アンチャーテッドシリーズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
………おい!、おおおおおおい!
ダメだッ!このッ!ジャイロが!また、落ちたあああああああああ………。
別に嫉妬なんかしてねええよ!
「一旦、インディー・ジョーンズのゲーム作ってから出直して来い!」
「イン〇ィー・ジョーンズをパクったという事実は一切ありません。」
アンチャーテッド について、SONY
「それなら、なんで俺がこれをプレイすることになってんだよ?
アンチャーテッド について、論破するハリソン・フォード

アンチャーテッド』(Uncharted )は、ソニーが発売したアドベンチャーゲームのシリーズ。第三者からはゲームであるのか映画であるのか見分けるのは極めて難しい。理由の一つには正式キャッチコピー『プレイする映画』が挙げられており、これが混乱のもとであるという論点から、『WATCHするゲーム』への変更が提案されており、長年専門家の間で議論されてきた。結論がでていないため変更は未だ行われていない。

わかりやすく言っちゃうと、ゲーム版イン〇ィー・ジョーンズ。全然ちゃうわ!」←否定するフォード氏。

実は・・・子供がいなかったはずの一流冒険家フランシス・ドレイクの子孫であることを自慢げに語るプロのトレジャーハンター兼婚外子の「ニイサン・ドレイク」(愛称:ニート)の冒険を描いたプレイする映画のシリーズ。毎度、軽い気持ちでお宝を求めていたら、同じお宝を探索している悪組織と睨めっこになり、防護着を一切着用せずに銃を持った傭兵と対決。やがて、驚くことにそのお宝が呪われていたことに気が付き、最終的には世界を助けなければならない事態に陥るニートの宿命を3度果たすのである。この内容ではフォード氏の主張も分からなくもない。

目次

[編集] 登場人物

よくある会話の一例。
アンチャーテッドシリーズのポスター。独創的な部分が売りである。
ニート (自称:ニイサン・ドレイク) CV:東地宏樹
胸毛が濃い。一説によれば男とゴリラの間にできた子(副生成物)。自身はおそらく自分の誕生の悲惨な事実から逃げるため、自分勝手に一流冒険家フランシス・ドレイクの子孫であると自主して止まない。朝のプロパンガスの匂いが好物で、毎朝プロパンガスを吸っている。稀にホモネタ地獄を展開する。どうやら高齢層の男性に性的好感を抱くようで、とりあえず相棒サリーのケツを眺めるのが趣味であると思われがちだ。
とある事情からお宝探しに身をささげる。
ビクター・サリバン CV:千葉繁
ニートとの年齢差が40才を超える古き良きパートナー(性的な意味で)。見るからにも詐欺師の臭いを漂わせる険しいオヤジフェイスは目の前の餌を威嚇する。愛称は『魔法使いサリーちゃん』。ショタコンの一面を隠しきれなく、少年期のニートに一目惚れし、命までを助けた命の恩人である。オネェのクロエも受け入れいるハイブリッドおやじ。
音響機器のブランド「Victor」を立ち上げた優秀な経営マンでもある。しかし、近年の不況で収益は少なし。お宝探しを強いられれ、そっちの方で生計を立ててる。会社が倒産の危機に直面したときには精神的ストレスがマックスまで達し、ついには「お宝てんこ盛りなら、(数千キロメートル広がる砂漠で死んでも)へっちゃらだね」と吐き、興味深い思想を示唆する。今ではニートがすべての頼りだ。
クロエ・フレイザー CV:勝生真沙子
顔が宇宙人のものに近い30代オネェでニートの元恋人。高須クリニックで整形・改造をした。(高須強し、完成度は高い。)Tシャツを濡らしてどの男もトリコにする魅力的なボディーをもつとのこと。しかし、ピンチ時には男の声「オオッ!」を出してすべてを台無しにしてしまうこともしばしば。宇宙人顔よりむしろこの声がコンプレックスだという。声帯も改造したいらしく、このための資金を得るために、お宝探しに没頭する。
エレイナ・フィッシャー CV:永島由子
至って普通なため、影も毛も薄いが、意外と有能。ネイトをつけ回す。先祖が漁師なのか、名字はフィッシャー。即離婚依存者の一面を魅せる。3作目ではニート達からもらった分け前で目を手術したが、失敗しチャイニーズに。歴史の謎を解くドキュメンタリー番組「アンチャーテッド」のレポーター。(え?アンチャの名ってここからきてたの?)だが、毎回いいものを撮影してはカメラを紛失しており、残念ながらおそらくこの番組「アンチャーテッド」は一度も地上波に放送されていない。
ゾラン・ラザレビッチ CV:菅生隆之
木の幹に付着する青いヌルヌルを追い求めて、性欲を持て余す傭兵。そう、ラザレビッチ。~残念ハゲは取り戻せなかった~。
ハリー・フリン CV:神奈延年
ネイトの元友達で(意味深)、名前が表す通り不倫しまくり。
キャサリン・マーロウ CV:夏木マリ
これでもサリーの恋人だった、その頃は大塚明夫を息子に持つ専業主婦で『ビッグママ』とも呼ばれていた。
しかしネイトが少年時代に、サリーの財布と共に愛までも奪い去り、昼ドラ並みに恐い敵対関係に発展している。
タルボット CV:山路和弘
熟女を愛して止まないキャサリンのメイドホストと呼ばれたくないらしい)。実力はキャサリンに次いでNO.2だが、夜になればNO.1になるプレイボーイ
大丈夫ですか、マーロウ様?

