イタリア料理

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イタリア料理」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「イタリア料理」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「イタリア料理」の記事を執筆しています。

イタリア料理(-りょうり)とは、イタリア人マンマ恋愛の次に愛している郷土料理である。

概要[編集]

イタリア人は人生における大事の多くを快楽に置いており、その中でも高位にあるのが「食事」となっている。イタリア半島は伝統的に肥沃な土地を持ち、農作物に恵まれている。また海に囲まれているため豊富な魚介類も手に入るので、こと食糧に関しては困窮することは無い[要出典]。イタリア人が食べ物に困るのは常に外部からの攻撃によるものである[1]。そんな環境のなかで呑気に育ったイタリア人は、腹を満たす為ではなく美味を楽しむ為の料理を編み出していったのである。

イタリア料理の源流は古代ローマの時代にまで遡り、一食に何時間もかけて優雅に食べるご馳走だったとされる。裕福極まりなかったローマ人は方々から料理人を呼び寄せては豪華な料理を作らせ、それを文化として継承していった。そしてそれはローマ帝国の発展と共にヨーロッパ各地に伝わっていくことになる。フランス料理も元を正せばイタリア料理であり、もしもメディチ家のカタリーナさんが料理人を連れてフランス貴族アンリ二世の元へ嫁がなければ、今でもフランス人は手掴みで粗末な食事をしていたはずである[要出典]

日本人がイタリア料理と聞くとオリーブオイルトマトをふんだんに使った濃い料理を思い浮かべるが、これはナポリに代表される南部のフランクな地方の料理である。北部ではバターや生クリームを多用する濃い料理が多い。要するに濃い。中年以降のイタリア人にビア樽体型が多いのもそのせいだが、それは食事を楽しんで生きている証でもある。

またイタリア料理にはワインを始めとして蘊蓄が異常に多いが、これはデート中の会話に困らないようにするためである。イタリア人にとって最も大切なものは恋愛であり(ただしマンマはそれ以上に大切であり、謂わば殿堂入りしている)、恋愛を楽しむための小粋なアクセントとして料理の話をしたがる傾向がある。その要素を強調し日本人向けにアレンジして生まれたのが「イタ飯」だが、これはバブル崩壊と共に下火になってしまっている。

代表的なイタリア料理[編集]

ピザとピッツァの違い。
ピッツァ
ピザではない。決してピザではない。大事なので二回言いました。
アメリカ式の所謂「ピザ」とは全く異なる料理であり、北部では軽食だが南部ではこれで一食とすることも多い。またアメリカのピザは野菜[2]だがこれは粉料理であり、日本で言うとお好み焼き
パスタ
イタリア人の主食とされがちだが、サラダにしたりスープにしたりもする万能食材。
さすがに砂漠では茹でないが、忙しい娼婦が適当に作ったものを後世に伝えるなど色々と適当。
スープ
欧米人は唾液線の発達が遺伝的に良くないので、スープが無ければ食事が滞る。
トマトベースの煮込み型から残り物でこしらえたアクアコッタなど、バリエーションは無数。基本的に、何でも煮て濃い味を付ければとりあえず食える。
ワイン
イタリア人の血液。ワインが無ければ生きられない。
特に南部イタリア人の陽気さの原動力である。例え安いものであってもイタリアワインは陽気な酒であり、メランコリックな気分に浸りたければ酢でも飲む他にない。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ もっとも、その食糧のせいで他国に狙われて来たのだが。
  2. ^ アメリカでは公式に野菜とて扱われている。

関連項目[編集]