イエローケーキ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
イエローケーキ
自家製イエローケーキ

イエローケーキ とは、とてもおいしいケーキの一種である。世界的に有名なケーキではあるが、不二家コージーコーナーPASCAL喫茶マウンテン等、一般的なお店では見かけることができない。おそらく、あまりにも美味ではあるが原材料があまりにも入手しづらいためであろう。業者からも「売らん」と言われる程だから。

目次

[編集] 概要

見た目は、名前のとおり黄色である。サンライトイエロー(山吹色)といってもいい。ただし、形状は作るパティシエによってまちまちであるが円筒状の容器に入っていることが多い。味は、なんだか舌がピリピリするような何とも刺激的な味である。このままスプーンですくって食べてもおいしいのだが、さらに別のパティシエが味を濃縮させる事が近年では一般的であり、より刺激的な風味が楽しめる。そういったものは、また別の名で呼ばれる。

日本では、有名な菓子店、六価亭の主力商品。普通、原材料が眠っている山のすぐ近くのキッチンで生産されるが、六価亭(くどいようですが、六花亭とかとは無関係です)は闇ルートで材料を仕入れていると噂される。

多くの人達から人気があり、闇ルートに手を出すものがあとを絶たない。とくに、偉大なる将軍様のお気に入りであり主食でもある。

[編集] 一般的なレシピ

[編集] 材料

ピッチブレンド、コフイン、デービド、カルノー、リンカイ、ニンギョウ、フランセビル、ツヤムンおよびブラネライなど。あればあるほどいい。

[編集] 作り方

スープを使って材料中のうまみを溶かしだして抽出する。これを洗って固めると完成。

[編集] 食し方

  1. 原料のイエローケーキを調達する。この状態ですでに山吹色であるが、食に供するには更なる調理が必要である。市場は狭く、最近ではリビア産の供給が停止した。ロシアも自国内での取引管理がチョウザメ(キャビア)同様厳しくなり、北朝鮮からの調達が最も容易であるニダ。但し北朝鮮産は高価であり、また国連から訴訟を起こされるリスクがあるので、気をつけるニダ。
  2. 原料に少量含まれる重金属を除去するため、カルトロンに原料を入れ、フッ素を加えて加熱する。カルトロンの入手は難しいが、米国公文書館でマイクロフィルム化された図面が千ドル程度で販売されているため、自作することも出来る。頑張るニダ。
  3. 底にたまった重金属を除去する。但し、この産業廃棄物は北朝鮮でリサイクルされるため棄てないこと。北朝鮮に送ると原材料の値段を割引してくれるかもしれないニダ。
  4. 残りの軽×属をカルトロンより取り出し、容器に詰める。業務用であればドラム缶ほどの大きさのものに詰めてもよい。この際、であしらった全身エプロンを着用することが流儀となっている。下着は使用毎に使い棄てることとし、ストーカー対策として専門業者に引き取らせること(焼却等は厳禁)。また、調理後は必ず全身シャワーを浴び、インジケーターで規制値内であることを確認することが食品管理法により定められている。
  5. 六価物が取り除かれたイエローケーキは素晴らしい銀色となる。ただし完成直後は触れると直ちに神の崇りにより死亡するため、半減期を数回迎えるまで我慢する必要があるニダ。けどあまり遅いと偉大なる将軍様に怒られるニダ、に早く終わるよう祈るニダ。

[編集] 別の使用法

今まで知られていなかったが、実は重水につけておくと熱が出て火鉢の代わりになるらしい。また、点かなくなった蛍光灯にほんの耳掻き1さじのケーキを入れることによって数十万年は蛍光灯がつくようになる。

食べてよし、使ってよしの万能ケーキであるが、鉛よりも密度が高いため持ち運びには向かない。なお暖かくなりにくくなったケーキも廃品回収の日に出しておくと、食べられるケーキの部分がより分けられまた使えるようになる。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「イエローケーキ」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語