[編集] ゲームとしてのアンチャーテッド

ゲーム内容は言ってみれば、人間版『クラッシュ・バンディクー』。ゲームの随所に”画面の奥から手前に移動する”アクションも踏襲しており、クラッシュをプレイしているユーザーですら難しい「手前の物を見えない」状態で進んでいくパートは、ハラハラドキドキを催す。いろいろ突っ込みどころ満載ではあるが、ぶっちゃけ最高におもしろいゲームなのである。映画見ろ、映画!!!」←否定するフォード氏。

[編集] ニートに関する世論

[編集] 人造人間説

みなさんもわかるように、これまでニートは超人的な行動を連鎖的に起こすことができる特殊な能力を数々見せてきた。むろん、普通の人間ではないことは論じるまでもなく、運動会の興味をくすぐっている。しかし、ドーピングではないことは確か。これに対して日本体育大学は厳格なビデオ判定を行った。判定結果によれば、主人公が崖を登ったりするシーンはほぼすべて人造人間を使用していることがわかったという。この人造人間の開発には莫大な費用がかかったとみられ、今ソニーが赤字になっているのもこれが原因であると考えられる。

[編集] ゴリラ説

こんな都市伝説も出回っている。

とある日、とある冒険男が、とあるメスゴリラと、『スゲェ』恋に落ちた時(メンバーにゴリラが混ざると人気が出る法則)、アンチャ史は始まった。種の壁と愛の次元を超えた『奇跡の結晶』は、やがて可愛い...クリーチャー...を生み出し、ゴリラの希望通り、ニートと名づけられたのであった。冒険男の血を受け継いでいるため、ニートが成長すると財宝や秘宝を巡り数々の冒険に飛び出るが、ゴリラの血も受け継いでいるせいか、寺院や遺跡等を目にすると、ニートは「興奮状態」に陥り、それらの遺跡を無残に荒らしてしまう。これはニートの長年のコンプレックスで、何とかこの症状を緩和するため、何回も世界中の遺跡を駆け回っており、「遺跡慣れ」を試みる。アンチャーテッドではこれらの努力の経緯がダイナミックに描かれている。

[編集] 評価

一度『アカデミー賞・B級映画部門』を受賞しおり、B級なだけあって日本でも木曜洋画劇場に放送されがちである。もはや、いっそうゲームか映画かまったく見分けがつかない状況になってきてはおるが、なんだかんだでB級作品としては過剰に高い評価を受けており、世界への影響力も大きい。具体例として、1作目が発売されてから1年あまり、「ニート」を名にもつ者がが前年度比較50.3%増加したといわれている。2014年現在では250.3%までに増加し、「影響力はとまらない。」残念ながらこれに対して、東京国際ニート研究会(Tokyo International Neet Kenkyu Organization )では、これとアンチャーテッドの関係が薄い見解を示すこともしばしばあるのだ。

まさか。」

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「アンチャーテッドシリーズ」の項目を執筆しています。


このゲーム「アンチャーテッドシリーズ」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語