アーノルド・シュワルツェネッガー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
らいおんとも仲良し。この時ばかりは服を着ている。

アーノルド・アロイス・シュワルツェネッガー(Arnold Alois Schwarzenegger](ドイツ語の発音に近づけるとアルノルト・アロイス・シュヴァルツェネッゲア)、1947年7月30日 - )はオーストリア出身の元ボディビルダー、現在はフリーター。口癖は「だいじょうブイ!」。日本での愛称はシュワちゃん。主に日本ターミネーターなどのアルバイトなどをしている。主な出勤は金曜日と日曜日。それ以外の日はアメリカのカリフォルニア州で州知事のアルバイトをしており、ドイツ語訛りでなんか喋っている。

経歴[編集]

現在では金曜洋画劇場日曜ロードーショーなどへの出演で生計をたてているが、以前は世界ボディビルダー選手権で素晴らしい露出デカマラを披露し優勝した経歴がある。その際、肉体と整った顔立ちが映画関係者の目に止まり、『名探偵コナン・ザ・グレート』のコナン役に抜擢され俳優デビューを果たしスターダムを駆け上っていく。文字通りのグレートなコナンを演じきり、口数は少ないがムキムキでグレートな名探偵という難解な役どころを見事にこなした。決めセリフは「だいじょうブイ!」。主なアピールポイントは筋肉と露出な為、セリフは比較的少ない。しかし稀に口を開き名セリフを言うことがあり『ターミネーター2』での「I`ll be back」は今も彼のモノマネをする際などにネタにされている。コマンドーという映画に出没して大暴れしていることは世界的にも良く知られており、劇中で一人の警備員がシュワルツェネッガー演じるメイトリックスについて放った言葉「筋肉モリモリマッチョマンの変態だ」は20世紀中最もイカすと言われたほどの名台詞である。

民営放送でのアルバイト[編集]

彼は日本のTV局の依頼を受けてしばしば来日しており、夜21時台に姿を現すことがある。下記は主な出演作。

ターミネーターシリーズ[編集]

言わずと知れた彼の代表作。基本的に全裸。詳しくはターミネーター参照。

名探偵コナン・ザ・グレート[編集]

青山剛昌監督でのデビュー作。本家コナンがよりバイオレンスにパワーアップ。シュワちゃん演じるロン毛のコナンが中世の世界を全裸で立ち回り、数々の謎を解き明かしていく。結局は事件解決後犯人を殺すという今までに無かった大胆な物語構成と露出が売り。

ゴリラ[編集]

文字通りゴリラの生態をリアルに描写したバイオレンスアクション。無論全裸。最後はロシアのライバルゴリラをフルボッコにする。

コマンドー[編集]

娘を誘拐された怪物が公衆電話を持ち上げたり、利き腕じゃない方で敵を吊り下げた後、殺さないことが嘘だったと告げて放してやったり、自動小銃を片手撃ちし1000人の口だけは達者なトーシローあるいは只の案山子達を皆殺しにしたりするバイオレンスコメディ。日本語吹き替えでみるとかなり面白い。ニコニコ動画では、その名言がよくネタにされる。2010年にファンのわがままにより吹き替え版DVDが発売し、2013年4月には2通りある吹き替えの両方を収録した「完全版」なるBDまで制作された。ロシアではパロディ作品が作られるほどの人気ぶり。

とぅるーライズ[編集]

シュワちゃん演じる全裸のCIAのスパイがセックスレスの妻に振り向いてもらう為、CIAの経費を私的に使いスイートルームを借りて求愛するが失敗。最後は怒り余ってタリバンのリーダーをハリアーのミサイルに引っかけて「ぶっ飛べ!」するというシリアスな作品。彼の作品としては珍しくアーン♥♥なシーンがある為、期待する中二も多いが、最近では無かったことにされており、肩を落とすことが多い。

ジングル・オール・ザ・ウェイ[編集]

コマンドー外伝その一。退役後ラジオ局で働くシュワちゃんがジェニーの弟のため、人気特撮の主人公・ターボマンとなりターミネーターと戦うアクションコメディ。彼の映画としては珍しく、クリスマスプレゼントを忘れた罰で妻にフルボッコにされるオチになっている。

コラテラル・ダメージ[編集]

当初はコマンドー2として製作されていた映画。ベネット一族の報復によって妻子を爆殺されたシュワちゃんがジハー道のテロリスト達に復讐する話。ラスボスがテロリストらしからぬかわいさで熱狂的なファンが存在する。72もない娘がラテン農民のラッパー役で出演している。

イレイザー[編集]

北米版とある科学の超電磁砲。『超電磁砲(レールガン)』の秘密が大手軍事企業に流出してしまい、狙われたはずのジャッジメント達と出会った証人保護を生業とする凄腕のエージェントが、ゲイバーの店主やピザ屋の店主、港湾労働者組合員の助けを得て、逆に機密を知った者たちを残らず「消去」するハートフル・バイオレンスコメディ。ラストの列車砲は必見。だが本作品最大の名言は「組合(ジャッジメント)をナメんじゃねぇよ?」であろう。

ラストスタンド[編集]

北米版のんのんびより。のんのん村に現れた逃亡犯を逮捕するため、シュワちゃん扮する駐在と、れんちょんをはじめとする村人が協力して大捕り物をする本格アクション。田舎なので頭文字D張りのカーチェイスが観られる。

サボタージュ[編集]

シュワ版「そして誰もいなくなった」(ガチ)。麻薬捜査官グループのメンバーが次々と消されていき、シュワちゃん以外「誰もいなくなった」ので復讐する映画。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アーノルド・シュワルツェネッガー」の項目を執筆しています。


Abe いいこと思いついた お前 がテンプレ貼った この項目「アーノルド・シュワルツェネッガー」に加筆しろ
男は度胸 !  何でもためしてみるのさ きっといい文になるぜ
ほら遠慮しないで 書いてみろよ (Portal:スタブ)