アヴリル・ラヴィーン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「アヴリル・ラヴィーン」の項目を執筆しています。

アヴリル・ラモーナ・ラヴィーン・ウィブリー(Avril Ramona Lavigne Whibley、1984年9月27日 - )はメープルの国の妖精でロックシンガーソングライターである。誰がなんと言おうとロックシンガーである。他に副業で、あくまで副業でアイドルファッションモデル声優女優をやっている。なお、日本のAvrilとは何の関係もない。

目次

[編集] 人物

中指を立てて威嚇するアヴリル。ハートに衝撃が来る。

趣味はスケートボード(14歳の頃から)、ホッケー、狩り、キャンプ。また、パパラッチに口から水鉄砲を撃ったり、中指を立てて威嚇するのもたぶん趣味であろう。

Tシャツにネクタイという明らかに何かを間違えたような出で立ちでデビューしたが、その後恥ずかしくなったのか2ndアルバムを発表したことからは(割と)普通の服装をするようになっている。

「アヴリル」とはフランス語で4月の意味。日本でいうと、9月生まれなのに「卯月ちゃん」という名前であるようなもの。これより両親が禁則事項ですであることがうかがえる。

ちなみに、身長は1.013hyde(158cm)である。

[編集] ディスコグラフィ

[編集] アルバム

  • Let Go 2002/09/25 発売
  • Under My Skin 2004/05/12 発売
  • The Best Damn Thing 2007/04/18 発売

[編集] DVD

  • My World 2003/11/12 発売
  • Skater Girl 2003/09/09 アメリカで発売
  • BONES TOUR 2005 LIVE AT BUDOKAN 2005/12/07 発売

[編集] シングル

アルバムを切り取っていろいろ発売。

[編集] その他

B-Sideといわれるネ申曲コレクションがあるが日本では普通、入手できない。手に入れるにはしかるべきサイトで禁則事項ですしなければならない。ようつべ辺りで検索してみるのもいいだろう。

[編集] エピソード

  • パンク・ロックの持つ危険さ・攻撃性と、ポップスの持つ聴きやすさ・親しみやすさを併せ持つ独自のメロディー、個性的な歌声と存在感、美貌で人気を得ている。
  • アルバム第一作『Let Go』は、全世界で2000万枚、日本で200万枚のベストセラーになる。世界各国での評価も高く、2003年のグラミー賞の最優秀新人賞の有力候補と目されたが、野良・ジョーンズに敗れた。でも彼女のファンはそんなの気にしない。。
  • 2007年の新曲「Girlfriend」のPVではダンス・演技(二役)・バンド演奏と今までに見たことが無い姿が見ることができる。これによって自分はブリトニー・スピアーズより全てにおいて優れていると証明したつもりになっている。またこの曲はドイツ語フランス語イタリア語中国語ポルトガル語英語スペイン語さらには日本語も含めた8カ国語版もレコーディングされているが、韓国語版はない。本人曰く「日本語って簡単」だそうだが、日本語版を聞いても日本語には聞こえないのは私だけでないだろう。でもファンはそんなの気にしない
  • ファンに対しては冷たいことで有名であり、「私の真似をするヤツはクズ」と言ってみたり、空港でサインを求めてきたファンを飛行機に乗れなくしようとしてみたり、とにかく冷たい対応をしてくれる。しかしこれはあくまでツンデレであり、キャラクター作りのためである。たとえ冷たい対応をされてもファンは気にしない、というかむしろ「Fお察し下さい!!」と言われたほうが喜ぶ。
  • Don't Tell Meのインタビューで「はみんなクソ、石投げちゃえ!!」とか言っていたが、自身はSum 41のヴォーカル兼ギターリストのデリックソとちゃっかり結婚し、この言葉をマジに受けた女性ファンをあざ笑った。
  • 来日したときは「日本大好き~」と言っているが、海の向こうでは「日本のファンはAvrilって発音ができないんだよ~。バロスww」とテレビで言ってたりするが、これもキャラ作りなのでファンは気にしない。
  • 和製アヴリルYUIとある黒魔術師などにパクられてもやっぱりファンはk(ry。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語