま」の発言に世界的注目が集まった。しかし、王子さまはアルジェリアでなく、マリちゃんのことばかりを世界に向けて訴えた。ブーテフリカ大統領は「我が国の名前を世界に向けて広報せぬとは、討滅されても否メナス」と叫んで激烈な鎮圧作戦に打って出た。そして、ノーベル殺人賞の受賞機会を逃した。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アルジェリア」の項目を執筆しています。