イカ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「イカ」の項目を執筆しています。

イカ(烏賊)とは、が10本ある軟体動物である。

目次

[編集] 形態

基本として10本の足と、三角頭巾のような頭のヒレを持っているが、後述するように多種多様な形態を取る。生きてるときは濃い紅色をしているが、締めると直ちに白濁する。このことから白濁した液体をイカと呼ぶ。

[編集] タコとの関係

イカとタコは永遠のライバルである。主にイカは「尖っているのがカッコイイよ派」を、タコは「丸いのがかわいいよ派」を味方につけ、勢力は五分の様相を呈している。

[編集] 数え方

イカは「一杯、二杯・・・」と数える。「イカが一杯」だと多いのか少ないのか分からない。

[編集] 利用

イカの断面図。ご飯がたっぷり詰まっている。

[編集] 食材として

イカの体内にはがたっぷり詰まっている。醤油ベースの煮汁でイカを30分間煮込んで輪切りにすると、中からふっくらと炊き上がったご飯が出てきて大変おいしくいただける。お手軽料理として人気が高い。

イカの足はゲソと呼ばれ、天ぷらや唐揚げとして食される。

醤油を付けて生で食べるイカソーメンもある。口を付けて生で飲み込むイカザーメンもあるが、こちらは女性限定食である。

基本的な書道セット

[編集] 道具として

イカスミは墨汁として利用される。とりわけ吐きたてのものは最上級品として珍重される。書道セットの中にはイカが一匹入っており、ぎゅっと押すとぴゅっと墨が吐かれる。

[編集] 分類

イカ娘
イカ男
イカ戦闘機
飛行する様子

[編集] 閉眼目

ヤリイカ

[編集] 開眼目

スルメイカ
ホタルイカ
ダイオウイカ
マッコウクジラと真っ向勝負ができるイカの王様である。

[編集] 人型目

イカ娘
イカと人間のハーフである。墨を吐く、発光するなど、イカの特徴をよく残してるでゲソ。
セフィロス
通称イカ男。古代生物IKAの末裔である。

[編集] 戦闘機目

空を飛ぶように改造されたイカ。ゾイドみたいなものである。

サーブ 37 ビゲン
ユーロファイター タイフーン

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語